こちらで更新継続中。「強敵に立ち向かう!」な、ゲームパッケージ

「強敵に立ち向かう!」な、ゲームパッケージ

ハンティングアクション(狩りゲー)のパッケージって、構図がだいたい同じだって気づいてました?

こう、見栄えのいい・迫力ある構図ということで、同系ジャンルのゲームも同じような構図なんですよね。

っというわけで、今回はそんな「強敵に立ち向かう」ような印象を受けるゲームパッケージをご紹介。

スポンサーリンク

この構図の原点!?なモンハンシリーズ

MONSTER HUNTER
【MONSTER HUNTER】

初代モンハンですね。 手前にハンターを置いて、奥にどでかいリオレウスをドドン!と。

圧倒的な力量の差を否応なく刷り込まされるということで、かなり目を引く構図ですよね。

モンスターハンターG
【モンスターハンターG】

位置が左右入れ替わるようにして、ハンターが左手前に。 空から襲い来るリオレウス(たぶん亜種)が見て取れます。

モンスターハンター2(ドス)(通常版)
【モンスターハンター2(ドス)(通常版)】

相手がクシャルダオラになりました。 この辺りからハンターは、今にも斬りかかりそうなポージングも増えていきます。

モンスターハンターポータブル
【モンスターハンターポータブル】

斬りかかるというよりは払った後な感じですが、概ね同じ構図。

モンスターハンターポータブル 2nd
【モンスターハンターポータブル 2nd】

ティガレックスの猛攻を避けて反撃――! ってな感じですね。 毎回、追加された新武器がフィーチャーされたハンターが出ている傾向にありますね。

モンスターハンターポータブル 2nd G
【モンスターハンターポータブル 2nd G】

大剣を振りぬいた後のようで、ハンターがこっちを見ています。 ナルガクルガが頭上を飛び越えている、のでしょうかね。

モンスターハンター3 (トライ) (通常版) (特典無し)
【モンスターハンター3 (トライ) (通常版) (特典無し)】

対ラギアクルス。 やはり刃が手前にある方が躍動感が出やすいようです。

モンスターハンターポータブル 3rd
【モンスターハンターポータブル 3rd】

ジンオウガに対するは、和風なユクモノ装備で身を固めたハンター。 ユクモ村しかり、全体的に和風なデザインが個人的に好きでした。

モンスターハンター3G
【モンスターハンター3G】

ぱっと見わかりにくいですが、ガンランスを持ったハンターがブラキディオスとにらめっこしてます。

さて、これらを踏まえた上で、影響を受けた後続やら何やらをご覧あれ。

ポストモンハンやら、無関係なものやら

GOD EATER(ゴッドイーター)
【GOD EATER(ゴッドイーター)】

発表された当初は、システムからパッケージまで清々しいまでのパクリっぷりだなぁと思ったものですが、しばらく経ってのちの遊んでみたら、本作は本作で別個の魅力がある作品だと知りました。

お相手はヴァジュラさん。

GOD EATER BURST(ゴッドイーター バースト)(通常版)
【GOD EATER BURST(ゴッドイーター バースト)(通常版)】

相手がハンニバルに。 GEは男女で映り込んでいるのが特徴といえば特徴でしょうか。

GOD EATER BURST(アペンド版)
【GOD EATER BURST(アペンド版)】

ちなみにアペンド版はこちら。 相手がスサノオになり、ちょっと珍しく頭上から斬りかかるものに。 少しだけ、独自性のある構図と言えましょう。

ラグナロク オデッセイ
【ラグナロク オデッセイ】

更に人数が増えてます。 実際のフルングニルはもう少しデカい気がしますが、多分、遠近感が微妙に出ていないためと思われます。

ファンタシースターオンライン2 スペシャルパッケージ
【ファンタシースターオンライン2 スペシャルパッケージ】

少し変化球で。 ややモダンで単なる模倣から抜けだそうとするような気概が見えます。

相手はダークファルスもしくはダーカーのご親戚か何かだと思いますが、今のところ出会えていない程度のプレイ歴なので、ご尊名は存じ上げません。

ファンタシースターポータブル2インフィニティ
【ファンタシースターポータブル2インフィニティ】

でもその前は割とそのまんまな感じだったり。 やや、側方撮影。

ファンタシースターポータブル
【ファンタシースターポータブル】

ファンタシースターポータブル2 (特典なし)
【ファンタシースターポータブル2 (特典なし)】

更に過去作を見ると、側方撮影が伝統だった模様。

SOUL SACRIFICE ソウル・サクリファイス (通常版)
【SOUL SACRIFICE ソウル・サクリファイス (通常版)】

単純な絶望感だったら本作が現状では最高な気もするソルサク。 クリーチャーの禍々しさは他の作品の非じゃないですからね。

相手はケルベロスとなっております。

ドラゴンズドグマ
【ドラゴンズドグマ】

次世代モンハンなんて言う声もあったドラゴンズドグマ。 よく見たらこれってどういう状況?

ドラゴンズドグマ:ダークアリズン 数量限定特典“「メイジ」のための「指輪セット」付き
【ドラゴンズドグマ:ダークアリズン 数量限定特典“「メイジ」のための「指輪セット」付き】

続編というか拡張版というか完全版というか、まぁそんな感じのダークアリズンはフロントビューになりました。 こちらも中々敵の強大さが引き立っています。

エクストルーパーズ
【エクストルーパーズ】

PS3と3DSという意外なマルチ展開を行った(という記憶しかない)作品。 こういう構図だってことは、マルチプレイで強大な敵を倒す展開とかもあったのでしょう。

怪獣バスターズ(特典無し)
【怪獣バスターズ(特典無し)】

忘れちゃならんのが本作! って、ゴモラ相手にナイフでどう戦うねん!!

……とか思ったんですが、動画などを見るに普通に打撃武器で倒せてるあたり、ウルトラマンなんていらなかったんや!的寂しさの漂うアレなゲームとなっている模様。

怪獣バスターズ パワード
【怪獣バスターズ パワード】

で、驚くべきことに続編(完全版?)もあるというわけで、今度はタイラントがお相手。

ビークルがフィーチャーされてるようですが、相変わらず右の隊員はナイフで立ち向かおうとしています。 死に急ぎすぎやで!!

今後の進化にも期待です

夏ごろにはモンハンの4や討鬼伝が出ますし、今年にはGE2も出るとかいう話です。

内容はもちろんのこと、今後パッケージもどう変化していくのかが、ほんのり楽しみだったりなんかします。

忘れた頃に今回とは別のゲームパッケージ特集を行う予定ですので、乞うご期待。 忘れ去られてるだろうけど。

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする