こちらで更新継続中。旧世代型ソシャゲの星となれるか!?「Destiny of Spirits」のCBTが本日開始。ちょっと遊んでみたよ。

旧世代型ソシャゲの星となれるか!?「Destiny of Spirits」のCBTが本日開始。ちょっと遊んでみたよ。

世界の人とともにゆる~く遊べる、一風変わったシステムを搭載したソーシャルゲームライクなDestiny of SpiritsのCBTが本日開始となりました。

世界各国の伝承・神話に登場するスピリッツを行使して、カオススピリッツを打ち破っていくというコンセプトのもと展開される本作。 まぁいつものソシャゲな面もありますが、キラリと光る部分もありそうです。

スポンサーリンク

誕生日や現在地で色々と変わる初期状態

本作がまずユニークなのは、ゲーム開始時に誕生日を入力することで、以後のプレイ時に運勢がゲームに関わってくる点が挙げられます。

運勢がよいほど様々な恩恵があり、悪いほどネガティヴな効果が発動します(ただし、運勢が悪い時ならではの特典も……?)。

これにより単調になりがちなプレイに少量のスパイスとして加味されており、変化が生まれているように思えます。 もっとも、実感できるほどプレイ出来ていないのですが。

なお、ソシャゲ系という性質上「誕生日が他人に知られるのではないか」と思う方もいるかもしれませんが、心配ご無用。 あくまでも運勢を決めるためだけに内部処理されており、外部に漏れることはありません。

また、GPS機能を用いたシステムもPS Vitaならでは。

例えばスタート地点は自分の現在地に依存しますし、(確認できていませんが)初期に手に入るスピリッツにも違いが出るとのこと。 なので、全国的に見ると序盤のプレイ内容に差異が見られるということですね。

世界の人とつながろう!

本作のもうひとつの大きな特徴としては、本作がグローバル配信されている点。

実は本作には、Asia, America, Europeの3バージョンが存在しており、各国のプレイヤーは自分の住んでいるエリアのバージョンを遊ぶことになるようになっています(日本だとAsia)。

バージョンに違いがあるということは、手に入るスピリッツも異なるということ(ポ○モンのようですね)。 欧州の北欧神話に登場するスピリッツが欲しければ、欧州の人と交換する必要がありますし、アメリカの日本好きのファンが日本の妖怪のスピリッツが欲しければ、日本のユーザーと接点を持つことになるのです。

チャットやメッセージ、いいね系などのシステムが備わっていないために密なコミュニケーションはとれませんが、トレード機能は基本放置でもOKな仕様なので問題ないでしょう。

フレンド機能もPSNのフレンドとは別管理なので、とりあえず適当に申請・許可でよろしいかと。 フレンドが多ければ多いほど、支援攻撃やレンタルでの選択肢の増加などがあるので。 できれば他のバージョンの人のほうがいいけども。

プレイ雑感

ではここからは画像載せつつ適当にプレイ雑感を。

開始早々、大吉だったようです。 各国語で“大吉”を意味する単語がキラキラ飛び交っていますね。 幸先の良いスタートです(CBTだからワイプされるけど)。

まずはチュートリアルに黙々と従います。 まずはスピリッツの持つ属性に関して。

木・火・土・金・水……なるほど、(陰陽)五行の相克ですね。 西洋だったら四大元素が有名だけれども、ここは全バージョンで統一されているのでしょう。

また、光と闇属性もあり、こちらは相反する表示ですが……先ほどの運勢によって変わる模様。 大吉だと光が闇に勝り、大凶だと闇が光に勝るのだそう。

安直な三すくみではなく、この属性概念を取り入れたことで多少なりとも戦略性が深まっている気がします。

ナビキャラも登場。 化物語やトキトワのVOFAN氏が手がけたのでしょうね。

基本的にメニューなどはタッチ操作。 ボタン操作は少なくともプレイ範囲では存在せず、説明書にも戦闘中にスタートボタンを押す(一時停止)くらいしかありません。

それはそれで構わないんですが、だったらもう少し融通効かせてほしいな……と思う場所ものちのち出てきたり。

これがメニュー一覧となります。 ハントは位置情報を取得してスピリッツを召喚するもの。 コミュニケートは運営からのお知らせ・プレゼントや、トレードまわりのアレコレをするものであります。

ショップはいわゆる課金メニューで、CBT中の今は用はないでしょう。

ともあれ、バトルをしてみます。

戦闘は基本的にオート進行。

ですが、今や廃れつつある凡百のソーシャルカードゲーム等とは違い、スピードの概念やスキル、そしてターゲッティング概念により、しっかりと“ゲーム”している印象。

本作では属性の概念が重要ですので、(画像では手持ちスピリッツが一体だけですが)どのようなスピリッツを選出するのか、どのスピリッツでどのカオススピリッツ(敵)を狙うのか、そしてスキルはどのタイミングで何を使うのか……ということを関連付けて考える面白さはあるかと思います。

といってもそこまで複雑怪奇なシステムでもなく、ひとまず五行相克に則って、敵の弱点を突いて相手に弱点を突かれないような構成・対策で臨めばよいのです。 シンプルでいい。

一番最後に遊んだソシャゲが拡散性ミリオンアーサーだったのですが、それから見ると本作はちゃんと“遊べる”点は好印象です。 和を匂わせる戦闘曲(バージョンによって違うのかな?)も結構気に入りました。

ただ、FFでいうATBであるリングゲージのたまり方が少し遅いかな?と。

オートバトルということで、プレイヤーの介入の余地・余裕を広げるために遅めにしてるのでしょうけれど、スキル発動選択時や、スタートボタンで一時停止できることを考えると、今の1.2~1.5倍くらいのスピードでもいいんじゃないのかなぁと思いました。

初戦が終わると、いよいよ召喚です。 いわゆるガチャ。

左端がゲーム内ポイントで召喚する、無料ガチャ的なもの。 真ん中が有料ポイントを使うプレミアムガチャなもの。 そして、右端が期間限定のガチャ的なもの。

正式サービス後、このデスティニーオーブ(有料ポイント)の価格設定がどうなるのかわかりませんが1P=1円だとしたら、この手のゲームにしては安いですよね。

ともあれ、ここはサモンストーン(ゲーム内ポイント)を消費する無料のヤツで召喚します。

UC……アンコモン(Uncommon)ですか。 多分初回はUC固定なんじゃないでしょうか。 なぜかというと……ほら、アレですよ、お察しください。

で、なんやかんやでエリアボスとやら。 相手は朱雀。 ……四神じゃないですか!

こいつは一体ですが、後々のボスはザコを引き連れていたり、増援呼んだりするんですよね~。 多分弱点属性補う増援呼ぶのも出てくるはず!

でもまぁ、この朱雀は最初のチュートリアルボスということで弱かったです。 というか弱すぎた。 四神とは一体何だったのか。

ともあれひととおりのチュートリアルがおわり、運営からデスティニーオーブが送られてきましたので、期間限定のどこいつのアレをやってみました。

プロデューサーさんかよ!しかもUCかよ! 980円……テレビさん欲しかったわー。

河童もゲット。 ♀なのか。 ♀なんです。

初期のスピリッツも水属性だったんですが、なんか水属性だらけに。

単一属性のカオススピリッツ相手だと楽ですなぁ。 少し進むと、この傾向に限らないのが出てきたり、連続戦闘になったりという状況におかれるため、早々に様々な属性のスピリッツが欲しくなりますが。

と。

突然こんなものが出てくることがあります。

これこそがフレンドからの支援攻撃なのですが、割と出現~消滅までの時間が早い上、複数回出てきたりなんだりと、ボーっと遊ぶことの多いソシャゲにしてはちょいシビア! その分成功させると、序盤としてはいいダメージソースになります。

まぁそんな感じで、この後もアメノウズメやらヒノカグツチやら横綱(!?)やらと戦いました。

この他、おなじみの合成だとかなんだとかも完備。 ソシャゲに触ったことがあれば、だいたいどのシステムもすんなり馴染めるはずです。

なお、

ランキングも存在。 現状では単に自己満足のもののようですが、そのうちイベントとかで使われるようになると、札束で殴りあうマネーゲームボードとなるのでしょう。

時差も関係するのでしょうけど、ランキングはほとんどがAsiaのユーザーで埋め尽くされていました。 一般的にゲームを遊ぶような時間ではなかったか、あるいは、もう既にこの手のゲームは飽きられたか……。

いずれにせよ、興味深いランキングでした。

とりあえず明日くらいも遊んでみますかね

眠くなってきたのでこの辺にしておきますww

ともあれ、全体的にはいつもの感じ~というところなんですが、バトルに戦略性があることで、ゲームを遊んでいる!という気分にさせてくれるのはいいですね。 ポチポチ押して「勝負の行方は――?」なんて戦闘開始からすぐに結果表示直行なアレコレよりはずっといいです。

ただ、それだけで本作を遊び続けるか、課金意欲が沸くかと言われれば、そうとも言えず。 ソシャゲに見切りをつける、今よりもう少し前に出会えていれば、「ちょっと遊んでみるか!」となったのかもしれませんがね~。

あと、スピリッツの並び替えがいちいち「外す→入れる」という過程を踏まなきゃならないのも×。 タッチ操作ほぼオンリーなら、ドラッグ操作で出来るようにして欲しいもんです。

ともあれ、私は今後遊び続ける可能性はとてつもなく低いですが、ソシャゲに興味を持っている方は遊んでみてもいいと思います。 ゲーム性も低くないですし、課金の占めるウェイトも(現状は)大きくないので。 他人とアイテム奪い合いというものも無さそうですからね。

そうそう、公式サイトには今後のイベント・ログインボーナス・コラボ情報なんかもありますんで、気になる方はどうぞご覧ください。 グラビティデイズのキトゥンもスピリッツとして参戦するっぽいですよ。

Destiny of Spirits: Asia (デスティニー オブ スピリッツ) | プレイステーション® オフィシャルサイト

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク