こちらで更新継続中。【PS4】BF4のキーアサインがアレなのでホリパッド4を買ってみた【BF4】

【PS4】BF4のキーアサインがアレなのでホリパッド4を買ってみた【BF4】

PS4版のBF4をプレイするにあたって、最大の壁がキーアサイン(キー設定、とでもいいましょうか)でした。

今までPS系列のFPSの多くが、R1が射撃でL1がADS(Aim Down Sight)で……という具合だったのに、PS4になってR2が射撃でL2がADSに変更されていたのです!

そりゃもう、敵が目の前にいてもスポットしようとするわ、遠くの敵を狙うのに何故かグレネード投げるわでひどいもんでしたので、そのあたりを解決してくれそうなホリパッド4に手を出してみました。

スポンサーリンク

プログラムすることで、キーアサインの自由度を更に高く!

ホリパッド4は、プログラムボタンを使うことによってキーアサインを自由に行えます。

BF4の例で行けば、手順を踏めばR1とR2、L1とL2のそれぞれの役割を入れ替えることも可能で、そうすればPS3の時と同じように操作できるのです。

ゲーム内のキーアサインでは、この入れ替えが実装されていないために慣れるしか道がないわけなんですが、このプログラム機能だとそれも解決!というわけなんです。

また、ゲーム内設定以上にスティック感度を調整できる幅が広かったり、一時的に感度を落とすボタンの実装などなど、FPS向けの機能が多く搭載されています。

そんなパッドですから、NOOBな私でもスコア改善の可能性があるのではないか……?と思った時期もありましたが、そんなことはなかったようです。

キーアサインの魅力以上に、使いにくい!

なんというかですね、操作しにくいんですよねぇ……。

デフォルトのMAX感度では物足りない私にとっては、限界以上の感度を実現してくれる感度調整機能は魅力的でした。

しかし、実際に使ってみると、妙な挙動にしかならず、理想的な高感度にはならず。 とてもじゃないですが、ただでさえ糞なエイムが更に糞になってしまいました。

ちょうど感度5(デフォルト)と6の中間ぐらいの感度が欲しいところなんですが、そのあたりに設定してもうまくいくわけもなく。

また、Xboxな形状とボタン配置はPSコントローラーに慣れているとやはり馴染みにくいですね。 FPSには理想的とされていて、まぁ、うなずける部分もないではないものの、ことホリパッド4に関しては微妙としか言いようがありません。

スティックの感覚は純正以上にチープというか高反発すぎるというか……あまり繊細な操作には向いてなさげな感触であります。

そんなわけで、すぐに使わなくなっちゃいました。

更に致命的な問題。 タッチパッドボタンの欠如

おまけにですね、本製品にはBF4をプレイするとすると致命的とも言える仕様になっております。

それは「タッチパッドボタンがついていない」という点。

BF4ではバトルログというコミュニティがシステムレベルに落とし込まれていますが、これの開閉がタッチパッドボタンなのです。

しかし、トップメニューからだけは、タッチパッドボタンを経由せずにバトルログを開くことができるのです。

これが意味するところは、「うっかりトップメニューからバトルログを開いてしまうと復帰不能」ということなんです。 もう、なんのボタンを押しても元のトップメニューへは戻れません。

オンラインのフレンドの中にBF4をプレイ中の人がいればセッションに参加することで脱出できなくもないです。 しかしサーバーが満員だったり、そもそもそんなフレンドなどいない!という場合は……基本的にゲームを終了しなくちゃならんのです。

まぁ、ゲームの再起動は大した時間がかかるわけでもないのですが、さすがにこれはどうなの?と。 タッチ操作できなくとも、最低限ボタンを押下した時と同じ挙動をするミニボタンくらいはつけて欲しかったですね。

※もしあったらごめんなさい。 ただ、説明書を読む限りではそれらしいボタンもなく、割り当てもできなさそうでした。

結局、純正コントローラーが最善という結果に

それなりに高いレッスン料でしたが、最終的に「純正で戦っていくしかない」という結論に至りました。

確かにキーアサインの自由度などは今なお魅力的だとは思いますが、それ以上に操作性などによるデメリットがメリットを相殺して余りあるくらいだったりなんだったりで、イマイチ有用性が突き抜けていないというか。

特にスティック感度の塩梅がどうにもこうにもで、繊細な操作は苦手なんじゃないかくらいの感触が印象的です。 正直、FPS向きといえるのか疑問が残ります。

まぁ、そういった繊細な操作が必要のないジャンルのゲームなら、どうにかこうにか使えるのかもしれません。 尤も、そんなタイトルでキーアサインなどが必要になるのか怪しいもんですが。

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする