こちらで更新継続中。【2014-2015】年末年始に崩したゲーム: クリア・投了編

【2014-2015】年末年始に崩したゲーム: クリア・投了編

昨年末から今年の上旬にかけて実家に帰省していたわけなんですが、その間PS Vitaと3DSの積みゲー消化に尽力しておりました。

そこで、2回に分けてプレイしたゲームの感想やらなんやらを書いていこうと思います(一部、年末年始範囲外のものも含まれます)。

今回はクリア・投了編ということで、ひととおりクリアしたものと、様々な事情から途中でぶん投げたタイトルをご紹介。

驚きの長さです。

スポンサーリンク

閃乱カグラ SHINOVI VERSUS: プラチナトロフィーを取っちゃうほどには大ハマリ!

これまでにも3DS版閃乱カグラをプレイしてきており、すっかりキャラやらノリやらにはまりこんだ閃乱カグラシリーズ。

ついに、PS Vitaの方のSVに挑戦!っということだったんですが、いやぁ、これは本当に楽しかった。

キャラモデルのクオリティが高いので、よりキャラが可愛く見えるのは当然のメリットとして、アクションゲームとしての完成度やバランスもちょうどいい~少し簡単なくらいで、手軽かつ爽快なプレイができました。

美少女好きで、おっぱいやお尻好きで、爽快アクション好きならプレイして損なし。

そのうちPS4/PS Vitaで続編のEV(ESTIVAL VERSUS)が出ますが、購入確定です。

……ん? これはプラチナトロフィー獲得の瞬間を撮影しようとして失敗しただけだよ。 なんの問題もないよ。

※後日改めて独立記事書こうかと思います。

SAO HF: 戦闘のダメさとイベントの気持ち悪さにワシの血管がスターバーストストリーム

ソードアート・オンライン ホロウ・フラグメント。 まだやってたのか!という声が聞こえてきそうですが、実際には昨年末中頃だったかには終わってます。

見出しでオチてるんですが、いやーひどかった。

戦闘バランスは終盤メチャクチャだし、相変わらず戦闘システム(操作感なども含めて)はクソだし、その割に盛り上がりや変化のないゲームプレイ。

そしてなにより、気持ち悪いものばかりなイベント群。 キリトさんとヒロインの誰かがしゃべってると、なんかどんどん他のヒロインが集まってきて収集つかなくなる系の共通イベントばっかりで……Bullshit!!

完全に事後。

そうだよ(投げやり)

あぁ!_? かんけーし!

気色悪い。

PT組んだ状態で寝ようとすると、いちいちメニュー開いて(おそらく)装備解除する演出が。 気色悪い。

キリトさんの口元がただただ気色悪い。

クラインさんはダッシュしはじめ直後は気色悪い走り方になることがあります。

最終幻想的ナントカウェポンさんちーっす!

他にも、成功確率80%で10回連続ミスするリズベットさんには鍛冶師引退勧告を出したかったし(そもそも本作の強化システムがクソ)、せっかくスイッチしてタゲ受け持ってもらったのに、近くに寄ってきてAoEに巻き込んで殺そうとしてくるパートナーに殺意が湧いたし、なんかもう色々とダメなところが多すぎて書ききれない・思い出しきれないという具合。

レビューではクソゲー認定はしていなかったものの、まぁ、順当にクソゲーに近い気がします。

なお、ホロウエリア攻略はほとんどしていないので、本編クリアと同時にフィリアさんは電子の塵となって消えた模様。 ごめんね。

リトルビッグプラネット(PS Vita): よく出来ていたと思う。 一部を除いて

PS4版のLBP3に以降する前に、ちゃっちゃとクリアしてしまいましょうということでプレイ、クリア。

全体的に快適動作でアクション部分も楽しく、思いのほか歯ごたえもあってよかったんですが、ごく一部、あんまりな仕様にガッカリ。

まずは“イライラ棒”的なステージ。

変なボールに乗ったリビッツを誘導し、障害物を避けて進んでいくステージがあるんですが、ここは相当イライラしました。 主に操作性の悪さに。

このステージではPS Vitaの背面タッチパネルを使うことになり、PS Vita本体の裏側で気持ち悪く指を動かすことになります。

……が、背面タッチパネル操作をしたことがあるなら多くの人が「操作性悪っ!」っと思ったことでしょう。 そして、本作でもやはり操作性は劣悪です。

もうね、操作通りというか思惑通りに動いてくれず死ぬわ死ぬわ。 死亡せずクリアとかハイスコア狙いとかでもなければ、特に死にまくってもペナルティはないんですけれども、10数回も連続で操作性の悪さで死なされると、たまったものではないです。

いや、それ操作性の悪さのせいだから! カルシウム関係ないから!!

もうひとつはラスボスですかね。

ただでさえ連戦・長めですが、なかなか攻撃させてくれない上に、復活直後の無敵時間が皆無なためにリスキルが発生します。 3連続リスキルされたときはゲーム終了して妖怪ウォッチに切り替えましたもん。

先のSAO HFほどじゃないにせよ、こうした一部に非常にストレスフルな要素があるのは残念です。 そこを除けば、よくできたアクションゲーム&ミニゲーム集です。

Pix The Cat: パックマン? 特に惹かれるものはなく終了

なんかレトロ調な猫のようなそうでないようなよくわからんキャラを操作して、卵回収してラインに配置したりなんだりするゲーム。

画面通りパックマン的なモノですが、特筆すべき特徴や面白さが感じられず、数プレイで終了。 そのうちリベンジするかもしれないけれど、プレイ意欲はもうほとんどないですね。

誰か面白さを教えて……。

バイキングぽいぽい: 2マップくらいまではまったり遊べる。 その後急激に飽きる

マップにあるコーン・椅子・車・爆弾……などをバイキングどもの群れに投げて蹴散らす感じのアクションゲーム。

シンプルな操作感とルールなので、すぐに遊び方・楽しみ方がわかるという点は最大のメリットであり、実際バカゲーっぽさも相まって楽しかったです。

が、マップをアンロックしても、多少投げられるオブジェクトが変わったり、ボス的な敵が強くなったりはするものの、変化には乏しいので、ハマる!というほどではなかったです。

フレンドなんかと遊べばまた別かもしれませんが、急激に飽きてしまって、ひとまずプレイ終了。

flOw: キレイだけど……うーん?

thatgamecompanyの作品は好きで、フリープレイの機会をもってついにflOwをプレイ!っということなんですけれども。

うーん、確かに幻想的で綺麗なんだけども、それだけ、っていう印象。

とことんミニマルなデザインで、アーティスティックな点はもちろんこの頃からあるわけなんだけれども、他作品には見受けられるメッセージ性や没入感は感じられないかなぁ。

とりあえず一度やればいいかな、っていう具合。 時間の無駄!とか、遊んで損した!ってわけではないけども、無理をしてプレイするほどでもないような。

HIDEBOH タップダンスHERO: つまらん。 とにかくつまらん

厳密には帰省終了後にDL・プレイしたのだけれども、これはすごい。 乞食根性丸出し&ヌルいトロファー魂全開で挑んだものの、トロフィー獲得を投げ打つほどのつまらなさ。

タップダンス界・ことに北野武版座頭市では有名なHIDEBOH氏をフィーチャーしたタップダンス音ゲーという異色作。

しかしながら、異色作なだけでゲーム自体は非常につまらないです。 別に操作性がクソとかいうわけではなくて、そういう意味ではクソゲーではないんですけれども、端的にプレイしていて楽しくないんですよね。

もっとも、私は普段音ゲーをプレイしませんし、HIDEBOH氏のタップダンスの方向性にピンと来ないのは事実です。 しかしながら、そうした部分とは別のところに本作のつまらなさがあるような気がしてならないのです。

ただ、それがどこにあるのかはわかりませんし、突き止める気も起きません。 スクリーンショットを掲載するのも面倒くさいです。 そんな感じ。

カデンツァ フェルマータ アコルト フォルテシモ(体験版): 導入部で拒絶反応が出て終了

5pb.のAVGで、異能バトルもの、になるのかな? ある程度自分の好きなタイミングで必殺技的なものを発動させ、勝敗に介入できるとかできないとかっていう要素を推してた気がする。

……ものの、それ以前にノリや文体に拒絶反応が出てプレイ断念。 体験版部分すら完走できなかったので、製品版はプレイすることはないでしょう。

ボケボケやないですか! 手緩(てぬる)いを“あまい”と読ませても、別にうまいともなんとも思わないばかりか、むしろ趣がないんですが……。

ああ、蕁麻疹が出てきた。 ルビ多すぎて鬱陶しいんだけど。 ダッシュや3点リーダ、括弧類がうるさすぎる悪文。

“ミドガルズ(中つ国)の狼(ヴォルフさん)”がどうしたって? 神討つ……なんだって? 君の話はよくわからないな。

フレイムヘイズ?(難聴)

まぁ、なんかシリーズ物の続編らしいんですが、それ以前にかなり強い中二病抗体を備えていないとスタート地点にすら立てない濃度の厨臭さ。 これは無理。

また、先の戦闘シーン介入システムも、テキストを読み進め物語に没頭するというAVGやNVLの醍醐味に相反するもので、個人的にはNOといいたいシステムでした。 無論、こんな塩梅ではそのシステムがなくとも没頭できもしなかったでしょうけれど。

