こちらで更新継続中。【新生FFXIV】ルプスのぶらり旅: 異臭騒動オーラムヴェイル!そしてベヒーモスとの邂逅【第14回】

【新生FFXIV】ルプスのぶらり旅: 異臭騒動オーラムヴェイル!そしてベヒーモスとの邂逅【第14回】

ご無沙汰しておりました。 なかなかブログに割く時間が取れておりませんでしたわ……。

ただ、朗報です。 来月上中旬までブログ更新やプレイ続行できそうなのであります! 記念すべき第14回にふさわしい内容ですね!!

とまぁ私事はさておき、今回はまたしても難易度が高いらしい(というかもう難易度高いのしか残ってない)オーラムヴェイル攻略と、あのベヒーモスとの遭遇に関して。

※トップ画像はパンプキンヘッドと化したネイト氏。 軍票装備の棍(槍カテゴリ)にご満悦、なのか?

スポンサーリンク

太く短い、濃厚なオーラムヴェイル!

というわけでやってまいりましたオーラムヴェイル。

なにやら黄ばんだ空気やらなんやらで、見るからに臭気がヤバそうなところであります。 一度入ったら3日はニオイが取れないルート直行的な。

結論から言うと、規模自体はそこまで大きくなく、むしろあっというまにボス戦にたどりつける印象。 しかし、雑魚戦からして難易度が高く、結果的には慎重に歩を進める必要があるため、時間的余裕があるわけではありません。

このダンジョンではとにかく敵のリンクが脅威。 カエルもいるので、うっかり舌で絡め取られてしまったりすると、とうてい抱えきれない数の敵が殺到してきます。

また、足元に広がる黄色い液体。 これはダメージ床で、結構痛いです! 興味をそそられたネイト氏が、

「ちょっと踏んでみるわ~」

と言いつつちゃぷん……と足をひたしてみたところ、700超のダメージ! これはヤバい!!

おまけにガス噴出ギミックもあったりと、立ち位置や進軍経路を慎重にかつ迅速に決めないと最初のエリアから抜け出すのも一苦労です。 ここらへんはタンクの責任重大。 ああ、胃が痛い。

そしてこのエリアを抜けると早々に最初のボス・ロックスミス。 オチューですね。

事前に打ち合わせをして、怪樹の実(ステータス異常全回復)を素早く回収できる立ち位置に散開できるようにしておく必要あり。

とにもかくにも全体攻撃の毒散布攻撃が厄介!

通常の毒消しやエスナでは解除できず、しかも累積していくという恐ろしい状態異常。 これを解除するには、マップに置いてある怪樹の実を取るしかありません(使っても一定時間後復活)。

ここ、召喚士さんがしんどい思いをしますね(;´Д`)

というのも、ペット(召喚獣)はこの怪樹の実を使って状態異常を回復できませんから、当然、どんどん毒が累積してお亡くなりに……となってしまいます。 とてもHP回復では追いつけなくなりますし。

それ以外のジョブに関しては、しっかりと2~3段階ほどに毒が累積したら解除する感じでなんとかなるとは思うのですが。 常に怪樹の実の位置は把握しておきましょう!

そしてここらでついにモルボル……の幼体が登場。 トトラクのコチュー繭と同じく、モルボルの実から発生。

ただし実は繭とは違って一撃破壊出来ないので、総出で破壊することになります。 チビモルボル自体の耐久度も高くはないですが、やはり数が多いとアレなので。

あ、もちろん近くにはもいるので要注意。 臭い息のほか、「串刺し」も使ってきます。 串刺しを食らうと2000以上のダメージ受けますので絶対回避!

また、ダイアマイト系の敵も登場。 デカい方は睡眠無効で、1000以上のダメージを与えてくる直線範囲攻撃を撃ってくるので、立ち位置はよく見極めて!

そして難敵コインカウンターとの戦い。

とにかく多様かつ大ダメージの範囲攻撃を多く持つのですが、その多くが範囲が目視できないというありさま! ランダムターゲットだったりするので、各自がよく見てかわさないとバタバタ死んでいきます。

というか。

実際に何度か敗れました(‘A`) 回避が間に合わなかったり、距離がうまくつかめなかったりと、相当苦戦しましたよ! まさに難敵。

特に、敵自体というよりもステータスなどを把握しなければならないヒーラーさんはヤバいですね。 足元を見ても何もヒントがないので、敵がこちらを見ているか気を配らなきゃならないという。

ともあれ、こいつも何度か挑んでなんとか討伐完了。 もうこれでクリアでいいんじゃね?的な空気が流れましたwww

しかし残念ながらまだ道は続きます。

うんざりするほどひしめきあうモルボルたち! なんですか、この黄色い文字列は!!

