こちらで更新継続中。Internet Explorer9以前に情報漏洩の脆弱性あり。しかも修正の予定なし。

Internet Explorer9以前に情報漏洩の脆弱性あり。しかも修正の予定なし。

やっぱりIEはダメな子。

IE9以前に情報漏洩を起こしかねない脆弱性が発見されたようです。 そして、Microsoftはその脆弱性の修正をする予定もないと言っています。 まぁ、Win XPをいよいよサポート終了するわけですし、切り捨てるのも道理かとは思いますが。

スポンサーリンク

IE10にアップグレードするか、IEを捨てるか

JVN#63901692: Internet Explorer における情報漏えいの脆弱性によれば、影響を受けるのはIE6~IE9であり、細工されたXML形式ファイルをダウンロードし、開いてしまうと、別のローカル保存されたファイルの内容が漏洩する可能性があるとのこと。

現状これらブラウザにこの攻撃に対抗する手段はなく、前述のようにMSも修正の予定はないとしています。 攻撃難易度も低いことから、かなりの危険性をはらんでいます。

対処法としては2つあり、IE10へアップグレードするか、IEの利用をやめて他のブラウザに乗り換えるか、です。

前者は使い慣れたIEを使い続けることができますが、Win Vista以前のOSではアップグレード対象外です。 どうしても使いたければWin 7以降のOSに乗り換える必要があります。

それよりは後者のブラウザ乗り換えは手軽です。 Google ChromeやFirefoxなどをインストールし、それを今後は使っていけばいいのですから。

ただ、最初は操作感の違いに戸惑うでしょう。 しかしそれさえ乗り越えれば、IE以上に快適なインターネット閲覧環境が整うことになります。

IE9以前のIEをお使いの方は、これを機にアップグレードもしくは乗り換えを早急に検討して下さい。

書いた人はこんな人

壬生狼

壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする