こちらで更新継続中。音楽 | ページ 5 | Miblog

音楽一覧

【P4U】花村陽介が聴いている音楽ってなんだろう?【P4G】

B007WPOPZ2

ジュネスのガッカリ王子の異名をほしいままにする、ペルソナ4シリーズの登場キャラクター・花村陽介。 彼は常日頃からヘッドホンを着用し、戦闘中は音楽を聴きながらノリノリで戦っている様子を見せてくれます。

で、いっぱしの音楽好きとしては「陽介ってどんな音楽聴いてるのかな?」と気になるわけですよ。

これまでは明確な答えもヒントもなかったのでどうしようもなかったんですが、先日発売された「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」にて彼の音楽の趣向が垣間見えることとなったのです……。

今回は、どんな曲・アーティストを好きなのか少し探ってみます。

※本記事は未完結というか未完成です!協力・情報求む!!

続きを読む


Betraying The Martyrs「Breathe In Life」 レビュー

フランス発のメタルコア・デスコアバンドによる1stアルバム。

エモーショナルでいてメタルコア的なアプローチやデスコア系のアグレッション、ところどころに挿入されるメロディアスなパートはマスコア的と言ってもいいですね。

甘っちょろくなりそうな要素を多く含むものの、メタル的なシリアスさはひしひしと伝わってくるので軽さはなく、しっかりと堪能できる一枚。

続きを読む


Make Them Suffer「Neverbloom」 レビュー

Neverbloom

オーストラリアが産んだ、シンフォニック・デスコアバンドによる1stアルバム。

ブルータルでブラックメタルからの影響も強そうなサウンドに、美しくも暗いピアノの音色が儚げに重なるそのサウンドは聴くものを霧で遮るように拒みます。 しかし、ひとたび受け入れて中へ入り込んでしまえば不思議な響きと魅力に囚われてしまう作品。

続きを読む


Linkin Park「Living Things」 レビュー

リヴィング・シングス

今や世界的にビッグなロックバンドに成長したLinkin Parkの5thアルバム。アプローチや雰囲気は前作の延長線上にあるものの、試験的な側面が大きかった前作よりも聴きやすく・整合性がとれた印象に。

流行であるエレクトロ調のメロディも含まれますが、ただ単に流行に乗っかっているわけではなく、生粋のLinkin Parkサウンドをベースにした味付けといった具合。

路線が変わり始めた3rd以降では本作が最高傑作だと思えるほど、楽曲の出来がいいです。聞けば聞くほど好きになるアルバム。

続きを読む


「ペルソナ4 ザ・ゴールデン オリジナル・サウンドトラック」 レビュー

B007WVZ38O

PS Vitaで発売された「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」で新たに追加された楽曲&アレンジ曲を収録。

今回新たなコンポーザーが参加しているものの、それほど違和感なく溶けこませている点はお見事。サウンドトラックの枠にとらわれない曲目が魅力です。

続きを読む


スポンサーリンク