ここでもデカい親モルボルもいますし、下手に近づいてしまうと阿鼻叫喚の地獄絵図が展開されます。 怖いよ。 臭いよ。

そんな場所を2箇所ほど通過し、ついにボス部屋!

結局モルボルかい!

ここでも怪樹の実があるあたり、そう、例の累積型の毒が登場。 しかし先ほどのロックスミスとは異なり、こちらは粘菌爆破という技を持っています。

粘菌爆破は全体攻撃で、累積した毒の段階に応じてダメージが肥大化。 4~5段階ほど累積して食らうと相当やばいので、遅くとも3段階ほどで怪樹の実を食べておくべきかと。

その他、体力が一定値以下になると突如移動し始め、モルボルの実を産み落とします。 そして、処理に手間取るとチビモルボルがたくさん……。 このチビモルボルに殴られても累積毒の段階が進んでしまい、粘菌爆破で死亡しかねません。

そんなわけでLBを使いながらも挑んだのですが……結果、初見・初回クリアならず! もう少し時間があれば行けたかもしれないんですが、コインカウンターで時間を取られすぎましたね。

時間的には結構いい時間だったのですが、このままでは寝れん!ということで再挑戦。 二回目ということもあってボスの類もどんどん突破し、再び大ボスの部屋へ。

結果は……討伐成功キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

スティア氏のLBがドンピシャで決まったことをはじめ、DPS・ヒーラーともに獅子奮迅の活躍をしてくれたおかげで勝利を掴めたのです。 正直私は何もしてなかったので、貢献度はとてつもなく低し! ごめんね!!

達成感とともに、さぁ、お楽しみの時間です。 おたからー!

……(‘A`)

以前このメンツでIDに言った時に、宝箱を前にして(確か)ネイト氏が、

「で、斧が出たりしてね~」

と言いつつ宝箱を開けたら、本当に斧が出たという苦々しい経験を鑑みて、当PTで宝箱を開ける際には、

  1. 「斧」という単語を口にしない。
  2. 物欲を出さない。 無心であれ。
  3. かといって心にもなく「いらない」と言うのもよくない。

という不文律ができていたんですが、まさかここで誰も装備できない&需要のない呪具かよ! 多分2にひっかかったんでしょうけど、にしてもこれはないわー。

とまぁそんなこんなで、死にまくりながらもオーラムヴェイルも攻略完了です!

そうそう、道中でモルボルのミニオンを拾いました。 可愛いです。

これを見たフレンドが、

「これくらいのサイズならモルボルも可愛いんだけどな~」

と言っていましたが、全くもって同意です。 これがどうしてああなるのか。 一体どういう教育してきたんですか!!

そして、ベヒーモスが姿を現す

PT解散後、未踏破エリアを埋めるために各地を転々としておりました。 クルザスを埋め終わり、増量されたというカラクール(黒い羊)とじゃれていると、なにやらベヒーモスが出現したとの知らせが。

考えるまでもなく今の状態では足手まといどころか、全く相手にならないレベルでしたが……好奇心が勝り、ベヒーモスのFATEへ突入を敢行! そこで私を待ち受けていたものは、

……何もない空間でした。 ですよねーPS3で表示されるわけもないですよねー。

しかし、気配は感じます。 確かにそこに、圧倒的な力を秘めた何かがいるのだと。 であるからこそ、周りの冒険者達は戦い、次々と地に伏していくのだと。

自分の真横にいた冒険者が倒れていく光景は、本当に恐ろしいです。 少しずれていたら自分もこうなっていたのか、と。

諦めません。 きっとどのタイミングでか、ヤツの姿を見ることが叶うはず――。 と。

うわああああああああああああああ!出たああああああああああああああああああああああ!!でかいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!?

直後、殴られて体力の大半を持っていかれる私。 うわぁ、通常攻撃でこれですか! 死ぬ、死ぬる、死んでしまいます!!

結果、見えない攻撃をかわすつもりで逃げ回りつつ、時折姿を現す幻獣にシールドロブを当てながら戦いが終わるのを待ちます。

そうしているうちに、FATE終了。 どうやら倒したようだ……?

あれ、終わったのになんで死体が増えているんだろう。 それにまだなんかPT募集したり、攻撃エフェクトが続いている。 まだ終わりじゃなかったの?

……よくわからぬままマップを見ると、北の方にベヒーモスの縄張りがあり、そこで最終決戦があるようです。 よし、ここまで来たら撮影班として潜入だ!

全部を把握していないのでわかりませんが、そこには先ほどの倍ほどの人が! あたりで炸裂する敵だか味方だかわからない魔法のエフェクト。 どこかに向かって駆けてゆく戦士たち。 そして、無数の死体。

と。

気がついたら死んでましたwww ほんと、よくわからずウロウロしていただけなんですが、サンダーボルトとかいう文字と、4500程度のダメージ表記。 即死でした。

幸いスティア氏も潜り込んでいたので、蘇生してもらい……慎重に(といっても慎重にしようがないのですが)撮影チャンスを待ちます。 そして、

結構いいショットキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

いやーこれが真のモンハンだわ―。 いやむしろモンスターにハントされてるわー。

とりあえず目標としていた「ベヒーモスの姿を見、画像に残すこと」は達成されたので……後はもう、他の冒険者達に協力するのみ! といっても攻撃に参加できる状況ではないので、

とりあえずヒールしまくっときました^^

仕方ないでしょう!冒険者しか見えないんですから!! 150ちょっとしか回復しない、ゴミみたいな回復量ですが、ないよりマシです。 目についた負傷兵にとにかくケアルをしまくっておきます。

そうしてナイトとはなんだったのか状態でヒールに奔走していたところ、突然、体力が700ちょっとにまで激減! な、何だ、何が起こっているんだ!!

生き残ってしまった……(一度死んだけどね!)。 どうやら絶命時にお得意のメテオでもぶっ放したのだろう……。

後に残るは先程までの喧騒が嘘のように掻き消えた静寂と、多くの死体のみ。 なんなんだこれは……恐ろしすぎる!次元が違いすぎる!!

かくして、私のベヒーモス初遭遇戦は何もできずに終わったのでした。 次はオーディンに出会ってみたいけれど……今回と変わらなさそうな結末が目に見えていますね。

いよいよレベルカンストへ

マップ埋めをしたことなどにより、ついにナイトのレベル50が目前に!

っということで、次回はレベルカンスト・AF装備胴の獲得や、初のフルPTで挑むリットアティンなどをお届け! いよいよ、エンディングも近づいてまいりました……。

ともあれ、今回は恒例のおまけ画像を掲載しつつこの辺でおしまい。

まるみ氏とお別れ会(仮)を行った時の1枚がありました。 赤丸に注目。 DPSふたりが死んでしまって外で待ちぼうけするなかの勝利でありました……。 ほとんど二人で戦ってたよ! DPSとはなんだったのか。

オアシスにて、岩壁側に殺到するサンドウォームたち。 そこになにかあった(いた)のかもしれませんが、傍目には単に気持ち悪いだけ。 ないわーマジないわー。

説明不要ですよね?ぶくぶくぶくと言っていることもあります。 あざとい。

こっちも、ぶくぶくぶく……。

ちょうど、はろうぃn 守護天節イベントも始まりました。 ララフェルが最高に可愛い!

ネイト氏のレベルアップがてら挑んだストーンヴィジルにて。 あまり遠景を気にしたことはなかったけれど、こうしてみてみると雰囲気があって素敵ですね。

書いた人はこんな人

壬生狼

壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする

『【新生FFXIV】ルプスのぶらり旅: 異臭騒動オーラムヴェイル!そしてベヒーモスとの邂逅【第14回】』へのコメント

  1. 名前:Steare Lの中のかなさん 投稿日:2013/10/29(火) 01:31:22 ID:24b55e15f

    オーラムの毒沼…ペットもダメージ入るんだぜ。真面目に理不尽すぎる!浮いてるのに!
    ただ、タネが分かると召喚PS上がるね!
    範囲壊滅バッチコーイ!
    ベヒ写真はガチに良いアングルだわ。

    • 名前:壬生狼 投稿日:2013/10/29(火) 04:04:22 ID:bc1426df9

      こんばんはー!

      え、アレ食らうんだ(‘A`)
      まぁジャンプ中のリューサンがタイタンにホームラン食らうとか、
      結構あるようだしね……。

      オーラムもまた行っておきたいところね!
      これ以降のプレイログはいましばらくお待ちくだされ~
      (若干忘れつつあるけど)

      ベヒーモス写真、二枚目の激写はかなさんの蘇生あってこそですわ!
      オーディンも激写したいなぁ。