こちらで更新継続中。Android - Miblog

Android一覧

【2014-2015】年末年始に崩したゲーム: クリア・投了編

昨年末から今年の上旬にかけて実家に帰省していたわけなんですが、その間PS Vitaと3DSの積みゲー消化に尽力しておりました。

そこで、2回に分けてプレイしたゲームの感想やらなんやらを書いていこうと思います(一部、年末年始範囲外のものも含まれます)。

今回はクリア・投了編ということで、ひととおりクリアしたものと、様々な事情から途中でぶん投げたタイトルをご紹介。

驚きの長さです。

続きを読む




「運命のクランバトル」 レビュー

運命のクランバトル

SEGAとポケラボとで開発&配信中のカードベースRPG。仕様的には征戦!エクスカリバーに通じるところも。

イラストの平均クオリティも高めで、日に4回開催されている対人戦のようなものも搭載。一昔前の機種だともたつくものの、全体的に完成度は高め。

単調なタッチ操作に加えてフリックを入れたりと食傷気味なジャンル内でもがく様子が感じられますね。

それにしても三国INFINITYや戦国幻想曲と同じデベロッパとは……。やればできるんじゃないの!(SEGAのおかげ?)

続きを読む


「逆襲のファンタジカ」 レビュー

逆襲のファンタジカ

Mobageが配信しているタワーディフェンス系の作品。著名なクリエイターも参加しており、見た目も音声も雰囲気あるものに。

厳密なタワーディフェンスゲームと比較すると戦略性も低く、そこはソーシャルゲームだからなぁという印象もあります。と同時に気楽にプレイできるというメリットでもあるでしょう。

カード収集や強化といったカードゲーム由来のシステムもあるものの、プレイヤーが介入できる余地が広いため、他のありふれた作品よりはしっかりと”ゲーム”していますね。

続きを読む


「征戦!エクスカリバー」 レビュー

征戦!エクスカリバー

これの2つ前までのレビューに書いたソーシャルゲームがあまりにもひどいために、本作が輝いているように思えてなりません。

アバターを使っての着せ替え機能や、騎士団に所属しての団体戦などソーシャルゲームらしさに溢れたかなり”遊べる部類の”作品です。

プレイした当時でも改善すべきであろう点はいくつかあったものの、ゲームとして遊べないこともないので今後もそれなりに賑わいを維持できるのではないかと思った次第です。

続きを読む


「戦国女学園」 レビュー

戦国女学園

さぁ、一つ前の記事からの流れ作業ですよ。

こちらもダメダメな作品です。正直、レビュー書く必要があるのか?というレベル。

戦国モノを女体化したに飽きたらず、学園モノまでくっつけた模様。しかし♀×♀の百合的なアレコレを想像した皆様はご愁傷様。

ソーシャルゲームにシナリオを求めるほうが(現状は)間違いで、本作において学園モノを示唆する要素は皆無。

結局、そこらに転がっている戦国キャラを模した凡百のソーシャルカードゲームと何ら変わりないのです。

続きを読む


「三国INFINITY」&「戦国幻想曲」 レビュー

三国INFINITY戦国幻想曲二種類の作品を同一記事内でレビューすることになるとは……。私のレビュー史上初の作品が登場です。その名も「三国INFINITY」と「戦国幻想曲!」

本作品は三国モノもしくは戦国モノに登場する武将らを美化あるいは女性化したイラストを用いたカードゲーム。自由にデッキを構築して高みを目指す……というものです。

で、なぜこの二作品を同一記事で扱うかといえば、”表面だけすげ替えたコピペ”だからです。

もうそれだけで評価はお察しですが、内容自体もイケていません。

続きを読む


「あやかし陰陽録」 レビュー

あやかし陰陽録

Zyngaが贈る、現代和風ファンタジーカードゲーム。

プレイヤーは若き陰陽師当主となって街を浄化し、「あやかし」を行使して「あやかし」の起こす事件を解決してゆく。

今では毎日のようにリリースされている同系ゲームと基本システムは変わりません。しかし全体的に非常にレベルの高いイラスト、なかなか雰囲気のあるBGM、そこそここだわりを見せるシナリオ、そして登録不要な独立アプリという点が魅力。

続きを読む


スポンサーリンク