こちらで更新継続中。映画/アニメ - Miblog

映画/アニメ一覧

「ゴーストバスターズ(2016)」見てきました。 往年のファン向けかも。

ゴーストバスターズ 2016 イメージ

劇場に行くほどか悩んだものの、結局、気になって劇場へ行って参りました「ゴーストバスターズ(2016)」。

過去作に対するオマージュを盛り込みつつ、しっかりと“リブート”はできたのかな~……といった印象で、名作にはならないまでも、十二分に楽しめる作品でした。

続きを読む


【シン・ゴジラ ネタバレ感想】せっかくなのでネタバレしつつ好きに書いてみる。

シン・ゴジラ イメージ

「シン・ゴジラ」見てきました。 人生初リピートしちゃうくらいには満足です。っていう、当たり障りがない・抽象的な文章の羅列になってしまった感想を書いたんですが、やっぱりネタバレしつつ書きたいところも依然として残ってしまっているので、ネタバレ部分だけ切り抜いてこちらに感想を書こうかなと。

よって、内容としては前述の感想記事とセットでひとつの感想となります……が、こっちはネタバレ含むんでまだ見てない人はスルーで。 あと、深い考察やら感想なんかは他の人がたくさん書かれています。 あくまでもヌルい眼しか持たぬ私は、好きに書くことしか出来ませぬ。

続きを読む


「シン・ゴジラ」見てきました。 人生初リピートしちゃうくらいには満足です。

シン・ゴジラ イメージ

見たくて見たくてウズウズしていて、友人らの「見てきたYO!」報告に刺激されて居ても立ってもいられずに、先日、今日と二回見てきました。

イデオロギーがどうたらとか深遠なテーマは云々……は他の人に任せるとして、特に見識があるわけでもなく、ヌルい映画好き・ゴジラ好きとしての感想を書いていこうかなと。

なので、深い考察とか解説とかなんとかを見に来たんであれば、その目的は達せられることはないです。 ごめんなさい。

続きを読む


「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」見てきました。 悪いものではないけども……。

インデペンデンス・デイ: リサージェンス イメージ

シン・ゴジラのついでに見てきた本作(シン・ゴジラについては後ほど書く予定)。

前作が割と好きな作品だったんで、本作アナウンス時は「おおー!」となったもんですが、封切り後はあちこちから賛否(やや否定的意見が多い?)の声が上がっていて、期待しないで見よう……と胸に決めたのでありました。

そんなわけで鑑賞前の期待値はかなり下げて見たところ、そこまで悪くはないと思った一方で……前作ほどの魅力が不在かなぁ、と感じた次第でした。

続きを読む


「ムカデ人間3」を見たので、シリーズ通しての雑感など。

ムカデ人間 イメージ

ついに、あの胸糞CRAZY映画「ムカデ人間」の最終章を見る時が来ました。

Twitterなどではたびたび触れていたんですが、改めて長文にしたことはなかったもんで、今回いい機会だとシリーズ通しての雑感を書いてみようかなと思いまして。

まぁ、大したことは書いてないんですが、共通して言えるのは「これはひどい」。

続きを読む


「ナチス・オブ・ザ・デッド(原題: Bunker of the Dead)」見た。 ユルいゾンビFPSみたいな。

ナチス・オブ・ザ・デッド イメージ

たまにはこっちのブログも更新しようかね、ってことで、久々に映画の感想なんかを。

パッケ裏に書いてあった「POVとRPGの融合!」みたいな煽りに惹かれて借りてきた本作「ナチス・オブ・ザ・デッド」。 ナチスゾンビが出てきて、RPG……?とはどういうこっちゃ、ということなんですが、蓋を開けてみればユルユルなゾンビFPSみたいな風情がある映画でした。

続きを読む


前作から大幅退化を果たした「貞子3D2」を見たよ。 ジャパニーズホラー is dead。

B00GX1114E

いやーこれはひどい映画ですね。 ひどさで言えば前作超えです。

貞子3Dのひどさはすでに知っていたので、今回見るにあたっても覚悟を決めていたつもりだったんですが、覚悟が圧倒的不足していたようです。

端的に言えばいいところのないゴミ映画です。

続きを読む



アナと雪の女王の「Let It Go」をBetraying The Martyrsがデスコアカバーしてしまった模様

大ヒットディズニー作品にして、大ヒット曲であるアナと雪の女王(原題:Frozen)の挿入歌「Let It Go」。

その影響力たるやすさまじく、某デスコアバンドにカバーされてしまう程だったようです。 デスメタルでハードコアなLet It Goをぜひお聞きください。

続きを読む


「サイレントヒル:リベレーション(Silent Hill: Revelation)」 レビュー

 

コナミが発売している人気ホラーAVGシリーズ「サイレントヒル」の実写映画化作品・第二作目。

本編は前作の衝撃のラストから10年の月日が流れ、18歳の誕生日を迎えたヘザー(シャロン)を主人公として始まります。 夜な夜なサイレントヒルの悪夢を見続ける彼女は、父・ハリー(クリストファー)と共に名前を変えつつ各地を転々としてきていました。

そんな転校先でヘザーは、彼女と同日に転校してきたヴィンセントと出会うことをきっかけに、サイレントヒルとその闇に呼び誘われることになります……。

前作の退廃的で陰鬱でまさに地獄のような空気感を引き継ぎたかったのでしょうが、本作で描かれるのはありきたりなホラー的映像ばかり。 教団のカルト的な禍々しさ、闇の時間の臭気すら感じる空気感などは薄れ、眠たくなるようなビックリドッキリ系3流ホラーに。

ゲーム原作プレイ者はニヤリとできる場面があるそうですが、映画単体あるいは続編として見ても、そのニヤリポイントを含めようが含めまいがあまり評価できる内容ではありません。

続きを読む


スポンサーリンク