こちらで更新継続中。洋画 - Miblog

洋画一覧

「ゴーストバスターズ(2016)」見てきました。 往年のファン向けかも。

ゴーストバスターズ 2016 イメージ

劇場に行くほどか悩んだものの、結局、気になって劇場へ行って参りました「ゴーストバスターズ(2016)」。

過去作に対するオマージュを盛り込みつつ、しっかりと“リブート”はできたのかな~……といった印象で、名作にはならないまでも、十二分に楽しめる作品でした。

続きを読む


「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」見てきました。 悪いものではないけども……。

インデペンデンス・デイ: リサージェンス イメージ

シン・ゴジラのついでに見てきた本作(シン・ゴジラについては後ほど書く予定)。

前作が割と好きな作品だったんで、本作アナウンス時は「おおー!」となったもんですが、封切り後はあちこちから賛否(やや否定的意見が多い?)の声が上がっていて、期待しないで見よう……と胸に決めたのでありました。

そんなわけで鑑賞前の期待値はかなり下げて見たところ、そこまで悪くはないと思った一方で……前作ほどの魅力が不在かなぁ、と感じた次第でした。

続きを読む


「ムカデ人間3」を見たので、シリーズ通しての雑感など。

ムカデ人間 イメージ

ついに、あの胸糞CRAZY映画「ムカデ人間」の最終章を見る時が来ました。

Twitterなどではたびたび触れていたんですが、改めて長文にしたことはなかったもんで、今回いい機会だとシリーズ通しての雑感を書いてみようかなと思いまして。

まぁ、大したことは書いてないんですが、共通して言えるのは「これはひどい」。

続きを読む


「ナチス・オブ・ザ・デッド(原題: Bunker of the Dead)」見た。 ユルいゾンビFPSみたいな。

ナチス・オブ・ザ・デッド イメージ

たまにはこっちのブログも更新しようかね、ってことで、久々に映画の感想なんかを。

パッケ裏に書いてあった「POVとRPGの融合!」みたいな煽りに惹かれて借りてきた本作「ナチス・オブ・ザ・デッド」。 ナチスゾンビが出てきて、RPG……?とはどういうこっちゃ、ということなんですが、蓋を開けてみればユルユルなゾンビFPSみたいな風情がある映画でした。

続きを読む



アナと雪の女王の「Let It Go」をBetraying The Martyrsがデスコアカバーしてしまった模様

大ヒットディズニー作品にして、大ヒット曲であるアナと雪の女王(原題:Frozen)の挿入歌「Let It Go」。

その影響力たるやすさまじく、某デスコアバンドにカバーされてしまう程だったようです。 デスメタルでハードコアなLet It Goをぜひお聞きください。

続きを読む


「サイレントヒル:リベレーション(Silent Hill: Revelation)」 レビュー

 

コナミが発売している人気ホラーAVGシリーズ「サイレントヒル」の実写映画化作品・第二作目。

本編は前作の衝撃のラストから10年の月日が流れ、18歳の誕生日を迎えたヘザー(シャロン)を主人公として始まります。 夜な夜なサイレントヒルの悪夢を見続ける彼女は、父・ハリー(クリストファー)と共に名前を変えつつ各地を転々としてきていました。

そんな転校先でヘザーは、彼女と同日に転校してきたヴィンセントと出会うことをきっかけに、サイレントヒルとその闇に呼び誘われることになります……。

前作の退廃的で陰鬱でまさに地獄のような空気感を引き継ぎたかったのでしょうが、本作で描かれるのはありきたりなホラー的映像ばかり。 教団のカルト的な禍々しさ、闇の時間の臭気すら感じる空気感などは薄れ、眠たくなるようなビックリドッキリ系3流ホラーに。

ゲーム原作プレイ者はニヤリとできる場面があるそうですが、映画単体あるいは続編として見ても、そのニヤリポイントを含めようが含めまいがあまり評価できる内容ではありません。

続きを読む


Christopher Leeがメタルな2ndアルバムを出す模様です

 

洋画スキーなら知らない人はいないであろう、ベテラン名優のクリストファー・リーが、なんとアルバム(しかも2nd)を出す!?

齢90を数えるほどの高齢でありながら、ジャンルはRhapsody(of Fire)っぽいファンタジックなメタルというアグレッシヴさ。 生涯現役とはこのことだ!

続きを読む


「コリドー (原題:The Corridor)」 レビュー

 

森深い場所で起こる、謎の現象と惨劇! カナダ発のSF要素も含んだシチュエーリョンスリラー。

過去に錯乱して仲間に襲いかかったことがあり、精神病院に入院していたテイラー。 数年が経って退院できたということで、再びかつての仲間と集まった。

ぎこちなさはあるものの、少しずつ失われた時を取り戻そうとする彼らだったが、テイラーが森で“謎の空間”を発見したことをきっかけに、楽しい再会は惨劇へと変わってゆく。

うーん、雪深い森の奥の家屋で起こる惨劇とか、不可思議な空間とか、私好みのするモノがたくさん本作に含まれているのですが、どうもパッとしません。

それは本作が謎が多いままに終わるからなのか、内容自体がつまらないことによるものなのかも、イマイチ判然としません。 不思議な映画ではありますし、雰囲気はいい感じなんですが、面白いか・オススメかと言われると「うーん」と返さざるをえない作品です。

続きを読む


「パラノーマル・アクティビティ4 (原題:Paranormal Activity 4)」 レビュー

 

近年における低予算ホラー・POVホラーの火付け役である、パラノーマル・アクティビティ第四作目。 現在公開済みの作品では最も時系列的に新しく、2011年が舞台となっております。

消えたケイティ、奪われたハンター。 彼らがどうなったのか知る由はないが、それに関連すると思われる動画が見つかった……的な感じで本作が作られています。

今回はキネクトを使ったビックリ仕掛けや、ウェブカメラを利用して撮影者の顔を映しながら~というようなシーンが中心になっているものの、肝心の超常現象はいつもどおり。 音にビクッとなる程度で、面白みを感じる怖さというのはないです。

なのでビクッとなるシーンは時折あっても、生あくびが絶えないという不思議な現象がおきます。 ある意味これこそパラノーマル・アクティビティなんじゃないでしょうか。

続きを読む


スポンサーリンク