【日記】生贄稼業も一段落つきました。【ソルサク】

今回から、試験的に【日記】を冠してのプレイログを掲載することにしました(元々はサブブログのMEIBのコンテンツでした)。

これまでにもファーストインプレッション的なものは書いていたのであまり差異はない気もしますが、それよりも私的な内容ということで【日記】として扱うことにします。

さて、その【日記】の記念すべき第一弾は「SOUL SACRIFICE」! 昨日、友人の助けを得てプラチナトロフィーを獲得し、一区切り付くことになりました。

スポンサーリンク

魔振りなので攻撃が痛い!

私は先天的に一匹狼(≒ぼっち気質)なので、ソロプレイも許容出来るようなステ振りにすることが多いです。 つまりは、火力に振るってことです。

本作でも攻撃寄りか防御・回復寄りかを“生贄”“救済”システムによってステータスの変化があるんですが、迷うことなく生贄フリークな魔寄りステータスにいたしました。 ストーリー的にも生贄にするのが魔法使いの“正義”ですし。

で、当然そうした偏ったステータスだと防御が疎かになるんですよね。

合計レベル100ではあるものの、攻撃力400超(ドーピング込み)に対して防御力は169なもんですから、デカ目の攻撃食らうと一瞬で瀕死街道まっしぐらです。 別にゲームが上手いわけじゃないので、よく雑魚にじゃれつかれて死にかけたりもします。

そこで共闘です!

友人は聖寄りの回復・サポートをメインにしているので、「手伝っておくれよ~」と泣きついたのです。 いや、泣いてはいませんが。

相変わらず私はすぐに死にかけますが、タフで回復や足止めを的確に行ってくれる友人のおかげで、死亡率は激減。 頼りきり・任せきりなところもあって申し訳ないと思いつつも、攻撃に専念できるという点でやりやすかったです。

まぁ、それゆえか、気が緩んでしまって雑魚にかすられることも多かったんですがね(;´Д`)

そんなこんなで、残す所ワイバーンとモルガン・ル・フェ(とヒュドラ救済)だけとなりました。

医者グールなんであんなに強いんや……。

なんというかですね、ボスの攻撃が激痛なのはわかるんですが……真の敵というか気にすべきは雑魚敵なんだと今更ながらに痛感しております。

最後の要請であるモルガン・ル・フェ戦でのできごとなんですが、なんかよくわからないんですが、たまーに体力MAXからゴッソリと体力を奪われる事案が多発していたんですがね。 これの原因というのも、雑魚の攻撃だったわけですよ。

医者グール(シルクハット被ったカラス)の滑空攻撃とか、なんかそういうのを食らうと「ザクッ」という音とともに体力ゲージがグーンと減っていくんですね~

いやいや、なんですかこの被ダメ!? ぶっちゃけモルガンさんの攻撃より痛いから!!

しかもですね、鎧着ていてもコレですよ。 もし生身の時に食らったら即死かもしれんです。

モルガンさんの攻撃も注意も友人が引きつけてくれていたので、そちらの方はさほど心配いらなかったのですが、むしろ縦横無尽に頭上を飛び交うカラスの方が脅威だったなんて……モルガンさん×2よりは順当に現実的な強さでしたが、ここまで雑魚が雑魚とは呼べない気持ちになったのはなかなかありません。

ともあれ、何度か助け起こされつつも、砂時計込みの地獄→追撃を行って戦った結果……

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

友人のまるお氏(キャラ名ではまるみ)の助力なくしては、このスピードで獲得はできなかったかと思います。 ありがとう!

※友人もブログをやっております。 謝辞がわりに宣伝→まるおブログ(仮)

いや~達成感もひとしおですね。 まさに共闘魔法アクションでした。

まだまだトロフィーとは関係ない要請や、DLCなど戦っていない・倒せていない相手もいたりしますので、これでプレイ終了というわけではありませんが、気持ちの上で区切りがついたので他のタイトル(例えば、PSO2など)にメインのプレイタイトルをシフトできそうであります。

これにて生贄稼業も落ち着きましたね!

余談

ソルサクと内容的にはほとんど関係ないんですが、本作が発表された時に「ん?ソウルサクリファイス?」と他のイメージを持ったことがありまして。

パッと思い浮かんだのが、このSantanaのSoul Sacrificeだったんですよね。

まぁ、実際には曲のイメージと対極の位置にいそうな作品だったので、(無関係とわかっていても)鮮烈な印象を残したわけですな~

でも初回特典の舞踏の法衣は、なんかBlack Magic Womanを彷彿とさせる感じだったので、あながち無関係でもない……!?

ああ、生でEuropaを聞きたい。

……っとまぁ、こんな感じで関係ない話も交えつつ、日記を書いていこうかなと。

今後はゲームのプレイ日記だけでなく、その他のものもMEIBから吸い出そうかな~とか考えていますので、より雑多なブログになりますこと、ご承知いただきたいです。

最後におまけ。

ヒュドラ戦だったかで激写した、ルプス(マイキャラ)のセクシーショット……もとい迫苦死(セクシ)ーショットでございます。

必死になって救済しに駆け寄ってきてくれているさなかに、こんなこと考えていてごめんね。 ごめんね。

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
スポンサーリンク

『【日記】生贄稼業も一段落つきました。【ソルサク】』へのコメント

  1. 名前:まるお 投稿日:2013/05/15(水) 11:36:31 ID:674b3bb48

    久々に訪問。

    とりあえずはおめでとうございます!
    プラチナ獲得の瞬間に立ち会えたのはこちらとしても光栄なことでした。

    まぁ確かに聖振りは引きつけ回復役としては優秀ですが・・・
    肝心の敵を倒すという点ではあまり役に立たないわけでw
    敵を倒した(ダメージソース)のは壬生さん自身だということをお忘れなく。
    (最後は私が血で倒してしまいましたがwww)
    そういった意味では共闘の重要性がわかるゲームではありますな!

    医者グールの攻撃、そんなに大きく喰らっていたのか・・・
    共闘中、「痛ぇ!痛ぇ!」と聞こえてきてたからあれだけど、こっちは医者グールの攻撃が1cm弱くらいしか喰らっていなかったのでそこまでとは思わなんだw

    ただ、このゲームはなんだかんだ魔振りの方が有利なことが多々ありますよ。
    まず4人そろったときに全員が聖振りだったら、いつ要請が終わるかわかりませんからね(笑)

    最後の激写ワロタw
    聖振りだと死ぬ機会が滅多にないので死ぬ画面が懐かしく感じる(´・ω・`)

    あと更新少なめの過っ疎過疎ブログの宣伝ありがとう!

    • 名前:壬生狼 投稿日:2013/05/15(水) 12:47:02 ID:bf7f78acf

      どもどもです! 相変わらず細々と更新しておりましたよ~
      そしてありがとう!! 今回のこれも、価値あるプラチナとなりました。

      >肝心の敵を倒すという点ではあまり役に立たないわけでw
      敵を倒した(ダメージソース)のは壬生さん自身だということをお忘れなく。

      他方、その壬生さんは非常にひ弱なので、そのダメージソース維持はまるおさんのサポートあってこそのものなんですぜ!
      持ちつ持たれつな感じで、シビアでやさしくないけれど、最適なバランスということですわな~

      医者グールによるダメージは本当に半端ないものでして、そちらの被ダメ=こちらのHP残量くらいのもんだと思いますwww
      瞬間火力で行けばそこらのボスよりエグいよアレ……。

      確かに聖オンリーだとまず負けはしないだろうけども、かなりの持久戦になるでしょうな(;´Д`)
      魔振りだと、倒して終わるのも死んで終わるのも一瞬なので、非常にスピーディーですwwww

      >聖振りだと死ぬ機会が滅多にないので死ぬ画面が懐かしく感じる(´・ω・`)

      そんなもんなんだなぁ……こっちは「攻撃喰らう=死」ってのが刷り込まれてるんで、逆にそのタフさ具合が想像出来ません!

      宣伝に関しては激写含めてまるみさんの肖像権を侵害しているおそれがあるのもあって、行わせていただきました!
      毎度勝手に撮影してごめんね!←反省の色が見えない

      また、何かでもってアツい共闘をしたいものですなぁ。