こちらで更新継続中。【新生FFXIV】ルプスの一匹フェンリルぶらり旅: サブクラス育成の傍らついにマイチョコボゲット!【第6回】

【新生FFXIV】ルプスの一匹フェンリルぶらり旅: サブクラス育成の傍らついにマイチョコボゲット!【第6回】

前回、ついにイフリートと対決し、GCに所属できたLupusさん。

GC所属後すぐにマイチョコボをもらえるものだと思っていましたが、実際には軍票と呼ばれるGC内通貨を集めねばならないとのこと……そこで、軍票集めをしつつナイトや吟遊詩人を視野に入れたサブクラス育成などをしていました。

スポンサーリンク

サクサクの格闘士、苦行の幻術士。そしてマイチョコボの獲得!

ナイトになるには剣術士30+幻術士15、吟遊詩人になるには弓術士30+格闘士15という条件があるので、軍票集めがてらサブクラスを育成することにしました。

まずは個人的に厳しそうな幻術士にとりかかったものの、レベルを1上げただけで挫折。 これはもう、苦行以外の何物でもなかったのです(;´Д`)

なので、まだサクサクとこなせる格闘士から着手することに!

サブリガ……なんてエロい!

実際にはこのサブリガ姿でいられたのはわずかな時間なんですが、それくらいこちらはサクサクとレベルアップが進行。 Fate参加、リーヴ攻略、討伐手帳埋めを利用してモリモリと強化!

サブクエストが枯渇している現状、レベルアップが大変な印象が濃厚ではありますが、わりあい格闘士に関しては楽ちんだったかなと。

となると、やはり残ったのは幻術士。 そもそも私が魔職に不向きなのもありますが、幻術士はソロ効率がよろしくない。 かといってPTコンテンツにいく勇気もない(地雷ヒーラー確定なので)。

そこで、友人に頼んでレベルアップのお手伝いをしていただくことに!

始めこそ、ひたすらにリーヴをこなしてレベル13くらいまで上げることが出来ましたが、いっこうにPS(プレイヤースキル)が上昇する気配もなく、まさに苦行でした。

お話しながらやっていたので続けられたのであって、これがソロだったらすぐに投げ出していたと思いますww

と! そうしてリーヴやFATEに参加していたこともあり、いつの間にやら軍票が溜まっていました。

「交換してきたら?」と提案がありましたので、早速ウルダハのGC本部へ急行。 引換券を入手し、チョコボ屋にて交換!

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ねんがんのマイチョコボをてにいれたぞ!

友人曰く、スプリントより速いらしいとのことで。 実際のところは体感とかはわからんのですが、非常に快適なのには変わりありません。

これで無謀なエリア突破も可能になりますね……ふっふっふ。

こうしてチョコボをゲットしたので再び幻術士のレベルアップ作業に戻ることにしました。

結局幻術士は寄生ですませました。

リーヴには飽きていたので、どうしようかなぁといったところだったんですが、友人が討伐手帳を埋めるのを手伝ってくれるということなので、思いっきり甘えることにいたしました(*´ω`*)グフフ

友人のメインジョブは召喚士レベル30ですんで、当時残っていた敵など恐るるに足りないレベル! いやはや、おんぶにだっこといいますか、完全に安全地帯で傍観するという完全寄生スタイル。 こりゃー楽です。 PSは全く上がりませんが。

気づいたらターゲットを全部倒し終えているということがザラで、サクサクと討伐手帳が埋まっていき……、

レベル15達成(´∀`) いやはや、私は何もしてませんでしたよ……友人には感謝でございます。

っと、そうこうしていると、友人の友人さん(以下、S氏)が連絡をとってきたようで。 こちらもTellを飛ばしてくれたフレンドさんを巻き込んでカッパーベル攻略へ臨むことになりました。

が、これがまた、とんでもないことになるわけなのですが。

なんと、剣術士(私)、幻術士(S氏)、幻術士(フレンド)、巴術士(友人)という構成! 更に、S氏は幻術士でありながらストーン連打&突撃志向という自他称・地雷プレイを展開!!

更にはフレンドさんも悪ノリしちゃってストーン連打しはじめたことからもうカオス。 巴術士の友人がヒーラー枠というよくわからん状態で、攻略する羽目になったのであります。

ピンチになったり、一度全滅したりしてクリアできるのか非常に不安だった反面……意外や意外、これがまたスリリングで楽しい! 低レベル帯ダンジョンながらもこういう縛りというか地雷プレイによって、いつもとは違ったプレイが展開されるのですね。

なんだかんだと攻略していき、例のボス。

いや~殲滅力足りなくて、終盤は増援が山のように。 敵に対処しきれずフレンドさん、S氏と次々と倒れていき、残るは私と友人のみ。 体力残り僅か。 ボス体力も残りわずか。

……本当にギリギリの戦いでした。 ひとつの判断ミスで勝敗が決するような、そんな状況。 そういったなかで、友人は的確にヒールしてくれたと思います。 私には無理な芸当です。

その的確なヒールのおかげで、こんなふざけたカオス構成PTでカッパーベル攻略できたのですから驚きです! 妙な感動と達成感、そして大きな疲労感がありましたねwww

いやはや、身内だからこそできる遊びですがね(野良だと色々マズいww)、たまにはこういうふざけたプレイも楽しいもんだと思いました。 タンク目線では、いつPTが壊滅するかわからずハラハラして胃痛がひどかったのも事実ですが。

ナイト目指しつつ、メインクエスト攻略などしますかね

とまぁなにかと寄り道しながらでプレイしていますが、とりあえずナイトになるまでは一気に進めるのもアリなのかな~とか思ったり。

ただ、竜騎士もいいなぁと思っているんで斧術士も15にしたいなぁとか思ったり、最近ギャザクラしていないので、そっちでまったりするのも捨てがたいなぁと、やはり未だにブレブレなのであります。

整理すると、ナイト、吟遊詩人、竜騎士、そして全てのギャザクラに興味があります! 時間足りないです!!

そうそう、何度も出てきた友人がFCを設立、署名も集まって正式稼働しましたので、そちらにも貢献できればと思います。 案外、ここでやっとスタート地点なのかな。

おまけ:

リテイナーを呼んだら、空中に浮いて出てきた……。 呼び鈴の足場判定部分に乗っちゃったのかな?

格闘士のレベルアップ中に発生したボム系FATE。 なんじゃこりゃ?とその時はわけがわからない感じでしたが、どうやら紅蓮祭という夏季イベント関連のFATEだったようですね。

書いた人はこんな人

壬生狼

壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする

『【新生FFXIV】ルプスの一匹フェンリルぶらり旅: サブクラス育成の傍らついにマイチョコボゲット!【第6回】』へのコメント

  1. 名前:Steare Lの中のかなさん 投稿日:2013/09/11(水) 09:13:26 ID:b7681a59c

    次は水着で凸とか良いなぁとかなんとか?
    あのPTで私、確信したアル。
    巴って中枢なのかと!
    フィジク大事。精神上げてないから回復力ヤバイがwwww

    • 名前:壬生狼 投稿日:2013/09/11(水) 10:52:49 ID:5079759fb

      >次は水着で凸

      ふむ……!であれば私も水着ゲットしておかねばなりますまい!!

      いやはや、はじゅちゅにたいへん救われましたわ。
      あの時はまさに中枢・要衝だったww
      そのうちIDでも頼らせてもらいますぜ(´∀`)