こちらで更新継続中。「Dragon Age: Inquisition」の解説・プレイ動画のまとめ

「Dragon Age: Inquisition」の解説・プレイ動画のまとめ

今年の11月末に発売を予定している、DAシリーズ最新作のInquisition。

戦略的な戦闘や、かなりの作りこみが伺えるキャラメイクなどの様子を収めた動画がすでに公開されていますが、数が多すぎてアレなので、一度まとめてみようかと。

スポンサーリンク

ゲームシステム関連の動画

ではまずは戦闘から。 日本語字幕付き。

字幕が簡体字(中国語圏の漢字)なのがちょっと気になりますが、そんなことよりも、美麗なエフェクトや、MMO的でなおかつRTS的な非常に戦略性の高そうなバトルシステムが見どころです。

お次はキャラメイク。 解説字幕なし。

設定項目の多さと、キャラのディテールに驚かされますね。 特に、傷の描写が生々しくてリアルです。

雰囲気的に、キャラメイクの細かさでも認知度の高いOblivionやSkyrimなんかよりも男っぽいカッコいい男性・ハリウッド的な美女なんかを作りやすそうですね。 時間をかければ、ですけれども。

お次はクラフト(生産)。 日本語字幕付き。

動画のはじめでは、キャラメイクにも触れられていますね。

本作でのクラフトは自由度と奥深さがアピールされています。 初代なんかでは簡単なエンチャント(属性・追加効果付与)くらいしかできませんでしたが、パッと見、かなり多くのことができそうです。

また、先ほどの動画のように戦闘がタクティカルなので、状態異常を引き起こすアイテムや、各種耐性ポーションの活用などなど、その種類と有効性も高めなんじゃないでしょうか。

また、トレハン要素も結構ありそうなので、レアアイテム獲得も楽しみの一つになりそうです!

システム系最後の動画はマルチプレイ。

DAシリーズでは初となるマルチプレイ。 本作ではストーリーモードとは完全に分離しており、相互に影響を及ぼすことはないとのこと。

ハック&スラッシュ的な趣があり、戦闘とアイテム収集などを前面に出した協力プレイとなるようで、12からなるクラスからキャラを選び強大な敵を倒し、隠された財宝を獲得していくようですね。

レベルキャップが20と低めですが、過去作の印象ではそこまでサクサクとレベルが上がる印象もないですし、クラスが12もあるので、レベルキャップが低いからといってすぐにキャラ育成が終わってしまうとも限らないでしょう(なにやらレベルキャップ後の成長要素もあるようですし)。

ゲームプレイ関連の動画

こちらでは、実際のゲームプレイをメインとした動画を列挙していきます。 まずは、公式動画をいくつか。

ストーリーはオープンワールドの世界で展開されるということで、ヒンターランドという舞台に焦点を当てた動画と、過去作にも登場したレッドクリフ城での度重なる死闘を収めた動画でした。

オープンワールドとなると気になるのはやはり広大さだけではなく、どこまで緻密に細部まで描かれているか、探索度は高いか、といったところ。

行ける場所は広くとも、探索できる場所が少ない≒探索しても何もないのでは、ただ単にだだっ広いだけで面白みはないですからね。

この辺りはしっかりと作りこんでくれているようですが、果たして。

こちらも公式動画ですが、どちらかというとストーリーも絡めたものとなっています。 クオリティの高さが目を引きますね。

その他に、限定的に実施されたプログラムでのPC版(初期ビルド版)のプレイ動画も。 最高品質設定だそうで。

さすがPC版! 様々な種類の草木が繊細に揺れ動く様子ですとか、甲冑の放つ光沢がイイですね。 個人的には、相変わらずベットリな返り血の健在っぷりが嬉しいです。

私はPS4で参戦予定ですが、次世代機というか現世代機というか、PS4/Xbox Oneたちはどのあたりのクオリティで魅せてくれるのかは気になるところ。

BF4のクオリティを見る限り、かなりいい感じのグラフィックになるのは間違いないでしょうけれどもね!

これは楽しみになってまいりました!

実は、この記事にまとめるまで見ていなかった動画が半数くらいありました。

そして、記事にするために見てみたところ、期待値はうなぎのぼり! 奥深そうな戦闘やクラフト、気軽さも重視したというハクスラなマルチプレイ、どこまで美を追求できるか気になるキャラメイクなどなど、見るべきところが多すぎです!

DAシリーズは国内での認知度はイマイチどころかかなり低い気がしますが、そのストーリーやバックボーンの作りこみなどは非常に味わい深く、多くの人に触れてもらいたいハイファンタジー作品となっています。 国産のファンタジーRPGとはまた異なった、そして作りこまれたRPGを味わってみたい方は、チェックしてみてもいいでしょう。

ああ、お美しくなられたレリアナ様に早く会いたい……。

※Amazonで購入すると、特別アイテムが付属してくるものもあるっぽいです。

通常版(武器のDLコード付)と、Amazon限定版(武器&防具のDLコード付)、そしてデラックス・エディション(様々なアイテム&デジタルサウンドトラックのDLコード付)の3種類が存在しますので、購入を考えられている方はバージョンを慎重に選んでください。

書いた人はこんな人

壬生狼

壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする