祝・PS生誕20周年。 そして祝・モンスターファーム2配信!

20周年ですか……いやぁ、私も歳をとるものですなぁ。

12月3日は初代PSの発売日ということで、20年の節目にあたる昨日、アワードとともにお祝いしたんだそうです。

で、20周年記念ということで様々なキャンペーンやら、フリープレイ大量放出(あのPS4版KILLZONEなどが登場!)やらでおおいに沸いたものですが、個人的にはなんといっても絶望視していたモンスターファーム2(以下、MF2)がゲームアーカイブスで配信されたことが最大のサプライズでした。

スポンサーリンク

今でも面白い! ハマる!! モンスター育成ゲーム

MF2はテクモ(現コーエーテクモゲームス)から発売された、モンスター育成ゲームの第2作。

前作も「CDからモンスターが生まれる!」という画期的システムが話題となり、本作は大量に増えた魅力的なモンスターとあらゆる方向に進化したシステムなどが評価され、シリーズ最高傑作の呼び声も高い作品です。

私もシリーズはMF2で入ってPS2やGBAのものまでやりましたが、やっぱり2が一番好きで、現在家にある数少ない初代PSゲームディスクの一枚がMF2だったりします。

かねてから事あるごとに「配信されないかなーでも無理だろうなー」と期待と諦観がないまぜになった思いを持ち続けていましたが、奇しくも先日、Twitterで知人とMF2談義にちょっと花を咲かせた矢先にコレですから、もう運命を感じざるを得ません。 即購入しました。

うわあああああああああああああああああああああああああ懐かしすぎるううううううううううううううううううううううううううう!!!!!

そしてやはりコルトかわいい。

久しぶりにブリーダー診断をやりましたが、以前選んでいた選択肢とは異なる選択肢を選んでいたあたり、私も歳を重ねたことで心境や考え方に変化があったのだなぁと思うと感慨深いです。

たいていの思い出のゲームはOPとかプロローグを終わらせて満足して再び積むのがお約束でしたが、本作に限っては「もう一度遊びたい!」と思いつつもPS3などで遊ぶのは腰が重かったタイトルですので、PS Vitaでしばらく遊ぶことに。

と、ここで疑問が。

当然、PS Vitaで遊ぶ場合はCDからモンスター再生なんてできるはずもなく、注意書きにも「本編の進行のみ可能です」とありました。

しかし、PS3で遊ぶ場合には今までどおりCD再生できるので、例えば、CD再生するときだけPS3で遊ぶのはどうかな?と思ったのです。

ただ、セーブデータの変換とかしてくれるんだったか忘れましたし、コピー≒バックアップという考え方だとPS3にコピーしても使えない気もするので、とりあえず今回は試していません。 PS3でやるのもめんどくさいし。 PS4での対応はよ!

っというわけで。

最初に育てるのはブラッディJでもサンダーVでもなく、ウィオラさんが営むマーケットでタダでもらえる……この子!

モッチー!

やっぱり最初はモッチーでしょ。 なんといってもアニメ版でもメインだったし、私がMF2で初めて育て、喜びも悲しみも分かち合ったのも、モッチーだったのだから。

名前?ああ、「もち」で。

度々引っ張りだして遊んでいたとはいえ、最後に遊んだのもいつだったか。 そんなレベルで色々忘れているので、感覚を思い出す意味でも、今後の下地を作る意味でも、もちには頑張ってもらいましょう。 コンゴトモヨロシク。

ではファームの方へどうぞ、もち様。

出たwww 遊び好きwwww

そうでした、モンスターは個体ごとに好き嫌いがあるのでした。 この子……もちの場合はジャガもどきが嫌い。 10Gで買える最安のエサを与えなければいいので、特に問題はなさそうです。 生後しばらくはミルクもどきを与え、2~3ヶ月くらいでゼリーもどきにチェンジすればいい、かな?

このあたりでいちいち間引くのもかわいそうだし、面倒くさいので、この子でいくことにします。

とりあえず目標は……、

この大会! グレードも低いので、運が良ければ優勝もできるんじゃなかろうかと。

あおぞら杯に向けて、もちを鍛えていくことにします。 ただ、生まれたばかりなので、訓練の成功率は低いわ能力上昇率低いわで前途多難。 忠誠度も低いし。

訓練を失敗したりサボったりした時は叱ることができる。 叱るとスパルタ寄り、叱らないと溺愛寄りになって能力上昇率や寿命にも影響していく。

最初の失敗は「まぁ、赤ちゃんだし仕方ないよね」っということでお咎め無しということにしましたが、二回目ではしっかり叱りました(鬼)

そんなこんなで一ヶ月などあっという間に過ぎ去り、生後わずか一ヶ月で大会へ! なんと無謀!!

ああ、いたいた、リオーン。 このくらいの相手だと、ほとんど育っていない我らがもちでもいい勝負ができます。

しかし、当然ながらグレードEの壁であるオクレイマンには手も足も出ず撤退! やはり早すぎたか……。

だがこれはある程度予測済み。 さぁ、アイツラを蹴散らすべく訓練と修行あるのみですよ、もち様!

序盤は50%OFF期間中に修行に送るスタイル。 ライフ微増+修行場指定の能力大幅増&技習得のチャンスだが、ケガなどのリスクも。

通常2000Gのところ、時折1000Gで修行を受けられることがあるので、これを活かしてもちを修行へ。

まずは大ダメージ技を、と砂漠へ送るも……まだ幼すぎたか、能力上昇もイマイチで技も覚えずに帰還。 さすがに叱りはしなかったですが、早まりすぎて無念。

めげずに鍛え続け、次の目標としていたアルテミス杯にて……、

初優勝! 賞金も、杯(売ってもそこそこ高い)ももらえるし、非常にウマー

ある程度勝てる感じになってきましたが、まだまだ安定感はないので、資金稼ぎと強化を中心に行っていきます。 さすがに縛りプレイをしたり、モッチー一代で四大大会出場!とかは私にはできないので、土台作りをば。

なんか泥人形(?)くれたり、

おねだりに付き合って雪合戦したりしながらも鍛えて……、

ちょうど生後1年目で公式大会にて優勝! いやーよかったよかった。 溺愛まっしぐら。

続けざまに送られてくるIMaとFIMBA対抗戦の予選のお知らせ、そして招待状! もう、こうなったらやれるだけやってやろうぜ、もち!!

大会では1の助手だったホリィと会えますね。 残念ながら私は1はやったことがないし、アニメでしかホリィを見たことがないわけだけれども、どうあってもコルト派なので負けてやる義理は一切持ちあわせておらぬ。

サブがゲルのライガーが相手か、不足なし!

っということでトントン拍子で代表入りと大会出場を果たしたもち。 さすがに敵も公式戦の相手よりは少し強く、ヒヤッとする場面もあったものの勝利。 あとは、他の代表が勝ってくれれば……。

なんとか勝利! IMa側の優勝ということになりますね!! やったー!!! (なお、グレードS・Aは敗北していた模様)

マーケットでタダで取引されていた、まじりっけなしのモッチー、大躍進の瞬間でありました。

こうやって思い出を作っていくと、どんどんモンスターに愛着が湧いてくるんですよね、このゲーム。 別段伏線や機知に富んだセリフがあるわけでもなく、壮大な物語があるわけでもないのに、こんなに心に残るというのはやはり思い出の力なのでしょうか。

そんなこんなで、ちょっとだけ遊ぼうと思いつつなんだかんだ結構遊んでしまい、

現状こんな感じ。 早くもピークは過ぎたっぽいので、あとはステータスを適当に伸ばしつつ、第二世代育成の土台作りですかね。

またマーケットでモッチーをもらってきて、それを育て、このもちと合体させて、より強いモッチーを……というのもアリかもしれません。

っというわけで、ひとまずここでプレイ終了。

それこそ、まだ未開封のDragon Age: Inquisition(評価は概ね高いみたいですね!)だとか、妖怪ウォッチ(一作目)だとか、プレイするべき面白そうな新作が手元にあるというのに没頭してしまったMF2。 今遊んでものめり込んでしまいますね。

600円くらいで相当遊べるので、興味がある方は是非に。 最初は攻略情報とか全く調べたりせずに、手探りでモンスターを育ててみると、よくも悪くも思い通りにならなくて、でもそこが楽しめる、ハズ!

まぁCD再生できないと面白さが大幅に損なわれるわけなんですけれども、PS3さえ持っていればその辺もクリアできそうなので、オススメであります。

モンスターファーム2™ | PlayStation®Store 日本

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。