こちらで更新継続中。前作から大幅退化を果たした「貞子3D2」を見たよ。 ジャパニーズホラー is dead。

前作から大幅退化を果たした「貞子3D2」を見たよ。 ジャパニーズホラー is dead。

B00GX1114E

いやーこれはひどい映画ですね。 ひどさで言えば前作超えです。

貞子3Dのひどさはすでに知っていたので、今回見るにあたっても覚悟を決めていたつもりだったんですが、覚悟が圧倒的不足していたようです。

端的に言えばいいところのないゴミ映画です。

スポンサーリンク

前作、貞子3Dは?

ひとまず、前作のお話もちょろっと。 ネタバレ多少あり。

貞子3Dは久々に公開されたリングシリーズ最新作……とはいっても完全オリジナル作品で、現在に則したアレンジを加えた内容になっています。

ただ、監督はホラー畑の人ではない上、脚本の電波で薄っぺらさと強力なタッグを組んだ結果、シリーズ最高のコメディアクション作品となったのでした。

※ネタバレありの前作レビューは「「貞子3D」 レビュー」をどうぞ。

怖くないどころか数々の笑い(というか苦笑)を届けてくれ、石原さとみによる強烈なシャウトと鉄パイプを使ったCOOLなアクションを披露してくれた、モンスターパニック系コメディアクションです。

そんな貞子3Dの続編ということで、今回はどんなトンデモ設定と展開で笑わせてくれるのかな?とそちら方面に期待して見たのですが……どうやらこの貞子3Dシリーズは期待を裏切るのが好きらしく、完全にそういった部分はなくなっていたのでした。

それだけならまだしも……全体の出来も前作以下ということで、本当にひどい作品になっています。

ストーリーが、「わけわからん・怖くない・つまらない」

前作の内容的失敗を反省したんでしょうかね。 今回はジャパニーズホラー的な演出や空気を多少取り入れたようです。

しかしながら、根本的な問題として“ジャパニーズホラーの怖さとはなにか”がまだよくわかってないようで、相変わらず音でびっくりさせたり、とりあえず部屋暗くしたりしている程度でたかが知れています。

むしろ、「いや、電気つけろよ! 暗い部屋でPCとか操作してたら目悪くなるだろ!!」とツッコみたくなるような、自然さよりも製作の都合を優先しているあたり、技量の程度が見えてしまいます。

んでもって、本作の骨子となるストーリーも、なんだかよくわからんというか、絶望的につまらないので興味も持てないというか、再生時間のほとんどを退屈さと苦痛に耐える精神修行として過ごさねばなりませんでした。

このあたりの原因になっているのが、音量バランスのクソさだと私は考えます。

音量バランスのクソさは致命的。

本作の音量バランスは邦画に多い気がするんですが、とにかくまぁバランスが悪い。 効果音とかはやたら大きいくせに、セリフはボソボソと何言ってるか聞き取れません。 これこそが、先に挙げたストーリーの欠点の多くの原因となっています。

まず、効果音の大きさ。 これは単に、びっくりさせるためにデカめにしているんでしょう。 つまり、画面の暗さと音でしか怖がらせることができないのです。 というわけで、最初の1,2回びっくりしたら、あとはもう「あーはいはいまたですか」で終わります。 怖くない!

逆にストーリーを知る上で重要なセリフの大半がボソボソボイスですので聞き取れず、ストーリーの理解をさまたげます。 ヘッドホンしようものならバカでかい効果音によって耳を殺されます。 イコライザいじればいい? そこまでして見る価値が本作にあるとでも?

つまり、驚かせようとしたがために音量バランスが崩壊し、結果的にストーリーへ観客を引き入れることに失敗しているんですね。 ほんとひどい。

こんな塩梅ですんで、ストーリーもただでさえしょうもない上に理解を妨害され、愚直に効果音ドッキリ作戦されても「うるせぇな」としか思えないわけです。 一体どこを楽しめといえばいいのですか?

もうなんでもありだし貞子のネームバリューに頼ってるだけだよね。

本作の呪いは動画からも離れ、スマホ・タブレット・PCなどのデジタル端末にシフト。 なんかよくわからんノイズが走ると、自殺させられてしまうような感じです。 場合によっては貞子ライクに髪が超ロングになって周りに襲いかかるような症例もあるっぽいです。

しかし、貞子そのものは出てきません。 それに類するものは出てますが。

そもそも、リングでは呪いのビデオが発端であり、それにまつわるエピソードも作品の魅力になっていたんです。

しかし、前作で呪いの動画になった上内容がしょうもなくなった(精神的恐怖を与える映像ではなく、男が愉快に悶えるだけ)上貞子がサイバーなんだかビーストなんだかわからんSとかいうダサい存在になり、今回に至っては動画ですらなくなんかそこかしこで人を殺せるし、デジタル端末なくても殺せるんじゃね?的な描写もあったりとどんどん個性がなくなっていってます。

ここまで来ると貞子のキャラクター性に完全に頼りきっていると言っても過言ではなく、事実動員数は相当なものだったようですが、評価は低評価が相次いでいるあたり、一般の目にしても本作はダメダメだったと目されているようであります。

そんな貞子もキャラクターというより概念化されてしまっていて、単なる殺意を持った呪いの権化くらいでしかなく、まぁそれはそれでいいとは思うんですけど、従来の貞子が持っていた強烈なキャラクター性を殺してしまうことになり、結局しょうもないC級のちゃっちいホラー映画もどきになってしまっているわけです。

貞子3D2といいつつ、もはや貞子の存在は露と消えているという、タイトル詐欺にも近い内容ですね。

誰にもオススメしない圧倒的駄作。

前作は、私のようなクソ映画好きにとってはコメディとして楽しめるのでまだよかったんです(一般層にはオススメしかねますが)。

しかし今作は前作にあった笑いなどが完全に削ぎ落とされていて、ダメな魅力すらなくなっています。 怖くない上にストーリーもよくわからんけどなんか人が死んでいくだけの映画もどきです。 そんな本作を誰にオススメできるというのか。

本作から得られるものは何もありません。 一時間と数十分耐え忍ぶ忍耐力はつくかもしれませんが、貴重な時間をそんな精神修行にあてる必要があるのか疑問です。 たとえテレビや衛星放送なんかで放映されるとしても、腰を据えて見る価値はないと言えます。

二度あることは三度ある。 仮に貞子3D3が作られるとしても、観客にとっては更に険しい修羅の道を往くことになるでしょう。 私? 私はまたレンタルで見ますよ。 かつてジャパニーズホラーの名を築き上げた名キャラクターが凋落し、徐々に個を失い、やがて死に至る様を見届けねばなりませんから。

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
スポンサーリンク