こちらで更新継続中。Twitter、私はこう使っていますよ、というだけのお話。

Twitter、私はこう使っていますよ、というだけのお話。

最近Twitterの方でもよく話す人の顔ぶれが変わったり、増えたりした関係で、自分とは異なるTwitterの使い方・向き合い方をしている人と出会うことも多くなりました。

「なるほど、そういう考え方もあるか」と思うこともあって、改めて、Twitterひとつとっても使い方・向き合い方は千差万別だなぁと感じた次第です。

そこで、私がTwitterを使う上で時々考えること(フォロー返しの是非云々)について書いてみようと思います。

※私の意見こそ絶対的に正しい! ということではなく、私はこう考えています~ってだけの内容です。

スポンサーリンク

フォロー返しについて: そもそもそういう思考をしていない。

まずはフォロー返しから。

私は記事公開時点でTwitter開始から数年経っている(けれども決して古参ではない微妙な立ち位置の)ユーザーです。 なので、ガッツリとハマっていた頃にはまだ“フォロー返し”という言葉というか概念も、少なくとも身近では見受けられませんでした。

私の基本方針としては、フォローされた人のなかで相手のツイート・リツイート内容やプロフィールなどに興味が持てればフォローするし、そうでなければ放置……っていうスタンスです。

「フォローされたからこちらもフォローしなきゃ」とか、「相互フォローになって色々お話しましょう!」とかっていう風な思考にはならないわけですね。 そういうのがめんどくせーのでmixiとかから抜け出してきたっていう背景もあるんですが。

私は興味の有無というか興味対象がだいぶハッキリ分かれているので、興味のない分野のツイートばかりしている人をフォローしても、タイムラインにノイズが増えるっていう結果にしかならないんですよ。

最初こそそのカオス感が楽しくもありましたが、さすがに数年も使っていればそんな状況よりも洗練された状況のほうが好ましく思えてきて、ある程度厳選してフォローする対象を決めていく……という方針になったわけです。

Twitterとしても「フォローされたらできるだけ返しましょう」とは(少なくとも知りうる限りは)言っていなくて、「興味のあるユーザーをフォローしましょう」と言っています。 なので、あくまで公式のガイドラインに忠実にフォローしているだけ、ってことですね。

関連して、何かと話題?にしがちな「FF外から失礼します!」とか、「フォローしました、よろしくお願いします!」も、その辺堅苦しくなくていいんじゃないのかな~ユルくやろうぜ~ってな考えです。

前者は、それこそどうでもいい前置きだと思っていて、いやまぁ初コンタクトの相手に対する礼儀のつもりかもしれないですが、ツイート内容が失礼のない表現であればいらないんじゃないかな?とか。

後者は、「ああ、それはそれは、私なんぞをフォローしていただきありがとうございます」「わざわざ一報ありがとうございます」って感じる程度で、まぁ悪い気はしないというか、丁寧な人なんだなぁと思うわけですが、フォローする=友達になる / 接点を持つ……ということでは決してないので、いらないんじゃないの?とは。

いずれにせよ、私が利用開始した当初の気楽さやユルさをそのまま「自分に適用する行動規範」としているのであります。

なお、気楽に・ユルくやっていきたいのではありますが、暴言・罵詈雑言・誹謗中傷・パクツイなど倫理感や法意識までお気楽ユルユルなツイート・メンションの類は総じてNG判断です。 そういうことじゃないんだ。

エアリプについて: 心地よくはあるけどできるだけ使いたくはない。

次は個人的に好きではないエアリプについて。

エアリプは空中リプライとも呼ばれるもので、相手を指定してのリプライ(メンション)ではなく、通常のツイートとしてそれとなく相手に伝える……というもの。

これを使う理由としては、絶対に読んで欲しいというわけではない程度の内容であるとか、そうしたエアリプを仲間内で使うことで内輪感を高め・感じ合うためってのが一般的だと思います。

で、私はなんでこれが好きではないのかというと、単純に第三者ないしフォロワー視点から見た時にツイートが情報として無価値になるのと、排他的な印象を強めてしまう……という2点に引っ掛かりを感じるからです。

前者の理由をもう少し詳しく書くと、誰かの発言に対して反応や補足・説明なんかをしたとします。

それが、引用RTやらQTやらであれば、元の発言も確認できるので情報としての価値は多少なりとも生まれます。 例えば、PCのトラブルに対しての解決法を添えたりとかすれば、フォロワーの中には「参考になった!」と思う人もいるかもしれませんよね。

しかし、これをエアリプでやってしまうと、その元の発言者=誰かには伝わるかもしれないものの、フォロワーにとっては脈絡のないツイートがポツンとあるだけ。 これでは情報としての価値はありません。

もっとも、Twitterでは情報発信せねばならないということではないですし、身内でそういう使い方をしているのであれば、それでいいんじゃないでしょうか。 その場合は、お互いにフォロー状態にあるのでエアリプでも通じることでしょう。

ただ、やはり私としては色んな方面に手を伸ばしてもいるし、こうしてブログを書いてみたりしている性質上、しょうもないツイートを除けば、なにか情報足りえるものであればちゃんと伝わらねば意味がないと考えています。 よって、こういうエアリプはノイズとしか思えません。

また、こうしたエアリプでのやりとりは非常に気楽で、実際にやってみたところ確かに内輪感・通じあってる感を感じられて気持ちはいいのですが、第三者・フォロワー目線に立つとビミョーなんですよね。

なにやら楽しそうな話題をポツポツしているが、全容が掴めない。 かといって、誰とエアリプを投げ合っているやら探すのは大変だし、そうまでして見たいわけでもない。 でも気になる……みたいな。

こうした状態が続くとどんどん排他的・閉鎖的な印象が強まってしまって、どんどん興味対象から離れてしまうんですよね、自分の場合。 もちろん本人が楽しいのでそれはそれでいいんですが、少なくとも自分は見てもしょうがないな、っていう。

加えると、誰に対しての発言か明言しないために、タイミング的に……あるいは汎用的な内容なために勘違いを起こしてしまうケースも多々あります。 誰かに対する不平を漏らしたら、関係ない人が勘違いして謝ってきて、いやいやこれはあなたじゃありません勘違いさせてごめんなさい……なんて、無駄な消耗を強いられるだけであって。

まぁ、これはエアリプでなしに、Twitter上にいない上司の悪口とかでも発生しうるのでアレですが、こういうケースでなくとも勘違いしやすい可能性があるので、どうにもエアリプを好きになれないんです。

とか言いつつ、話題が盛り上がってそうならエアリプしてしまったりはするんですが、できるだけ早めにやめるようにはしています。

フォローしている / 仲良しの相手の発言は全て読むべきか: 疲れるだけじゃないかなぁ。

気になってフォローしている人や、よくやりとりする人のツイートを未読分までしっかり読むという人もいます。 これはとてもすごいことで、礼節を欠かさない人なんだなぁと感心いたします。 私にはもう真似できないんで。

っていうのもですね、私の場合はフォローしている人だけでも3桁いて、特に仲の良い人や有益な情報を流してくれるアカウントだけに絞るとしても……結構なアカウント数があるんですよ。

仮に彼らの発言を見落としなく拾おうとすると、それだけで結構な時間を割く必要があります。 彼らだけを抽出したリストを作ってもいいのですが、結局そのリストを把握していない範囲は通しで読まなければいけないわけで、負担は減ったとしても依然残ります。

かく言う私も最初はそういう人たちのツイートは、ログインしたら目を通すようにしていたんです。 しかしフォロー数が増えていくにつれてだんだん重労働に感じられてきて、3桁に入る頃には疲れを感じるようになりました。

確かに、あの人は何してる / 何してたんだろう?とか気にはなります。 なるんですが、Twitterの性質上、さかのぼって言及するのもなんだかなぁって印象なんです。 今更その話題に振られても……って思うんじゃないかと(こちらが振られる分にはいいんですが)。

なので、流れた話題や情報ってそこまで重視しなくていいんじゃないのかな?と考えるようになったのと、単純にTwitter疲れの原因の一つだとも感じたことで、遡って読むなりするのはやめました。

言及するとしても、Twitterを開いた時に表示されたもの~せいぜい小一時間以内の話題のみ。 こうすることでだいぶ気楽になりましたし、それで問題があったことも特にないので、自分はこれでいいんじゃないかなと方針として決めたわけです。

