こちらで更新継続中。(2013年秋版)今デジ絵をはじめるなら、このツールがオススメ!

(2013年秋版)今デジ絵をはじめるなら、このツールがオススメ!

以前、目標&コストで考える、デジタルイラストに必要な道具の3つの選び方という記事を書いたんですが、一年前ということもあって状況も変化し、情報が古くなってきたので現在の状況でのツール/道具選びの参考にしてもらえそうな記事として書きなおしてみます。

スポンサーリンク

ペンタブレット

wacom Intuos Pen & Touch medium Mサイズ CTH-680/S0
wacom Intuos Pen & Touch medium Mサイズ CTH-680/S0

wacom Intuos Pen & Touch Comic medium Mサイズ CTH-680/S1
wacom Intuos Pen & Touch Comic medium Mサイズ CTH-680/S1

かつてのBambooであったIntuos Penシリーズと、

wacom Intuos Pro medium Mサイズ PTH-651/K0
wacom Intuos Pro medium Mサイズ PTH-651/K0

プロフェッショナルモデルという立場のIntuos Pro(これまでのIntuosシリーズに該当)のふたつの選択肢があります。

Intuos Penの方が安価で、さらに携行性を高めた小さい&安価なこちらのパッケージだと7~8000円ほどで買えてしまいます(ただしSサイズのみ)。

ただし、Intuos Penの方がIntuos Proに比べて筆圧検知能力に劣るという側面もありますし、ペンタブレットだけは無料で使えるわけでもないので、ペンタブレットくらいはお金をかけるべきかもしれないとも思います。

ちなみに、上に掲載したIntuos Penには付属ソフトがついており、上の方にはPhotoshop Elements(写真/画像編集・加工ソフト)が、下のComicを冠した方には次に紹介するCLIP STUDIO PAINT(ペイントツール)が付属するというお得なパッケージになっています。

ペイントツール

CLIP STUDIO PAINT PRO
CLIP STUDIO PAINT PRO

CLIP STUDIO PAINT PRO ASCII ガイドブックモデル
CLIP STUDIO PAINT PRO ASCII ガイドブックモデル

セルシス社のCLIP STUDIO PAINT一択でしょう(何故か、Amazonだとガイドブックモデルの方が安いので、とてもお得ですAmazonの在庫がはけ、割高になりました)。

かつては安価な上に軽量で、線画の美しさによりSAIが大人気となり今でも愛用者が多いのではありますが、開発状況が思わしくないというデメリットがありました。

その後現れたのがこのツール。 やはりペイントツールとしては安価な部類にもかかわらず、美麗な線画と軽快に動作するアプリケーションの完成度、そして線画のみならず着色や加工などひととおりのことができてしまうオールインワンなアプリケーションということで、期待の新ツールと言える逸品です。

アップデートもなかなか頻繁に行われていますし、公式での素材の充実や、同社別ツールとの連携で作業効率アップが見込めるなどの強みもあります。

なお、

CLIP STUDIO PAINT EX
CLIP STUDIO PAINT EX

という、上位版も存在しますが……こちらを無理に買う必要はないかと思います。 マンガのネーム作成などを行う場合はこちら一択になるかと思いますが、デジ絵ということであればProの方で十二分です。

※厚塗りやアナログな味を出したい場合は、このCLIP STUDIO PAINTでも頑張ればできますが……現状では、やはりPainter一択でしょう。 要求スペックも、技量も、お値段も高めですが。

画像編集/加工

Adobe Photoshop Elements 13 Windows/Macintosh版
Adobe Photoshop Elements 13 Windows/Macintosh版

すぐに必要になるとは思えませんが、名前くらいは誰でも聞いたことがありそうなPhotoshopの廉価版というか、下位モデルというか。

下位モデルと言いつつも多機能さはずば抜けており、これさえあれば多くの一般人や素人は満足できるものが揃っているかと思われます。 私はPhotoshop CS5 Extended持ってますが、機能の大半を使いこなせていませんからねwww

ただ。

このソフトですら機能を持て余す可能性もあります。 加工だけならば、(見劣りはするものの)フリーソフトやWEBアプリ的なものも最近では充実していますし、そもそも描き始めの頃は加工する必要性も薄かったりするのですぐに買う必要はなかったりします。

また、本格的にPhotoshopを使おうとすると、最新版は例のCreative Cloud利用が必須となっており、パッケージ版購入不可&月額制強制となってしまうので、お財布事情的にもハードルが高いです。

なので、最初はフリーソフト・WEBアプリに頼るか、そもそも使わない!くらいでも問題ないかと思います。 先のCLIP STUDIO PAINTなら簡単な加工もできますからね。

最適解は?

中々悩ましいところではありますが、トータルバランスでいくと、

wacom Intuos Pen & Touch Comic medium Mサイズ CTH-680/S1
wacom Intuos Pen & Touch Comic medium Mサイズ CTH-680/S1

こちらが最もコストパフォーマンスに優れた選択肢なのではないか、と思います。

タブレットこそIntuos Proではないですが、それでも、一昔前のIntuosシリーズ級の性能を持っていますし、素人レベルだったらなんら問題のない性能です。 また、サイズもMということで、一番堅実な選択肢と言えます(Sだと邪魔にはならないし持ち運びも楽という面もありますが)。

また、付属のCLIP STUDIO PAINTは性能や機能が過不足ないものとなっており、簡易な加工機能や拡張性・連携機能を備えているので本当にオススメなツール。

これさえ購入すればイラスト制作に必要な物・機能がほとんどひと通り揃いますし、長く戦える装備とも言えます。 エントリーモデルとしては最善なのではないでしょうか。 おおよそ16000円。

※あるいは、もう少し予算を出せるなら、Photoshop Elements同梱モデルと、CLIP STUDIO PAINT PRO ASCII ガイドブックモデルを購入して、万全にするのもアリかもしれません。お財布と要相談。

以上となりますが、デジ絵作成ツール購入の際の参考にしていただければと思います。 そして、よき第一歩を踏み出せることをお祈りします!

書いた人はこんな人

壬生狼

壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする

『(2013年秋版)今デジ絵をはじめるなら、このツールがオススメ!』へのコメント

  1. 名前:random walk 投稿日:2013/10/31(木) 22:42:30 ID:220e2b100

    毎度どうもです。

    ワコムのペンタブ変わったんですよね、bambooの方が。intuoの方は名前が変わっただけっぽいけど、bambooは見た目がかなり変わりましたね。以前と比べて使いやすいんだろうか?

    クリスタ同梱モデルもあるんですよね。私がはじめるときにこんなのがあれば・・・・・。しかも安い。昔より、良いソフトが安価に手に入るようになって、羨ましい限りですね。昔はフォトショ一択だったんでしょうけど、それに比べればましか。フォトショはCCになって、初心者にはハードルが上がっちゃいましたね。昔は、通信講座とセットで安く仕入れられたのですが、今後はそれも無理かな。

    クリスタもっている人は当分フォトショいらないですよね。クリスタに出来なくて、フォトショに出来る事といったら、かなり高度なことになりそうです。プロの現場には必須でも、アマチュアにいらないですよね。フォトショもエレメンツは使いにくいので、実は嫌いです。似ているようで違うところが、かえって使いづらいですね。

    クリスタ、フォトショ、ペインター以外でお薦めのソフトがあるかというとないような気もする。いろいろ、使ってみたけど、今後も使いたいと思えるのはこの3つのような気がします。

    • 名前:壬生狼 投稿日:2013/11/01(金) 14:03:19 ID:60da41d23

      どもどもでっす!

      そうそう、どちらもワコムのIntuosブランドということになって、BambooはIntuos Penという位置付けに。
      正直、スペックとか使いやすさはBamboo時代の最新機と変わらないのでは、という思いがありますww

      >クリスタ同梱モデルもあるんですよね。私がはじめるときにこんなのがあれば・・・・・。

      それだけ、(デジタル)イラストが身近な趣味になったということでしょうかね。
      ペイントソフトも一万円を切るようになったのも、時代の移り変わりを象徴しているような!

      random walkさんのおっしゃる、Photoshopのアカデミック版に関しては……多分なくなっちゃったでしょうね。
      一律で、CCのみ! というような(もしかしたらCCのアカデミック版があるのかもしれませんが)。

      記事ではエレメンツなんて推しておいていますが、正直、私もアマチュアや初心者には不要だと思います。
      どうせやるとしても、ぼかしをかけるとかテクスチャ貼るとか……その辺は、クリスタでできますからね。

      そんなこんなで、この記事のような結論に至るわけですwww