こちらで更新継続中。「三国INFINITY」&「戦国幻想曲」 レビュー

「三国INFINITY」&「戦国幻想曲」 レビュー

三国INFINITY戦国幻想曲二種類の作品を同一記事内でレビューすることになるとは……。私のレビュー史上初の作品が登場です。その名も「三国INFINITY」と「戦国幻想曲!」

本作品は三国モノもしくは戦国モノに登場する武将らを美化あるいは女性化したイラストを用いたカードゲーム。自由にデッキを構築して高みを目指す……というものです。

で、なぜこの二作品を同一記事で扱うかといえば、”表面だけすげ替えたコピペ”だからです。

もうそれだけで評価はお察しですが、内容自体もイケていません。

 icon-smile-o ここがイイ!

  • 特になし。

 icon-meh-o 微妙・惜しい

  • イラストレベルはレアものはイイモノがあったりなかったりだが、それ以下のものは……。

 icon-frown-o ここがダメ!

  • ほぼ変わらない演出、UI、テキスト。三国か戦国、どちらか興味がある方をひとつやれば、もう一方はプレイする必要皆無。
  • にも関わらず、戦国の方が挙動のパフォーマンスに劣る印象。コピペなのになぜ?

詳細

もう、ここまでのレベルで「同じ」だと何も言うことが無いです。

私がプレイした当時では、もう、何から何までほとんど一緒。演出やシステムなど、流用どころではなくコピペです。両者の違いといえば三国か戦国かの表面的な部分だけ。

これが他社同士の作品だったら、もっとひどかったわけですが、幸い(?)両作品とも同じデベロッパの作品です。

システム自体も他の同系タイトルと比較して斬新なところもなく、あまりにもクリエイティヴィティ(創造性)に欠ける作品です。

驚いたのはどこまでも同一なタイトルなはずなのに、やや戦国の方が挙動がイマイチ不安定だった点。サーバー状況が関係していたのかもしれませんが、コピペ作品なのにどうして差が出るのか不思議だった記憶があります。

総括

すでにあなたがソーシャルカードゲームをプレイしているなら、本タイトルは決して新たな体験を提供しないでしょう。

私も某タイトルをプレイしていて連鎖的に本作をプレイしましたが、10数分プレイしただけですぐさまアンインストールしました。今思えば、その10数分すら無駄だったかと思います。

今となっては三国・戦国をモチーフにしたタイトルは多くあり、そのいずれも没個性的なものとなっています。ですので、イラストの好みで決めるくらいでちょうどいいでしょう。

本作でなければならない理由はどこにもないのですから。
※もはやどのタイトルが先か後かは問題ではないです。

エロいアイコンなどで目を引いたところで無駄ですよ?

三国INFINITY – Google Play の Android アプリ

戦国幻想曲 – Google Play の Android アプリ

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。

スポンサーリンク