こういうノリが好きなら楽しめるんじゃないでしょうか、知らないけど(投げやり)。

戦国無双 Chronicles3(PS Vita): PS Vitaの無双の中では面白い方。 物足りないけど

これなんて相当前にプレイ終了してたんですが、ついでに。 戦国無双4のアクション・キャラをベースに携帯ゲーム機向けにコンパクトにカスタマイズされております。

プレイヤー(の分身)は、斎藤道三の「乱世の行く末を見届ける」という大望を引き継ぎ、戦いに身を投じる。 武将らと絆を深めることで、if展開もあり。

本家戦国無双4(据え置き機版)に比べると、そりゃ爽快感は減じるものの、PS Vitaで出ている無双の中ではいいほうだと思います。 元になった戦国無双4が歴代無双の中でも快作だったからですかね。

無論、ミッションベースな点はかわりなく、キャラチェンジ前提の忙しなさがあるので、そうした部分は個人的にネガティヴな感情を持ってしまうんですけれども、ファンサービス色の強い作品ということで、キャライベント類はネタ満載。

リア充爆発しろ!

長くて太い……太刀(意味深)

悪い直虎もなかなかかわいかったよ。

まーたそうやってダブルクォーテーションの使い方間違える

まぁ、それなりには楽しめたんですが、物足りない・ミッションめんどくせ・その他もろもろ……ありまして、サラッと遊んで終了。

やたらと戦国無双4ベースの作品が出ていて、今度は4-IIなわけですが、どうなることやら。

妖怪ウォッチ: 子供向けと侮るなかれ。 システムのほか、ストーリー・BGMもなかなかよし

ついに! つ・い・に!! あのゲームが私界隈にも到来しました(意味不明)

これだけ老若男女巻き込んでのブームになっているので、ゲームとしても面白いんだろうという予想はありましたが、いい意味で予想通りでした。

ポケットモンスターライク……というよりは、ドラゴンクエストモンスターズライクといったところで、戦闘はほぼオート。

しかしながら、プレイヤーはただ見守るだけではなくて、とりつかれたキャラのおはらいをしたり、アイテムで回復したり、わざ発動したり……と結構忙しいです。

また、クリアしてからが本番とでもいうようなクリア後の要素の充実(本編部分が薄めという見方もできる)もありますし、よくも悪くもLEVEL5的といったところでしょうか。

細かい演出も徹底されていて、家に上がる時は靴を脱いだり、信号無視するとなまはげに襲われて怖い目を見る……などなど、色んな意味での配慮が見受けられます。

加えて、アニメ版や続編の2と比較するとキャラの描かれ方が若干異なり、ウィスパーが特に顕著に差が見て取れます。 本作のウィスパーも頼りないところもあるものの、結構見せ場もあったりしてサポートキャラとしてしっかり役目を果たしています。

ストーリーもコミカルだったりギャグなシーンはあるものの、割と王道だったりシリアスな空気もあったりします。 エンディングなんかも落涙や胸を鷲掴みにするほどではないものの、少年少女のひと夏の冒険的なセンチメンタルでほのかな感動がないでもなく、好感触でした。

ラスボスがイカ娘……ならぬイカオヤジだったのはアレでしたし、その微妙な強さのせいで印象が薄いのもなんともはや(でも曲は悪くない)でしたが。 そのゲソゲソ言うのをやめなさい!

うん、でも好きだわ、このゲーム。

クリア時のメンツ。 スクリーンショット撮影できないのがなんともはや。

妖怪ウォッチ2 真打: 妖怪ウォッチ1.5くらい? 進化はしている

初代クリアから間を置かずに2もエンディング到達いたしました。初代が20時間くらい、本作は寄り道も含めて30時間ほどかかったかな。

ぶっちゃけ、ほとんど代わり映えないんです。 マップやグラフィック、BGMの多くは使い回しですし。

しかし、細かいところで改善・進化されていて、ゲームとしての深みや楽しさは確実にアップしています。 2と言い張れるほどではないので、妖怪ウォッチ1.5くらいかな~ってところですが。

たとえば、こちらは初代のマップ画面。

こちらは2のもの。 メニューがスッキリしたほか、重要なポイントには場所名が表示されるようになった。 ただ、相変わらず塀や柵の切れ目は明示されていない。

細かい演出は更に磨きをかけ、妖怪ウォッチのレンズで妖怪探しをしている時に、キャラがちゃんとレンズを覗くような動作をするようになっていたり、あるイベント後にゴミ箱などから出てきた時にちゃんと蓋を閉めるなど、こだわりも見えています。

一方で、通常戦闘曲(ビヨビヨしすぎィ!)やさくら住宅街/ニュータウンのBGM(結局初代も2のも好きになりましたが)、ストーリーは初代に負ける印象です。

特にストーリーはイマイチで、冒頭でプレイヤーキャラは妖怪ウォッチの存在やウィスパー・ジバニャンの存在を忘れている→思い出すという流れなんですけれども、その後登場する「初代でも出てきた」キャラと出会っても完全に初対面な対応をするんですよね。

これは結局、記憶が完全に戻っていないのか、それとも、初代のどこかのタイミングで分岐したパラレルな物語なのか、そのあたりが不明であり気になるところなんですよね。

もしかしたらクリア後のイベントでこの辺の謎が解けるかもしれない(そういえばアイツはどうなった?ってキャラもいるし)んですけど、そこまで深い物語かも疑問が残ります。

とはいえ、ゲームとしての完成度や面白さは間違いなく2が上回っているし、初代を遊んでいなくともどうとでもなるストーリーなので、新規にオススメするなら2となります。

しかし、「好きなのはどれ?」と言われればやっぱり初代が一番好き、と答えることになるでしょう。

なお、ラスボスは前作の反動なのか、かなり歯ごたえのある強さとなっており、よく考えたり機転を働かさないと結構苦戦します。 いいね!

クリア時のメンツ。 ズキュキュン太は場合によりイッカクと交代。

モロにあの緑のヨダさん。 なおcvは真打のみ映画版と連動して志村けん氏担当とのこと。

ワンダーフリックR: ワンダーニャンのために。 でも意外と遊べる、かもしれない

ワンダーニャンという限定妖怪が手に入るということで、妖怪ウォッチャーとしては回避できなかった系。

キャラ名はなぜか頭をよぎったあのミュシャより拝借。 でも褐色ロリ巨乳。

戦闘はタイトル通りフリック操作主体で行われ、キャラごとに3回まで行動可能。 その時の手持ちメダルをフリックで放り込むことで、対応した攻撃が発動するような感じ。

バランスの大味さとか課金要素の微妙さとかはあるものの、根っこのシステムはちゃんと作られていて好感触。 曲も地味ながら悪くはなく(戦闘終了時の曲はフォーキッシュで好き)、キャラも可愛らしくていい感じ。 よく頑張ってるなぁ、と。

ワンダーニャンゲットのため、レベル上げ→ジバニャンと話す→レベル上げ……の繰り返し。

小ネタもあり。

そしてワンダーニャンのコードゲット!2日だか3日にわたる戦いでした。

着せ替え要素なんかもあって、アバターレンタル型のPTプレイということで、割と好きな感じのシステムだったこともあり楽しくプレイ出来ました。

……が、なんだかんだで通信料が700MB近くなり、直前にテザリングをしていたこともあってLTEの通信量制限に引っかかりストレスフルな日々を送ることに!ちきしょーめ!!(自業自得)

まぁ、もうプレイすることはないんですけれども、ポチポチゲーやパズドラフォロワーと違って普通に遊べそうな感じだったのは良かったですわ。

わたしたちの戦いはこれからだよ!(続かない)

かなり有意義な消化期間だったのではないかと

っというわけで、12タイトルの紹介と感想でした。 ぶん投げたタイトルもあるとはいえ、結構崩せた方ではないかと思います。

ただ、ちょろっと遊んで「あ、面白そう。 これはそのうちちゃんとプレイしよう」と思ったタイトルがたくさんあるので、その辺を次回以降記事にする予定です。

で、今回普通につまらん音ゲーで学んだんですが、いくらフリープレイだろうとトロフィー集めしてようと、人生というか時間は有限なので、つまらない・やりたくないモノに時間を割くよりはどんどん面白い・好きなゲームをした方がいいですね。

普通そうだろ!と思われる方が大多数だとは思うんですが、やっと今になって実感を伴ってそう思えるようになりました。

ではまた次回。

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

『【2014-2015】年末年始に崩したゲーム: クリア・投了編』へのコメント

  1. 名前:かなさん 投稿日:2015/01/22(木) 17:38:02 ID:aef2c0184

    すげえ崩しててワラタwwww
    お陰で妖怪交換も素敵な感じになりやした!
    ウバウネ初見の難しさは異常。サラサラ進むと苦戦するって辺りがもんげー日野。
    また何かあったらよろズラ!

    • 名前:壬生狼 投稿日:2015/01/22(木) 18:13:05 ID:81050272c

      ほとんどベッドに篭ってひたすらゲームしてたヒキコウモリの日々だったからね! おかげで色々遊べたよ!!

      いやはやこちらこそ、あんなにキンキラリンなSランク埋め&レジェンドぶったまげんどーできて助かりました!!

      >ウバウネ

      あそこまでは順当な感じだったけど、最後の最後でガツンと難易度上がるからねww 一段階目もちょっとキツかったけど、二段階目は全滅覚悟した場面もちらほら。 やり直しめんどくせえ!ってことで意地で戦ったけどもwww

      うぃっす!妖怪ウォッチに限らず、なんかあれば一緒に遊ぼうズラ~