それに、絶対に読んで欲しいかそれに準じることなら、TwitterのメンションやDMなり、メールやチャットなどがあるわけじゃないですか。 そうじゃないのなら、流れてしまったものは仕方がない……っていうスタンスでやっております。

ただ、そうは言ってもツイートするのがレアな友人のツイートを見逃すと、やっぱり「あー、見逃した!」とは思うんですけどね。

その他、定期ツイートやらお知らせやら。

この辺は自分はまだ有用性なども感じられていないので、あくまでも見る側としての考えなんですが。

基本的に内容にアップデートが含まれない場合の定期・お知らせツイートは効果がないのではないかと思います。 結局、初回を見逃したとしても、2回、3回とツイートすれば大半のフォロワーが把握できるのではないかと思いますし。

そうした内容の定期・お知らせツイートは、知っている側とすればあまり意味がないものなんですよね。 もちろん、その人に対してなんらかのお手伝いがしたい場合は、何度でもRT等するのでしょうけれど、受け取る情報としては変化がないので見ている側としてはプラスにはなりません。

せめて、少し文言・フレーズをちょっと変えてみるとか、そうした工夫もあれば重ねがけ(?)の効果もあって、その情報に対する意識も多少変わるかもしれませんが、コピペだったりすると私の場合は完全に意識の外行きです。

また、お知らせに関して、自分の場合はですが、ブログ記事の更新のお知らせは何でもかんでもするんではなく、ある程度選んで行っています。

例えばメインブログのMYTHTではゲームの話題について書いている(余談: 当初は当ブログで書いていましたが、紆余曲折あって切り離しました)んですが、ゲームの感想なんかは書いたらTwitterにもお知らせしている一方で、ゲームのプレイログ(ないし、連載の動画記事)なんかは情報として弱いのでお知らせしていません。

それらは単純に、お知らせして読みに来てもらったところであまり情報として価値がなかったり、プレイ動画なんかは身内向けなので、多くの人に気づかれなくても全く問題ないからです。

もちろん(今の状態で)雀の涙ほどのUU / PVを得たとしても意味がないと考えているのもあります。 少しでも露出を増やすことで、再訪問の機会を作る……のは大事なんですが、現状だとそうしたガチ運営をしていませんし、更新頻度も落ち気味なので来てもらっても……というのが本音です。

……と、後半はTwitterとはあまり関係ない話題になってしまいましたが、好きでネタなどでやっているならともかく、ある程度明確に目的があって定期・おしらせツイートをしているのであれば、情報にアップデートや変化を混ぜたり、そもそもの内容の選別もすべきではないかと思う次第です。

※なお、ある程度以上知名度があって、頻繁にフォロワーが増える・変動するだとか、それでご飯を食べているのであれば、じゃんじゃん宣伝すればいいと思います。 ここで書いているのはそれ以外……趣味でやっていることとかについてなので、ビジネスは別問題です。

快適なTwitterは自分の方針設定から始まる、かも?

とまぁ、色々書いてきましたが、こうした方針の設定の行き着く先は結局のところ「自分のTwitterライフを快適にするため」です。

やられたら嫌なことをしないとか、軽挙妄動で無闇矢鱈に人とつながろうとしないとか、そういうところも含めて、自分で快適な環境をある程度構築する必要があるわけで、周りに期待するのは得策じゃないなと。

よって、ここに書いたことも誰かにこの方針に従って欲しいとかそういうことではなくて、「ああ、こういう考え方の人もいるんだな」と思ってくれればそれだけでもいいんです。 それによって何かを変えてもらうところには期待してないですし。

ただ、自分に関してはこの方針に則ってフォロー相手も考えるし、ツイートもしていくってことではあるので、「こいつはこういう考え方なんだな」ってのは知ってもらえたら少し嬉しい事だったり。

とはいえ固定ツイートなんかにすると自意識過剰すぎるし、そもそもお前になんざそれほど興味ねーという人も多かろうなので、ブログに書きなぐった次第でもあります。

他にもなんか考えたり思ったことがあれば追記予定ではありますが、まぁぶっちゃけ知らなくてもいい情報なので更新しないんじゃないかと思います。

以上、「自分の方針を知ってほしいのかどうでもいいのかハッキリしない系ユーザー」のひとりごとでした。

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。