こちらで更新継続中。「Google Reader」が終了するらしいので、「Thunderbird」でRSS管理することにした

「Google Reader」が終了するらしいので、「Thunderbird」でRSS管理することにした

Thunderbird

Google Readerが7月1日に終了!

いや~、寝耳に水ですね。 私のように「次はどこを使えば……」と思われた方も少なくないはず。

そこで私は「新しくサービス登録するのもなー今の状況でどうにかできないかなぁ」と、面倒くさがり屋の本領を発揮した結果、メーラーの「Thunderbird」でRSS購読を行うことにしました。

スポンサーリンク

Thunderbirdとは?

Thunderbirdは、Firefoxでお馴染みのMozillaが提供しているフリーのメーラーアプリケーション。 メール管理するソフトウェアですね。 人形劇ではありません。

複数アカウント設定や便利なフィルタリング、ちょっぴり便利な拡張機能などを搭載したステキなメーラーなんですが、これを使ってRSS購読・管理ができちゃうのですよ!

設定への流れ

まずはじめに、ここにアクセスしてGoogle Readerのデータを出力します。 これによって手に入るzipファイルを解凍しておいてください。 解凍して出てきたファイルのうち、実際に使うのは「subscriptions.xml」というファイルだけですけども。

続いて、Thunderbirdを開いて「ファイル」→「新規作成」と進んで「他のサービスのアカウント」を指定。 「ブログとニュース(フィード)」を選んで、わかりやすい名前をつけたりしながらどんどん「次へ」。 「完了」までクリックしたらひとまずRSS購読の準備は整いました。

※不安な方はRSS リーダーの設定方法 | Thunderbird サポートをご覧下さい。 画像つきですので、私の説明よりわかりやすいですよ!

次はThunderbirdにGoogle Readerで購読していたRSSを読み込ませます。

先ほど作ったRSS用アカウントを右クリックするなどして、フィードの購読・管理画面を出します。 「購読」とか、「購読するブログやニュースを管理する」とかそういう表示になっているかとおもいます。

ここでは「インポート」を選択し、先ほどダウンロード及び解凍して出てきた「subscriptions.xml」を指定すれば、後はThunderbirdが各フィードを読み込むのを待つだけです。

※こちらも、ブログとニュースのフィード | 使い方ガイド | Thunderbird サポートにて画像つきで説明されています。

ちょっとした初期設定

これでThunderbirdでRSS購読ができるようになりましたが、このままだとちょっと問題がありますので設定を変えていきます。

「アカウント設定」を開いて、新着記事を確認する間隔をお好みの時間に指定した後、その下にあるメッセージの保存のところにある「終了時にごみ箱を空にする」を一応チェック。 容量が心配なら、メッセージの保存先も変更しておきましょう。

続いて「ディスク容量」を開いて、古いメッセージの自動削除を指定しておきます。 これを設定しておけば、恐らく、古いフィードは指定した期間後は表示から消えていくはずです。

スター機能を使うのであれば、スター付きのメッセージを残す設定にしておきましょう。

更に、「ツール」から「メッセージフィルタ」を指定して、対象アカウントをRSS用アカウントにしたらフィルタを新規作成。

わかりやすいフィルタ名を入力し、条件を「いずれかの条件に一致」にして、フィルタ条件をお好きなものを入力しておきましょう。 動作は「削除」でいいでしょう。 そうすると、例えばRSS広告を自動で削除してくれたりします。

例:
「件名に 次を含む PR:」とした場合は、「PR: なんちゃらかんちゃら~」という記事が表示されなくなる(はず)。

スマホ関係のブログを読んでいるけど、iPhoneだけの話題がほしい。Androidは持ってないし興味がない……という場合は「Android」とか入力しておくとノイズが減るかもしれません。

最後に「受信」をクリックして、既読・未読全て受信しておきましょう。 そして、全て既読にしてしまいます。

タイミング的に本当に未読のものも既読になってしまいますが、そのあたりはGoogle Reader本体でチェックするなどして、うまいことチェック漏れを防いで下さい。

後は、新着フィードがある度に受信音が鳴ることになるので、フィードチェックの間隔も考えつつ、最適な受信音にするなりしておけば、一連の作業は終了です、お疲れ様でした。

他のRSSリーダーサービスでもいいけど……。

例えば、livedoor Readerでも問題なくチェックは出来ると思います。 しかし、個人的に既読になるタイミングとか未読数の同期タイミングとかが好きじゃないので、Thunderbirdにした次第です。

何よりもブラウザを開きっぱなしにする必要もないし、改めてRSSチェッカーの類をインストール必要するもないので気楽です。 使い慣れたThunderbirdをそのまま流用できるというのもポイント。

個人的に大きかったのはメッセージフィルタですかね。 このおかげで、PR記事の非表示や某大所帯アイドル関連の記事を目にしなくなっただけでも、むしろGoogle Readerの時よりも精神衛生上は良くなったんじゃないかと思います。

ネックとしては、スマホでの閲覧管理ができないことでしょうか……まぁ、私の場合はほとんどスマホで読むことがないので、あまり問題にはならないかもしれません。

とりあえず暫くはこの環境でRSS購読をしてみようと思います。 多分、他のRSSリーダーに乗り換えることはないでしょうけどね!

本記事公開の4日後……。

すぐ上で「他のRSSリーダーに乗り換えることはない」とか書いておきながら、乗り換えることになりそうです。

他のブログなんかでも「Feedly」が推されていますので、せっかくだからと導入してみたんですが……やや、癖があったりしますが、Google Readerと遜色ない利用が可能そうです!

未読件数の表示もGoogle Chromeのエクステンションで可能ですし、これならスマホとも同期が取れます。

ただ、この場合フィルタが使えないので、PR記事や某大所帯アイドルの記事も表示されてしまいますね。 どうにかならないかしら。

一方のThunderbird利用の方は、ノイズはないものの、やはり操作性と受信音の関係でつかいにくい結果に。 少なくとも、数十以上のRSSを購読している人には不向きでしょう。

他方、厳選された数ブログのチェックにしか使わないのであれば、Thunderbirdの方がコンパクトに済んでいいと思います。 使い方次第ですね。

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

『「Google Reader」が終了するらしいので、「Thunderbird」でRSS管理することにした』へのコメント

  1. 名前:えびちゃん 投稿日:2013/03/15(金) 22:02:13 ID:262b913c3

    なんと!自分もサンダーバード使っているのに、そんな機能があるなんて知りませんでした!
    明日早速チェックしてみます。要らない広告が多くて、配信停止しても次々来るような気が…

    • 名前:壬生狼 投稿日:2013/03/15(金) 22:21:04 ID:3e60b69d8

      偉そうに書いていますが、私もちょっと前に知ったばかりでございます!
      あまりにも広告ばっかり打ってくるなら、フィルタを使うより購読解除したほうが手っ取り早いでしょうねぇ……。

  2. 名前:えびちゃん 投稿日:2013/03/16(土) 18:31:13 ID:73cfc2109

    楽天で買い物すると以前解除した広告がまた来るんですよ!購読しないにチェック入れても違い広告が来たりで。でも頑張って配信停止しまくってみます(^-^)/ヤフオクのストアから買うと広告が来ますよね(^o^;)
    ほっといたら増えていました(ToT)

    • 名前:壬生狼 投稿日:2013/03/16(土) 19:10:57 ID:b37a115c5

      ああ、メールの方でしたか。

      楽天はスパムメールの総本山ですからねぇww 買い物しないのが最善ですが、してしまった場合は……なんか、わかりにくい手段で解除できたような。 あくどいですよね、わかりにくい・完全に配信停止にならないって。

      ヤフオクを含め、Yahoo!系列もあんまりいい印象はないですね。 あの手のサービスは捨てアドで回すのが一番いいと思います! Yahoo!メールもスパムの格好の餌食ですし、もうちょっとなんとかならんのかなぁと思いますね。

      とりあえず、フィルタ機能でゴリゴリ自動削除して行きましょう!