こちらで更新継続中。「rain」 レビュー

「rain」 レビュー

ソニー・コンピュータエンタテインメントが贈る、静かで不思議な物語。

雨が降りしきる夜の街で、少年は少女と出会う。 そして気がつく。 少女も、自分も――そして、街を徘徊する恐ろしい魔物も、姿が見えないことに。

この世界からどうすれば抜け出せるのか。 少女を追いつつ、少年はその道を探す。

雨が常に降る街中を、敵をかわしつつ進んでゆくステルス系アドベンチャーです。

ゲームのシステムや謎解きは複雑すぎるわけではなく、むしろシンプル。 それだけに、ゲームの世界が醸す雰囲気や美しい音楽に没入できます。

美しく、どこか切なく、そして感動をもたらす……そんな作品です。

 icon-smile-o ここがイイ!

  • ゲームが放つ雰囲気。 雨、近代ヨーロッパ風の町並み、クラシカルなBGMがとても美しくマッチしています。
  • ICOを思わせる、少年と少女の物語。 ドラマティックな演出ややりとりこそないけれど、そこには確かな絆を感じることが出来ます。
  • 敵の追撃は適度な緊張感をもたらしていますし、ギミックもほどよい簡単すぎず難しすぎずで多くの人が楽しめるスパイスに。

 icon-meh-o 微妙・惜しい

  • 全体的にマップが暗めであること、操作キャラ(少年)が目視できない場面があることに加え、ごく一部にマップ構造的に進路がわかりにくい部分があるなど、クリアに影響がないレベルで視認性が悪く感じる部分も。
  • ストーリーや設定が余り語られない(少なくとも一周目は)ので、余白・余韻があると受け取るか、説明不足と受け取るかで評価が少々分かれるかも?

 icon-frown-o ここがダメ!

  • とくになし。
スポンサーリンク

古典的ボーイ・ミーツ・ガール。 だがそれがいい。

本作はまごうことなきボーイ・ミーツ・ガールで、主人公の少年が雨降りしきる夜に、魔物に追われている少女と出会うことから物語が始まります。

そしてゲームでは様々なギミックを駆使して魔物の追撃などをかわしつつ、少女を助け、時に助けられながら、この悪夢のような世界から脱出しようと試みていくのです。

このありきたりの設定に“雨”という要素を組み込んだことで、本作はとても素敵な作品になっているのです。

主人公、少女、そして魔物は基本的には姿が見えません。 しかし、この“雨”にうたれたり、泥の混じった水たまりに足を浸してしまうことで、その姿や居場所がわかるというシステムになっています。 このシステムを活かしたステルス行動やギミックの攻略がメインとなります。

さらに、“雨”はシナリオ部分でもいいエッセンスになっています。

少年ははじめから少女の存在・姿を確認できているのですが、少女の方はなかなか少年の存在に気づいてくれないんですね。 近くにいても、たまたま姿を確認できなかったりして。

そうして少年(=プレイヤー)はもどかしい思いをしながら、少女に知られず逃走の手助けをしてあげたりしながら進んでいくんですが、それでもすれ違いがあったりして、ちょっと切なくなったりします。

それだけに、少女が少年の姿に気が付き、やっと会えた時……や、逆に少女が少年を助けてくれたりするととても嬉しいんですよ。 うまいこと乗せられてるな、と思いつつも二人に感情移入してしまいます。

そんな彼らの物語の結末も、まぁ、それほど驚きがあるわけじゃありません。 しかし、それがいいのです。 何故だかわかりませんが、懐かしさと切なさ、そして暖かさを感じることになるでしょう。

やはりICOを彷彿とする。 でもICOとも違う。

遊んでいて思ったのは、往年の名作アドベンチャー、ICOに通じるものがあるな、ということです。

あちらも少年が少女を助けながら活路を見出していくという部分が共通していますし、ギミックなんかあるあたりもそれを彷彿とさせます。

しかし本作がICOと異なる特徴・魅力があるのもまた事実なのです。

ICOは少年が少女を助け・守るというスタンス・デザインでしたが、こちらはどちらかというと力を合わせて切り抜けていくというスタンス・デザインなのです。

それゆえ、少年は魔物に立ち向かう術・武器など持っていません。 ひたすら魔物から逃げ隠れしたり、少女を助けながら、突破口を探っていきます。

一方の少女は手を引かれてついていくだけではなく、彼女もまた自ら突破口を見出し……少年のピンチには脱出の手助けをしてくれることもあるのです。

つまり、高所に少女を昇らせるために肩車してあげるとか、ダッシュ時に若干少年の方が足が速いとか、そういう程度の差こそあれ、少年と少女はほぼ対等の関係にあるんです。

これが庇護関係のICOとは異なる、協力関係というrainならではの魅力と体験が可能となっているんですね。 私としては、(もちろんICOも大好きな作品ですが)rainの協力関係の方が魅力的に感じられました。

BGMも秀逸。 ピアノが美しい。

本作の魅力はBGMにもあります。

本作のテーマ曲ともいえる、Debussy(ドビュッシー)の「Clair de Lune(月の光)」が美しく染み渡り、少年少女の逃避行をストリングスが印象づけ、迫り来る脅威を怪しげなメロディーが緊迫感を与えています。

いずれもクラシカルないしモダンクラシカル・エレクトロニカな味わいを持っており、プレイ中はこれらの楽曲と雨の音が静かに響き渡り続けていきます。

エンディングで流れる「Clair de Lune」のヴォーカルアレンジでは、Connie Talbot(コニー・タルボット)というイギリスの歌手が歌っています。

彼女、まだ少女と呼んで差し支えない年齢ですが、私の涙腺を崩壊させるほどの歌声を秘めていました。 透き通った、少女特有の歌声。 まさに天使の歌声と呼べるもので、元曲の良さを殺すことなく更に感動的な“歌”に昇華していました。

これまでのいきさつを思い浮かべつつ、彼女の歌声を聞いていると、自然と涙が頬をつたいました。

サントラに収録されるのかわかりませんが、是非とも改めて聞きたいところです。

※感動をぶち壊すような余談になりますが、ゲーム本体が1,500円なのに対し、サントラが2,500円ってどうなんですかね……。 いや、買いますけどね? ええ、ええ、買わせていただきますとも!

総括

もう一言で言って、オススメです。

私は同型(?)作品の風ノ旅ビトやらUnfinished SwanやらDATURAやらが大好物なんですが、案の定、本作もお気に入りになりました。

本作の魅力はもうこれまでに書いてきましたので改めて書きませんが、“雨”を題材にし、身も心も冷えきる悪夢のような世界に迷い込んだ少年少女の物語にもかかわらず、結末は暖かな感動に身も心も包まれている作品であることは、今一度お伝えしたいところです。

付け加えるなら、少年少女は魔物の攻撃で即死(ゲームオーバー)ということなんですが、リトライもすぐできますし、謎解きも答えに近いヒントが出されることもあって、ゲーム慣れしていない人でも頑張ってクリアできる難易度なのもポイントです。

更に、クリア後は“記憶”集めが可能で、一周目では何もなかったポイントに光の玉が現れ、それに触れることで少年や少女の“記憶の断片”を知ることが出来ます。

トロフィー獲得に関係する他、この“記憶”は本作をもっと味わうためのTipsでもあるので、本作が好きになれたのなら是非ともすべて確認したいところです。

価格は1,500円、プレイ時間は数時間というコンパクトサイズなので、休日にじっくりと・一気にプレイされるのがよいかと思います。 美しく、切なく、懐かしく、暖かで、素敵な物語を是非。

rain | Sony Entertainment Network

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする