こちらで更新継続中。「Diablo III (ディアブロ 3)」 レビュー

「Diablo III (ディアブロ 3)」 レビュー

ハック&スラッシュARPG系ゲームの金字塔である、Diabloシリーズ3作目。 ビジュアルなどを大幅進化させ、遊びやすくかつ爽快でのめり込める内容に仕上げています。

いかにも洋ゲー然した空気や、具体的にどんなゲームなのかの認知度の低さで手を出しにくい雰囲気が漂う本作ですが、触ってみるとシンプルで中毒性の高いゲームだったりします。

今から始めるなら完全版である「Diablo III: Reaper of Souls」をオススメしますが、本作でも十分楽しめます。

ちなみに、Diablo III: RoSの無印レビューはこちらですが、無印(本作)との比較になりますので、概要から知りたい場合は当レビューからご覧ください。

 icon-smile-o ここがイイ!

  • ハクスラの楽しさの全てがここにある! 大御所らしい安定感と安心感が好感触。
  • 湿り気のある爽快感、強い中毒性を持つトレハン、気楽で楽しいマルチ……全てが平均以上の優等生。
  • ヒロインのリアが洋ゲーにしては非常にかわいい。 私の知るかぎり、洋ゲー史上屈指のかわいさだと思います。
  • ストーリーも邪魔くさくなく、それなりに先へ進むことを促す程度で潔く好印象。
  • ローカライズの出来もよく、声優の好演もあって安心して臨める。
  • そろそろ街に帰りたいなと思う、絶妙なタイミングでワープポイントが置いてある。 調整の妙。
  • 時折入るムービーシーンのクオリティがすさまじく高い。
  • ロードも早く、ストレスとは無縁。

 icon-meh-o 微妙・惜しい

  • 中毒性が強くあり周回前提であるものの、モチベーションを維持できるかは大きく個人差が出そうなデザイン・システム。

 icon-frown-o ここがダメ!

  • 音量バランスがバラバラなシーンが散見され、若干気になる。
スポンサーリンク

入門編にして決定版

本作はハクスラ系ゲームの話題では必ず名前が上がるような大御所中の大御所のシリーズです。

それゆえ、本作からハクスラ系作品に初めて触れる人も多いかもしれないですが、それは半分正解で、半分損とも言えるかもしれません。 いや、4分の3ほど正解ですかね。

っというのも、本作は類似・同型ゲームの中でもバランスが取れていて、遊びやすく、不満点の少ないゲームだからです。

他作品は差別化のために何かに特化しているものが多いのですが、全体的な完成度が低いものも少なくなく、本家と言って差し支えのない本シリーズは真新しさは少ないものの、どの要素をとっても安心できる完成度なのです。

それゆえ、本作はこのジャンルに触れるにはうってつけな反面、本作のクオリティに慣れてしまうと、他作品の多くが低クオリティに感じられてしまうのが、損と言えなくもないのです。

まぁ、Diabloだけ遊んでおけば間違いない、ということでもあるので、悪いことではないのですが。

シンプルでのめり込めるデザイン

本作には重厚長大なストーリーや、複雑高度なシステムはありません。 パーツを分解すると相当シンプルに作られているのです。

本作の醍醐味は戦闘とキャラ強化・トレハンとなるでしょう。

戦闘は、ワラワラと大勢で襲い来る悪魔やらゾンビやら虫やらを、習得しているスキルでどんどん打ち倒していくスタイルです。

感覚的にはコエテクの無双の爽快感に近いのですが、こちらは敵1体あたりの比重が大きめで、敵数十体ほどの撃破でも相当の爽快感が得られます。

攻撃方法は全てスキルとなっており、リソース(MPのようなもの)を使わない基本スキルやバフスキル、そしてリソースを使ってくり出す強力な攻撃スキルを使って、群がる敵を駆逐していくのです。

このスキルの選択肢もかなりの多さなのですが、同じスキルでもルーンと呼ばれる特性変化システムを使うことにより、異なる性能に変化するため、十人十色なスキル構成で大暴れできるというわけです。

正直、このスキルが揃っていない最序盤は退屈なのですが、ある程度使える・選べるスキルが増えてくるとグーンと楽しさ・面白さが増してくる印象ですね。

この自由度の高い戦闘・育成システムを支えるのが、ハクスラ系作品とは切っても切れない関係のトレハンでしょう。

トレハン、つまりトレジャーハントは、ランダムでAffix(追加能力・パラメーター類)が付与され、レア度もバラバラなアイテムを集め、吟味し、さらなる高みを目指すものです。

本作でも高難易度の敵などは恐ろしい強さを誇りますし、それを倒すのも目標たりえますが、どちらかというとキャラ強化やトレハンのほうがメインと言え、自己満足とも言うべきところながらも終わりのないプレイを約束してくれます。

まぁ、作業的といえば作業的なのですが、敵をザクザク倒していて、突如レアアイテムがポロッと出たりしたら、やはりゲーマーなら嬉しいものです。

そのあたりが、ストレスなく爽快な(高難易度ならスリリングな)戦闘と、そのモチベーション足りえるトレハンが絶妙にミックスされていて、本作の強い中毒性を生み出しているのだと思います。

それくらい、本作は1プレイの止め時に困ります。

日本人受けのしなさそうな点が難点か

本作の楽しさはやってみないとわからないと思いますが、その障害となるのが、やはり日本人受けしなさそうな本作の雰囲気でしょうか。

パッケージからはどんなキャラが出るのか、どんな趣向のゲームなのかはうかがい知れません。 雰囲気も……なんかダーク。 パッケージ裏を見てもよくわからんし、イケメンも美少女も期待できなさそう(登場するリアは美少女だけどね!)。

日本ではやはりストーリーやキャラが魅力的で、システムも高度・斬新なものが人気になりやすい傾向にあるかと思います。 本作を見てみると、そのあたりが見えてこないので、手に取る人も少ないのではと思います。

ここが、非常にもったいないところ。

かくいう私もDiabloの名前と概要は知ってましたが、長らく触ったことはなかったですし、プレイ動画を見ただけでは面白そうには決して思えず、購入意思もなかったです。

それが、ひょんなことから体験版を触ってみたところ、「あ、これ、めっちゃくちゃ面白いじゃないか!」となりました。 その後数日中に買い求めたくらいの鮮烈な体験だったのです。

その前後にも、Sacred 2DARK QUEST ALLIANCEといった作品、更に遡れば他にもいろいろなハクスラ系作品に触れてきたのですが、どうもしっくりこなかったり、ハマらなかったり、そもそも完成度の低さに絶望した経験しかありませんでした。

それだけに、これほどまでに楽しい物なのか!というカルチャーショックのようなものが、本作にはあったのです。

なので友人らにも本作を何かにつけてプッシュしてみた(迷惑だったらごめんね)んですが、どうにもうまく本作の魅力を伝えられないのですよね。 このレビューでだって概要や魅力を説明できているか怪しいもんです。

ある意味ではそこが、本作の抱える問題というか、もったいない部分なのかもしれません。

総括

ついついやめどきを失ってプレイを続けてしまう系の中毒性や持続性を持つ素晴らしいタイトルのひとつです。

最近リリースされたDestinyや、近く新作も発売されるBorderlandsなども本シリーズから強い影響を受けているのは間違いありません。 そして中毒性や楽しさ、気楽さ、完成度などの総合的なクオリティに追い付けていない気がします。

もちろん、Diablo2からのプレイヤーからすると気に入らない部分などがあるようですし、プレイ経験の少ない私がハクスラを語るのもアレなのかもしれませんが……それでも、本作が遊ぶ価値がありプレイ体験はとても楽しいものであるということは断言できます。

もし本レビューを読んで少しでも興味がわいたのなら、まずはPS3版の体験版を触ってみてください。 レベル上限などの関係上、真骨頂を楽しむことは難しいかもしれませんが、どのようなゲームなのかはわかるはず。 百聞は一見にしかず、です。

なお現在は冒頭にも書いたように「Diablo III: Reaper of Souls」という完全版がPS3/PS4にて発売中です。 そちらのほうがより遊びやすく快適に、そして楽しさも増しているので、そちらの方をよりオススメしたいと思います。

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする