こちらで更新継続中。「閃乱カグラ2 -真紅-」 もなんだかんだでクリアしたよ。

「閃乱カグラ2 -真紅-」 もなんだかんだでクリアしたよ。

前作プレイ後は、その操作性の悪さから「2は飛ばしてPS VitaのSHNOVI VERSUS(以下、SV)に行っちゃおうかな~」と思っていましたが、なんだかんだでクリアしました。

操作自体はその後割とすぐに慣れましたが、やはり3Dアクションは3DSでプレイするのはキッツいですね。 そして今回もやはり終盤にバランスが悪くなる模様。

スポンサーリンク

ベルトスクロールから3Dアクションゲーム寄りに。 しかし操作感は……。

本作は、ベルトスクロールアクションだった前作から操作方法やキャラモデルを一新。 横スクロールマップはあるものの、SVっぽいエッセンスを取り入れた間の子になっております。

ライン単位ではない奥行きができたことにより、アクション性は上がったものの、未だにガードがなく攻撃中の方向転換がほぼ不可と足りない部分も多かったですね。 最後まで行っても操作性に満足は行きませんでした。

各キャラの使用感は前作以上に個性的でバリエーション豊富になっていて、我が愛しの未来はやはり今作でも使いにくいという更に尖った調整がなされている模様。

そして、無双系アクションに近いアレンジながら、敵の数が今一歩かつエリア間移動で連閃数が途切れがちというところで、爽快感もちょっと物足りない印象でした。

まぁ3DSでここまでできれば中々大したもんですが、SVをすでに何度かプレイしたことがあったため、なんだかなぁという印象は拭えません。

ただ、キャラモデルはSV準拠となり、SVのクオリティまではいかないものの全体的にかなり可愛くなっていて満足です。

更なるパラレル展開の物語、そして結局終盤は崩れるバランス

本作は完全新規の物語でありながら、第一章で半蔵・蛇女の決闘シーンをリアレンジしたもの(半蔵側視点)を収録しております。 これだけで半蔵・蛇女両者の関わりが理解できるとは当然言えませんが、最低限両者がライバル関係にあったことは理解できるはず。

ただ、キャラのやりとりや事の顛末を見るに前作の半蔵・蛇女のどちらの展開とも微妙に異なる部分があり、大筋は踏襲しているもののまた新たな解釈のもと作られた物語と言えそうです。

そして続く二章では決闘後抜忍となった蛇女……焔紅蓮隊側の視点となり、その後が描かれつつ本作オリジナルの展開へと発展していきます。

本作ではタイトルにもなっている“かぐら”の存在が明らかになるとともに、忍同士の戦いよりも妖魔と呼ばれる化け物との戦いの比重が大きくなっております。

この辺りはファンとしてはやや賛否ありそうな部分で、妖魔比率が大きくなるほど、おっぱいの比率は小さくなってしまうからです。 まぁ巨大妖魔は特大おっぱいを備えておりますが、色んな意味で難易度は高かろうかと思いますおっぱい

全体的な物語の出来はやや盛り上がりに欠け、バトル挿入のためとはいえ冗長だったり不自然(ないしやっつけ感あふれる)な展開が多い印象。 (ファンサービスかもしれませんが)風呂場での戦闘だとか、物語展開を細切りにして戦闘を挟みまくった展開にはいささか辟易しました。

終盤に向けての展開はほぼ飛鳥・焔ばかりの出番が増え、他キャラが脇役になってしまっているのも個人的には寂しい限りでした。 流れや演出は悪くはなかったけれども。

っというわけで、不満はないではないし前作ほどではないものの、それなりに楽しめました。

ただし、今回もゲームバランスは全体通して良好とはいえません。

前作もでしたが、案の定、本作も4章の終盤辺りの風呂場での戦いあたりから前触れ無く難易度上昇。 さすがにここまできてレベル上げはかったるすぎたので、誇りを捨てて任務難易度を下げて挑んだところ、ヌルゲー化して難なく突破。

その後、難易度を戻すのを忘れてイージーでプレイを続けていたところ、5章に入って再び難易度急上昇。 なんと、雑魚の攻撃で9割程度体力を奪われる事態に。

圧倒的に、レベルが足りない。

4章に入るまでは程よい難易度上昇とキャラ成長で楽しめていましたが、今回もまた急にクリア間近になって難易度がポーン!と上がるわけです。

しかも、どう見ても固定出撃回数に偏りがあり、意識的にレベル上げをしないとならないというありさま。 イージーでこれなので、ノーマルならそのまま行くのは無理ゲーだったのでしょう。

これも前回書きましたが、ある程度レベル上げも必要なら、最初からそういう調整で作って欲しいもんです。 各章ごとにそれなりに鍛えていかないとならないならともかく、最終章にさしかかるくらいでいきなり「じゃあ、レベル上げてね!」ってな具合に言われても「今更めんどくせえわ! しかもアクションゲーで!!」っとなるわけですよ。

仕方なくちょっとだけレベル上げをし、すっかり忘れていた特殊任務やらを攻略して装備アイテムをゲットして、後は自分の腕を信じて突破しましたが……なんというかまぁ、装備アイテムの補正も含めてよくわからん難易度設定、ゲームバランスです。

最後の方でも、軸合わせとスピードがキツすぎて、タゲられたら回避がほぼ無理な攻撃を持つ巨大妖魔(最後まで秘伝忍法での緊急回避くらいしか対処法がわからんかった)やらなんやら、うーんという部分もありましたが、ノーマル難易度だったらぶん投げていた可能性もありますね。

もう3DS系列はいいかな……。

妖魔の巣?だかなんだかというチャレンジングなモードがあり、武器(外見が変わるだけらしいがww)や装備、コスなど収集系の楽しみは前作よりもアップしているものの、サブ任務がかわりになくなっていたりとプラスマイナスゼロ……いや、プラス0.5くらいかな?っというところ。

それなりに楽しめたことは楽しめたし(新キャラもまぁまぁ良かったし、かぐらは一粒で三度美味しい)、今回も未来は可愛くていい味出してたシーン(忍転身が最高!)もあって、よかったことはよかったんですが、3DSでこっち系列でシリーズが今後出てもちょっと腰が重いなぁと。

やはり3Dアクションとしての完成度や楽しさはSVの方がはるかに上で、3DSでやるんなら初代のようなベルトスクロールアクションの方がずっとハードとしてもマッチしてるように思うんでしょうね。

それゆえPS4/PS VitaのESTIVAL VERSUSには期待してますし、おそらく期待通り以上のモノになってくるとは思うんですよ。 こっちはそんなに不安がないというか。

あとは、3DS系列のシリーズが2(そしてSV)路線で行くのか、原点回帰するのかでチェックするかどうかが決まりそうです。 どうなってもバランス調整はもっとしっかりして欲しいところですがね。

とりあえず3DSのカグラはこんなところにしておいて、いよいよSVやらデカ盛りやらに移行と相成ります。 ちょっとだけまたプレイしましたが、やはり圧倒的に綺麗だし眼への負担も体感できるレベルで減っていいですな。 新キャラは今のところ魅力のあるキャラ少ないけど……。

ちなみに、プレイ後の個人的なキャラ別好感度はほぼ横ばいで大きな変動なし。 未来一強揺るがず。

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする