こちらで更新継続中。【討鬼伝】鬼は~討ち、福は~外!: 本作プレイもそろそろ節目か!?の巻【第十三回】

【討鬼伝】鬼は~討ち、福は~外!: 本作プレイもそろそろ節目か!?の巻【第十三回】

私の中で一区切りつきつつあるというか。

現在進行度10のはじめで、まだまだ先は遠そうな感じなんですが、そろそろモチベーションの低下もあってここらで一区切りなのかなぁ、とか思っています。

とか言いながらなんだかんだ100時間以上遊んでいるわけで、かなり遊んだタイトルではありますね!

とりあえず今回は、追加任務集 六のプレイとなります。

スポンサーリンク

手負いシリーズにはミズチメ登場!

さてさて今回は手負いシリーズもいったん打ち切りか?ミズチメの登場であります。

今回はこれまでとは異なり“追加防具”を作成するための素材が手に入るようになっており、シノビっぽい装備(ランク4)が作れるようになるようです。

また、朧鬼がいるという表記通り、マップ上にはノヅチ・朧が存在。

倒すと希少な素材とミタマを獲得できる(ことがある)ので、必ず倒しておきましょうね。

そして肝心のミズチメの火力ですが、

やはり、突進を食らうと一撃死に近い状況ですね(;´∀`)

第十一回&番外編?にて公開した「股間戦法」で挑んでいたのですが、まぁ、タイミングミスったりするとこのありさまです。 かといって正攻法もアレなので、やっぱりお姉様の股間に張り付いておりましたが。

しかしまぁ、ここまで来ると「手負いとは何だったのか」という具合になかなか倒れてくれません。

部位耐久度は減りが早いように感じますが、生命力はもはやあまり変わり映えしないような? マルチの無駄なタフさに慣れてしまっていて、感覚が麻痺している可能性が高いですがね。

ここまで耐久度減らしてもピンピンしています。 手負いってなんだっけ?

で、愚痴というか今更の不満なんですが、やっぱり通常のタフさはかったるいっすね。

GEBやってたせいもあり、やっぱり20分とかザラに戦うマルチは正直ダルいです。 手負いとか、「一人で遊ぶ」レベルの柔らかさが調度いいんでないかなぁとか。

というか、二人以上で体力が一緒っぽいのがそもそも(ry

……と不満はここまでにしておいて。

そんなこんなで股間戦法でミズチメを倒しましたら、「影ノ書」なる素材をもらいました。 これが、追加防具作成に必要な素材です。

ランク4相当でこれは強いのか弱いのか。 ちょっとその辺はわかりません。

装備している全身図は公式サイトで確認いただくとして、まぁ、今となっては必要のない装備ではありますね。

ただ、双刀持ってシノビっぽいプレイをしたい方には良さげなシリーズ装備となっていそうです。

さてもうひとつは、ザコがたんまり&タケイクサが登場するこちらの任務。

先のミズチメに比べれば別段どってことない任務で、むしろ、ノヅチ・朧とオニビ・朧が出る事のほうが嬉しかったり!

ノヅチ・朧からは蘇我馬子、

オニビ・朧からはオトタチバナヒメをゲット!

さらにユニーク武器作成に必要な朧素材も手に入ってホクホクであります(*´∀`*)

タケイクサ自体はどうということはないので割愛。

トコヨノオオキミですかね、区切りは

未だに戦っていないのがトコヨノオオキミ。 トコヨノオウ亜種的なヤツなんですが、そこにいくまでが精神的にしんどくて行っていないという(;´∀`)

ただ、コイツさえ倒してしまえば、気持ち的には討鬼伝の区切りが付きそうですし、他のモノにも気を回せるので、ちょっくら頑張ろうかなぁと。

そしてトコヨノオオキミ以降はDLC配信時のみか、プラチナ獲得(そこまでやるだろうか?ww)時に更新というような流れにしようかと思います。 DLCもだいたい毎回こんな感じの記事になってしまいますし、読者さんのためになる情報も盛り込みようもありませんからね。

というわけなんで、あと少しだけ続きます!

おまけ?:

トロ・クロのミタマ獲得後も「もしかしたらテレビさんのミタマも隠しでもらえるんじゃね!?」というわけのわからない期待に駆られてプレイし続けていたトロ鬼伝も終わりました。

当然テレビさんのミタマなどあるわけもありません。

かなりしんどかった……(;´Д`)

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク