「地球防衛軍 3 PORTABLE (EDF3P)」 レビュー

地球防衛軍 3 PORTABLE

シンプルシリーズから独立を果たした、D3パブリッシャーの人気シリーズ「地球防衛軍」、第三作目のPS Vita移植作品。

プレイヤーは地球防衛軍(EDF)の一人となって、地球侵略を企む異星人「フォーリナー」から地球を守るのだ!

移植にあたって本来は存在しないはずの「ペイルウイング」が使用可能になったり、アドホック通信を用いたマルチプレイを搭載。シンプルさはそのままに遊びの幅は広がった印象です。

 icon-smile-o ここがイイ!

  • 手軽に爽快感溢れる、大暴れができる。かといってヌルゲーではなく、高難易度設定下では鬼畜そのもののプレイも可能。
  • 陸戦兵とペイルウイングではプレイ感が異なるため、同じミッションでも新鮮な気持ちで挑める。
  • 武器収集や鬼畜な最高難易度「Inferno(インフェルノ)」などやりこみ要素が豊富。
  • 全体に漂うチープさは良い方向に影響している。
  • EDF隊員のセリフはお馴染みのクオリティ。
  • マルチプレイもかなり快適で、気楽に参加できる点が○。

 icon-meh-o 微妙・惜しい

  • ひたすら敵を倒し、武器を拾う&体力上限をのばすというシステムなので、プレイごとに新鮮味を求めるプレイヤーはすぐに飽きてしまうかも。逆にいい武器を手に入れるというハクスラ的な喜びを知っているなら長いこと遊べる。
  • 乗り物の操作感がちょっとイマイチ。旋回にクセがある気がする。
  • クオリティの割には価格が高い印象。元がシンプルシリーズだけに……。

 icon-frown-o ここがダメ!

  • 全体的にAIは敵味方とも今一歩という印象。
  • やや、読み込みの入る頻度が高い。
  • プレイ中の視点固定(イベント注目)は高難易度では死活問題であり、あまりよろしくない。
スポンサーリンク

詳細

本作は群がる虫などを銃器で撃ちまくって倒しまくる、小難しい操作が必要なく爽快感を味わえるTPSと言えます。

適当にアリの群れにアサルトライフルで突撃して掃射してもいいですし、ちょっと離れた場所からロケットランチャーでまとめてふっ飛ばすのも気持ちいいです。とにかく、面倒臭いことを考えずに無心に楽しめるのがウリの一つです。

無論、終始そんな感じのヌルゲーではなく、ミッションも終盤へ近づくと対応しきれないくらいの物量で攻めて来たりと、しっかりと難易度は順当に上がっていきます。

また本作ではHard、Hardestの上にInfernoという超高難易度モードがあります。このモードでは爽快感なんて一切ありません。敵の一撃は全て致命傷、攻撃も激しくなり、弾幕も厚くなり。かなりのキャラ強化と強武器収集、そして熟達が求められるモードです。

以上からTPSやアクションに不慣れな人から、熟練者まで幅広く楽しめるのがこの「地球防衛軍」というゲームなのです。

なお武器は数百種類が用意されており、実用的なものからほぼネタ武器のようなものまでたくさん存在します。これをコンプリートするのもやりこみ要素のひとつでしょう。

シンプルさと単調さとのはざま

このゲームのシステムはいたってシンプルです。ミッションが始まったらただひたすら死なないように出てきた敵を倒すだけ。合間にアイテムを回収して体力の上限を上げる(ミッションクリア後に上昇)か、新たな武器を得るか……それだけです。

このシステムが1プレイ辺り短めにミッションが組まれていることで、単調ながら飽きのこない作りにはなっているのですが。とはいえ、マップの種類もそこそこあるとはいえ、あまりにも代わり映えしなくて飽きてしまう人もいるかと思われます。
※高難易度ミッションに挑んでみれば印象も変わりますが。

ですので飽きやすい方はガッツリとプレイよりも、何かの合間合間にチマチマとプレイするのもありかと思います。武器収集などは特にハクスラ的な楽しみ方をするためのものですし、そうすることで本作の寿命は飛躍的に伸びるでしょう。

もしハクスラ的なものに惹かれるのであれば、特に意識せずとも長く楽しめる作品です。

敵味方ともAIの出来が残念

本作で唯一残念に感じたのはAIの出来でしょうか。

まず味方の挙動としては、地底のステージだとあまり役に立ちません。壁の有無を無視して常に敵をターゲッティングしている始末です。別にリアル路線のゲームじゃないのでいいんですが、いざというときに戦力外になる可能性も……?

敵のAIというかルーチンも気になります。

なぜだかわからないけれど1,2匹だけとても遠くの方でウロウロしていたり、戦闘機系の敵がただひたすら高高度で旋回しているだけで攻撃しにくかったりと、「最後の最後でめんどくさい!」と思ってしまう挙動を取ることがちらほらありました。

せっかくのサクサクテンポがミッションの終わりで一気に崩れてしまって、移動するにも倒すにも徒労感が強く感じられます。毎回起きるわけではないですが、かといって確率も低くはないと感じました。

総括

期待通りか、それ以上の完成度で楽しく遊べるタイトルになっていました。

上では触れていませんでしたが楽曲も意外と完成度が高くなっていたりと、2よりも全体的な進化が目に見えて見られました。グラフィックも決して綺麗じゃないけれど、愛着のわく印象を受けるのは相変わらず。

2の近未来なのに昭和的な演出や楽曲も好きだったのですが、正統な形で本作にも残っている部分はありますし、シリアスなんだけどバカゲーな本作は独特の輝きを放っています。

息抜き用にもマルチプレイ用にもなる一品ですので、迷っているなら手にとってみるのが良いかと思います。最新鋭の技術を投じていなくても楽しめるタイトルはあるのです。

さああなたも「俺をここから出してくれぇ~!!」と叫びましょう!EDF!EDF!

それにしてもペイルウイングのイラスト、ずいぶんムッチリしてますね。うん、いいね!

地球防衛軍3 PORTABLE:EDF3P


書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
スポンサーリンク

『「地球防衛軍 3 PORTABLE (EDF3P)」 レビュー』へのコメント

  1. 名前:まるお 投稿日:2012/10/01(月) 21:27:00 ID:36bc1b942

    想像以上によくできていましたねぇ~
    以前にもちょっと言いましたが、フルプライスが許されるのかは少し微妙なところではありますがw

    久々に気軽に遊べるバカゲーの登場ですね!
    マルチに至ってもかなりテキトーな感じで緩く遊べそうですね。

    AIに関してはあれらしいですよ。
    ミッションクリアしたときに最後に残っているのは自分だけという、ある種のヒロイックな気分を味わうための結果があの強さなのだとかww(噂)
    もっとも、高難易度であんな即座に消えられたらたまったものじゃないんでしょうけどね(´・ω・`)

    とりあえずペイルウィング使えるようになりたいです(`・ω・´)

    • 名前:壬生狼 投稿日:2012/10/01(月) 21:53:34 ID:168ca662f

      そうですな~
      幸い「金返せや!」っていうクソゲーではないので
      割高感はあってもそれほど不満でもないわけですが(・∀・)
      手軽に結構長く遊べるタイトルなので、
      そのへんも含めて価格分+αは楽しめるかなと!

      そんな噂がww>AI
      操作キャラのアレは英雄的というよりも怪物的なタフさだと思うんですがね。
      いずれにせよ、低難易度でアレなので高難易度では肉壁にすらならないでしょう……。

      ムチムチペイルウイングは君を待っているよ!