こちらで更新継続中。絵ログ: Day 0「絵の修業を再開します。 そして晒していきます」

絵ログ: Day 0「絵の修業を再開します。 そして晒していきます」

当ブログに存在する記事の中でもアクセス数が多いのが、(デジタル)イラスト関係の記事。 イラストをこれから始める方向けの記事であり、初心者もいいとこな私が分不相応にも上から目線で書いてしまった記事であります。

間違ったことは書いていない自負はあるのですが、当の本人が脱初心者を果たせていないこと、そして、ドヤ顔で「楽しく描き続けることが最も大事ですよ」とか書いておきながら、全くペンを持っていないのが現状です。

さすがにこれでは申し訳が立たないし、私としても問題があると認識しているので、これから再び絵の修業をしようと思い立ちました。

今回はこの「絵ログ」の方向性とか、前提とか、もろもろを書いて所信表明……いや、“初心”表明としようと思います。

スポンサーリンク

これまで、及び現状の私

最初に絵をネット上にアップしたのが、2009年の10月下旬。 5年も前なんですね。 しかしながら、遅筆……というより、あまり絵に力を入れてこなかったため、この5年間で完成・公開した作品はたったの17件。 そして最後に公開したのが2012年の6月末(トップ絵がそうです)。

いくらなんでもこれはひどい。

で、描いてない間は何をしていたのかと申しますと、リハビリと称してラフなのかも怪しい何かを描いてみたり、講座を“保存”してみたり……しかし完成させることはなく、ペン入れすらせず、基本的には他の趣味に時間を割いていました。

もちろん、このままフェードアウトしても、まぁその程度だったのだと自分を蔑みつつ生きていけばいいのですが、前述のとおり分不相応なドヤ顔記事を公開してしまっている手前、持論通り「一定レベルまで」は到達せねばならないと日を重ねるごとに思いを強くしていました。

そして先日、友人との話の流れもあって、久々にペンを持ってみたのですが……まぁ、当然ながら思うように描けません。 というか、絵の描き方を忘れていました。

さすがに危機感を強烈に強めましたので、これらの様々な理由から、次回から少しずつ絵の練習をするとともに成果を公開していこうかと思っております。

ちなみに、直近で“とりあえず”と描いてみたのが以下。

モデルは、私の現時点でのアイコンにもなっている、これ。

顔パーツが上に寄りすぎているとの友人指摘があり、「ああ、言われてみれば。 やはり自分じゃ気づけないなぁ」と思いつつ、修正して仕上げるよりは描き直して経験値を貯める方向で進めております。

「絵ログ」の目的・方向性について

目的としては「既に公開している記事に説得力をもたらし、私自身ある程度満足のいくレベルまで画力を引きあげる」となります。

元をたどれば、自作ゲームでイラスト・グラフィック素材として使うためにペンを持ったわけですが、ひとまずそれはさておき、何はなくとも上達が望ましいと考えます。

ただ、闇雲に「うまくなりたい!」と思っても続きませんし、漠たる希望だけでは上達できないでしょう。

そこで、方向性は目下は「最初はとにかく楽しく・描き慣れる」と若干ユルめのところから始めることにします。 描きはじめの頃の、技量だけに囚われず、純粋に描くことが楽しかった頃を今一度思い出し、その勢いのまま描くことを習慣化するのが狙いです。

以前設けていたサブブログでも絵の練習成果をアップしたりはしていたのですが、予想通り続かず、頓挫し、閉鎖してしまいました。 「毎日練習し、描いてアップしないと!」という、良くない方向のプレッシャーが悪い方向へ行ってしまった部分は少なからずあります。

今回はこの反省を活かします。 絵を描くのが、それこそゲームや音楽などを楽しむように習慣化してしまえば、気負わずともペンを持つようになります。 そうなれば、今すさまじく重い腰も単に練習を絡めるか否か程度のものになり、気軽に挑戦できるようになります。

それゆえ、最初はハードルを最下限までぐっと引き下げ、イラストを趣味と自信を持って言えるくらい、習慣化させてしまおうと思います。 それまでは、(以前の記事と矛盾する部分もありますが)無理に毎日描こうと気負わず、現実的に継続可能な形で続けていきます。

そして、習慣化がされたら、随時練習内容などを高度化し、記事自体の更新頻度も調整して、当ブログのコンテンツのひとつに落とし込めればなと。

絵の方向性を「ハイブリッド」で考える

修行の方向性は決まりましたので、続いては自分の絵の方向性です。

画風とか絵柄とか、そんなのを言える地点までまだ到達していませんが、理想とする作風・方向性は決めておいたほうが目的が明確化されてやりやすいと考えます。

そこで、あらゆる方向性を模索しつつ、しかし散漫になり過ぎない程度に、好きなイラストレーターを厳選しました。

とりあえず、スタンダードなものと、ロリ系のものにわけ、近似する画風のイラストレーターを近接させつつ画像を切り貼りし、参考画像として用意しました(著作権関係もあるので、もちろん非公開です)。

そうしてみると、自分が好きな方向性がぼんやりと見えてくるので、それらを抽出・集積し、書き出したりしていきます。また、実際に切り貼りした画像の上からトレースしてしっくりくるかどうかのチェックもしておきます。

これらを行い、好きな絵柄且つ描くときにしっくりくる絵柄が絞られてくるので、それらをハイブリッドし、参考にし、取り入れるなり実践していく……のを最初に行いました。

最終的には、やはりTony氏の絵柄が見た目・描き心地がしっくりきまして、「まぶたは太く描き過ぎず、下まぶたもある程度描く」「まゆ毛はやや太めが好み」「デフォルメ度合いは強すぎない程度。 ギャルゲに多い絵は描くのは好きではなさ気」というような結果が得られました。

まぁ、まだまだ詰めていくべきところはあるので、これが最終結果とはいえないかもしれませんが、おおよその方向性は見えたので、描き始める分には十分でしょう。

ちなみにロリ系の方は、私自身がそもそも“加齢病”にかかっているので難しいです。 ちなみに“加齢病”とは、「ロリを描いたはずが、何故か+2~3歳もしくはそれ以上になってしまい、ロリではなくなってしまう」という世にも恐ろしい難病なのです。

この辺はロリの特徴を正確に把握・理解できていないためとも思いますので、まずはスタンダードなところをある程度描けるようになってから、応用としてロリ系などにも挑戦できればと思います。

三日坊主では終わらせたくない!

こうしてメインブログで公開するに至ったのは、それだけ本気でイラストを趣味化してしまいたいのです。 今でも絵は趣味と公言はしてはいますが、まだ(自信を持って)人に見せられるレベルではないので、この現状をなんとしても打破したいところです。

本来当ブログはゲーム系記事を中心に、情報発信を主としてきたブログなので、こうした「情報」要素の皆無なものは掲載しない方針でやって来ましたが、それ以前に、私のハンドルをもじった「自分自身のブログ」なので、まぁいいのかな、と思い直しました。

一方で、身に余るほど多くの方に、様々な記事に目を通し、言及して頂いているのも事実なので、自分らしく自分の好き勝手に運営していくと同時に、余人にも意義深い・見せられるコンテンツとして充実・成長していかねばとも思います。

このほどよいプレッシャーを後押しに、以前のサブブログでの失敗を繰り返さず、三日坊主にならないように修行していければと。

まずは、近いうちに何がしか描き、Day 1として公開することから始まりますね。 まぁ、ゲームやらリアルやらのあれこれが山積なので、しょっぱなから時間を置きそうな予感がしますが、続かないからやめるのではなく、続かなくともペンをとりあえず握るところから前進していきたいところですね。

そんなわけで、不定期にお見苦しい“何か”がたびたび公開されることかと思いますが、あえて練習絵などを晒して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

P.S.
上から目線から一転し、この記事のような自虐的かつ卑屈な文面というのも考えものなので、こうした傾向も改善していく必要がありますね!

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする

『絵ログ: Day 0「絵の修業を再開します。 そして晒していきます」』へのコメント

  1. 名前:こーせき 投稿日:2014/11/04(火) 03:18:21 ID:60ae131cd

    こんばんは。えぇとゲームでなくて、絵がメインのブログだったんでしたっけ?スミマセン、少し忘れてました。僕もゲームの話題にばかり食いついてましたので、どうこう言えませんけどw

     加齢病ですか…確かにパーツが上寄りだと加齢しますね。でも自覚できたのなら自分がここだ!っと思った所から3~5ミリ下げて描けばいいので、次からはもう大丈夫でしょう。でも割と大袈裟に変えないと他人には伝わんないみたい。
     僕は逆に幼児病と言いますか、お姉さんが描きたい(日本は年増を描ける人が少ないと思うので)のにロリ化します。アメコミみたいな人が描きたいのですが、美人具合とガタイのバランスが解りません。少しの具合で男になっちゃうし、難しい。

     あと一応毎日何かしら描いてますね。仕事の都合上、凄まじく暇なタイミング(とはいえ10分とか短時間)が来るので小さなメモにサラサラ描いたりしてます。(えぇサボリと言いますね)
     この時は短いのでディフォルメしたものを速攻で、って感じですが…最近は2.5等身に凝ってます。やはり常に描いてるのも大事かなぁと考えますし。
     
     そんでこれは先生の受け売りですが、半端なラフや書き直しを繰り返すより「バランス悪いかも…」と感じてもまずは作品として1つ1つ完成させていく方が良いのだそうです。「仕事にした場合、過程ではなく完成品がその作者の絵柄だから」が理由らしいです。
     なので最低ペン入れ…行ければ彩色までこなしていくのをオススメしますよ。出来上がってから自己評価、がよろしいかと。偉そうに書いてますが僕も上手かないので共に頑張って行きましょう。

     Tonyさんは僕も好きです(シャイニングシリーズとかの人で合ってますかね?あとフォルト!とか)。肌の質感とか、ちょいエロなキャラも描いてますがあからさまなイヤらしさは感じない、丁度良いエロと言いますか…結局エロ可愛いんだけどエロ目的のキャラデザとは一線をかくと言いますか…上手く表現出来ませんけど、伝われば幸いです。

    • 名前:壬生狼 投稿日:2014/11/04(火) 18:29:28 ID:b165c5522

      どもども!
      いえいえ、ゲームメインのブログです。 ですけども、人気記事上位はイラスト系記事が多いという矛盾!!

      加齢病対策情報あざっす! なるほど、自分ではやり過ぎたと思うくらい調整してみればいいんですな。 ロリ系描くとき実践してみます。
      こーせきさんは幼児病ですかww ふたりが合わさればちょうどいいかもしれませんな、中和的な意味で。

      >あと一応毎日何かしら描いてますね。
      やっぱりこれが重要でしょうね。 毎日でなくとも、頻度が高めなのが理想。 絵にかぎらず、ある程度馴染むまでは、少しでも間が開くと忘れたりできなくなるもんでww

      >半端なラフや書き直しを繰り返すより「バランス悪いかも…」と感じてもまずは作品として1つ1つ完成させていく方が良いのだそうです。
      友人にもそう言われましたわ~。 経験値で見てもラフを繰り返すよりは、仕上げまで持っていったほうが大きく得るものがありますからね。 大変なだけに。

      今回はとりあえずな感じで大ラフのようなものを掲載しましたが、以後はやれるだけやってから自己評価・掲載していく所存! なので、投稿間隔はそれなりに長めになるかもです。 たくさん描けよ!ではあるんですがね、本業はゲーマーなので、という逃げ口上。

      >Tonyさんは僕も好きです(シャイニングシリーズとかの人で合ってますかね?あとフォルト!とか)。
      そう、その人です! エロいけどエロすぎない、可愛いけれど可愛すぎない、といったところで好みだし理想にドンピシャなのです。 いずれはいろいろな絵柄やSDキャラにも挑戦したいところですが、ひとまずTonyさん方面に進んでみたいと思います。

  2. 名前:こーせき 投稿日:2014/11/10(月) 18:54:47 ID:df9781f55

    こんばんは。イラスト関連の話でなくて恐縮ですがTonyさんの話題が出たので…。
     
     ちょいと前に久しくゲーセンに行きまして、シャイニングの格ゲーが稼働してました。3Dモデル(恋姫の格ゲーっぽい感じ)で格闘ゲームとしては地味というか普通というかでしたけど、どうにかTonyっぽくしようとした様で止め絵で見ると意外とTony感が出てました。
     演出やストーリーパートは当然Tony絵ですし、シャオメイで殴ると猫の手エフェクトが出たり、メルティはちゃんとアイスクリーム落としてきたりとキャラゲーとしては結構楽しかったです。機会があればオススメします。(若干ですが周りの目がキツい。只のファンの方かもですけど凄い見られてましたw 僕はもう慣れてますけどね!)
     
     ケモナーなのでシャオメイとフェンリル(猫&狼)でプレイしましたが殆どシャオメイ見てニヤニヤするだけでした。でも初見でクリアできたので難易度相当低いですね。おかげでシャオメイがサクヤに甘えるイベント絵見れて満足ですけど。(←千和さんのボイス付き。めっちゃ可愛かったっス)

     あとこれも関連無くて申し訳ないんですが結構前に落としたDLゲーム「ファントムブレイカーバトルグランド」が楽しいんですが、これもハクスラに入るでしょうか。ちっこいドットキャラが良く動くガーディアンヒーローズみたいなゲームですが、昔のアクション好きならこちらもオススメします。
     
     只の報告でしたが、長々と失礼しました。

    • 名前:壬生狼 投稿日:2014/11/11(火) 01:31:10 ID:82ee145a9

      おばんでーす!

      おおー、そんな格ゲーがあったとは。 私は格ゲー自体ほとんどやらないんですが、ゲーセンに行くことも皆無なので、そもそも知らなかったですww
      なんやかんやシャオメイが今のところ一番好き(握手!)ですし、難易度低いということなので、何かのついでにゲーセンに通りかかったら覗いてみようかと。
      他のプレイヤーとのそういう接点(?)もゲーセンならではですよね。

      それとファントムブレイカー(略)ですが、ハクスラと読んで差し支えないかと思います。
      Wikiソースで恐縮ですが、ハクスラの定義にBeat ‘em up……つまり国内でいうところのベルトスクロールアクションも含むらしく、ゴールデンアックスなんかもハクスラとして定義されているようなんです。
      戦闘重視で、キャラを強化しつつ、どんどん敵を倒していく……というような要素があればハクスラになるようですが、いかんせん曖昧なのでジャンルをまたいだジャンルレスな概念のようであります。

      直近ではドラクラ(積み)や朧村正(積み)なんかも好印象でしたし、この手のアクションは好きっぽい&ファントム(略)は価格も安価なので、サクッとやってみようかな?!

      当ブログでは、こーせきさんのご報告を心より歓迎いたします。 ではまた!