「ナチス・オブ・ザ・デッド(原題: Bunker of the Dead)」見た。 ユルいゾンビFPSみたいな。

ナチス・オブ・ザ・デッド イメージ

たまにはこっちのブログも更新しようかね、ってことで、久々に映画の感想なんかを。

パッケ裏に書いてあった「POVとRPGの融合!」みたいな煽りに惹かれて借りてきた本作「ナチス・オブ・ザ・デッド」。 ナチスゾンビが出てきて、RPG……?とはどういうこっちゃ、ということなんですが、蓋を開けてみればユルユルなゾンビFPSみたいな風情がある映画でした。

スポンサーリンク

FPSゲーマーならニヤニヤできるかもしれない作風。

↑の映像を見ると、それなりにスピード感のありそうな風に見て取れますが、実際はかな~りもっさい映像が展開されます。

っていうか、POVなのに全く驚いたり怖い(緊張感がある)シーンがないんです、“恐ろしい”ことに。

SnapCrab_16-2-26_23-9-36_No-00

なんていうか、すごい。 特殊メイクって言っていいのかわからんくらいに、すごく作り物めいたゾンビのディテール。 食い散らかされた死体なんかはどう見てもお人形、肝心の捕食シーンは(もろに赤インクめいた)血しぶきがビャッビャッと飛ぶ程度。 すごい。 低予算でいかにグチャドロでそれっぽく見せるか!みたいな気概が一切感じられない。

しかもね、このゾンビ……あんまりお腹が空いていないのか、食欲不振なんですよ。 普通にぶん殴ってきたり、銃を使ったりと、闘争心はあるものの「お前の肉を食わせろ!」的なゾンビらしい本能が希薄というかね。

で、ストーリーもWWII時代時代の地下壕に金塊を探しに行ったらゾンビに遭っちゃったってな具合で面白みもへったくれもないですし、実際にストーリーラインは特に見るべきものはないんですが。

しかし、様々な部分からFPS(ファースト・パーソン・シューター)ゲーム的な演出が散りばめられていてニヤニヤが止まりません。

ふとした時の主人公の挙動とか、登場する人物のセリフ・身振りがどっかのFPSで見たようなちょっとぎこちない感じ。 あ、これ絶対FPS好きがスタッフに(そう少なくない数)いるわ~みたいな。 その割に銃声とかしょっぱいけどな!

その他にも、Get to the choppaだの、ナチスのオカルト科学ネタ(無理矢理ぶっこんだ感が愛おしい、そしてある程度本編に雑に絡めている)だの、いい感じに未消化な感じを残しつつ本編に織り交ぜていたりと、なんか粗と勢いを恥ずかしげもなく全面に出しているのが好印象。

ストーリーはつまらないけれど、そういうネタでニヤニヤさせてくれたりするので、くだらないな・つまらないな……と思いつつも、なんだかんだで最後まで見させてはくれましたね。

SnapCrab_16-2-26_22-33-3_No-00

もちろん、クライマックスではあのお方も登場。 これがまたTPSゲーム「Nazi Zombie Army」もビックリなラストバトルが展開……!

……なんてこともなく、意外とマッチョな戦いというかなんというか、新たな総統閣下像を描き出しているという意味では斬新なようなそうでもないような。

そんなこんなで、ある程度ゾンちゃんが出てくるまではグダ~っと全身の力を抜いて見ていたんですが、最後まで前傾姿勢になることもなく、マッタリゆるりと見ることのできる作品でした。 正直全編通してユルユルなんだけど、クソつまんねぇ!と切り捨てるのもなんか違うような、不思議な映画です。 嫌いじゃないよ。

で、最後まで見て思ったんですが「RPG(ロール・プレイング・ゲーム)要素」はなかったです。 FPSの間違いだよね……?

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
スポンサーリンク