こちらで更新継続中。「ロストディメンション」体験版を今更プレイ。 クソゲー以上微妙ゲー以下なアレ。

「ロストディメンション」体験版を今更プレイ。 クソゲー以上微妙ゲー以下なアレ。

フリューよりPS3/PS Vitaで発売予定の新作RPG「ロストディメンション」の体験版が配信されていたのでプレイしてみました。

フリューということでほとんど期待していなかったんですが、人狼的システムなど気になる点もありつつ、しかしやっぱりフリュークオリティだなぁという結論にたどり着きました。

レビュー書きました

スポンサーリンク

裏切り者をあぶり出し、消し、先へ進むRPG

本作は裏切り者の特定が大きな要素となっており、人狼ゲーム的なものにRPG要素を加味したものになっています。

拠点で装備やスキルの準備を行い、ミッションでレベルアップやヴィジョンを行い、帰還後に裏切り者の絞り込みをする。 これを繰り返して、裏切り者を消して先へ進んでいくのがおおまかな流れです。

仲間であり裏切り者候補でもある人物は、主人公を除く10名。 ここから各階層ごとにランダムで1人裏切り者が選出されます。 プレイごとに裏切り者は変わるらしいので、“いろんな面を犠牲にして”リプレイ性を高めたのでしょう、多分。

疑心暗鬼渦巻く、気の許せない仲間との奇妙な連帯と警戒は、テーマとしてはおもしろみもあるはずなんですが、そこはフリュー。 なんとなく悪い意味でモヤモヤしたゲームになっております。

実際に画像を交えつつ、モヤモヤ空間をご紹介

さて体験版をスタートさせると、唐突に主人公が意識を目覚めさせるシーンからスタート。 まぁ体験版なので導入部がカットされているのは仕方がない。

立ち絵のアニメーションは、シーンなどに合っているかはともかく、そこそこします。 が、3Dモデリングとイメージの差が激しいのはもうフリューだから仕方がありません。 もっと言うとこの主役のショウ君、某ライダーの中の人らしく、なんともしょっぱい演技で私を魅せてくれます。 魅せられるか。

で、直後にチュートリアルも兼ねた戦闘へ。 本作の戦闘は戦場のヴァルキュリアや、シャイニングシリーズ直近作のような戦闘システムを採用。 ただ、

ハンドガンやサブマシンガンがこの至近距離まで行かないと攻撃できないというのはどうなのか。

一応、支援攻撃があったりするので、キャラクターの布陣ですとか、得物の特性とかを考える戦略性はないではないのですが、基本的に接近志向になるのはちょっと。 あ、支援攻撃自体は強力なので活用し、敵の支援攻撃には警戒すべき要素なんですがね。

その他にも戦闘では、ギフト(キャラごとのスキル)発動時に読み込みが発生してテンポを削いだり、特に何もしていないのにfps(フレームレート)が落ちまくったりと、素敵なフリュー仕様になっています。 メニュー操作周りももっさり。

本来はタクティカルで、冗長になりがちな戦闘を知的要素をとりいれたシステムのはずなのに、あまり知的な感じがしないなんとも言えないモヤモヤ感はさすがといったところです。

そうして敵を全滅させるとミッションクリア。 一応、勝敗条件があるのですが、果たして敵の殲滅以外の勝利条件が存在するのか怪しいところです。

クリア後は主人公の能力・ヴィジョンによる裏切り者探し。 裏切り者は1人だけですが、怪しげな言動をとる人物はランダムで3人設定されます。 なので、ヴィジョンでは2人3人と怪しい言動をとる容疑者が現れる可能性もあるのです。

発言内容自体は一瞬で消え去り、せいぜい赤文字かどうかの違いくらいしか重要ではありません。 後ほど怪しげな発言をした人間が何人いたかを一覧できるので、見逃してもOK。 特にここでの発言が決定的と言えるものでもないので、あくまでもヒントとするのが良さそうです。

一応メインヒロインらしい?ヨウコさんもまた、ひどいcvなのでした。 時折BBAくさいヴォイスになるのが魅力です(白目)

拠点では各キャラとの会話や、装備の充実、ギフト習得・強化、ヴィジョンを使った犯人探し、(一部条件下で)ジャッジができます。

この拠点画面もひどいものです。

カーソルはスティック移動できますが、移動速度が緩慢でポイントしにくく、快適とは言いがたいです。 じゃあPS Vitaのタッチ操作を使おう!とアイコンをタッチしてみても無反応。 そう、タッチ操作できません。

結局十字キーでの操作が最適解というもにょるしかない設計となっており、今週発売という現実に反したα版的完成度に私の魂は打ち震えました。 というかここでもfps落ちるのはなぜなのか。

もうこの時点で人狼的要素に興味を惹かれつつも、システム的・ゲーム的には愛想が尽き始めており、プレイ意欲がゴリゴリ削られていますが、やっぱりイレイズまでは行きたいので頑張ることに。

とりあえず、怪しげな人物に目星をつけてディープ・ヴィジョンで深層心理を探ります。

とても……SOUL SACRIFICEです……。

これ、ソルサクの不完全な要請(記憶の欠片集めるやつ)とコンセプト丸かぶりじゃないですか!やだー!!(パクリとは言ってない)

白っぽい世界、心の声が赤いフライングテキストで表示されるなどなど、どうしてここまで似通ってしまったのか。

ともあれこうして深層心理を探り、裏切り者を見つけ出すのですが、このフライングテキストにはそう種類もなさ気で、プレイヤーがすべきこともただ走るだけ。 うまくやらないと拒絶されて途中で中断させられるとか、そういったスリルも特に無いです。

ちなみにディープ・ヴィジョンは回数制で、各ミッション初回クリア時に1回分ゲットできる仕様。 無駄撃ちはせず、次の階層に回数を持ち越すのがベター。

そうして潜ってみた結果、マナというメガネっ娘はシロで、ナギという片目おっぱいがクロという結果に。 結構片目おっぱいいい感じだったのに!

ただ、これで裏切り者を消せるというわけではありません。 最終的には多数決で裏切り者に票を集中させ、除外せねばなりません。

例えば、この状況のまま先へ進めてしまうと、片目おっぱいが裏切り者だとはっきりわかっていても、マルコという少年が裏切り者として選ばれ、除外されてしまいます。

そこで、ミッションの出番です。

ミッションをこなすと信頼度がアップし、ミッション中の戦果(敵を倒す、援護攻撃をする、仲間を回復する、など)によっても評価や印象が変わり、ミッション後の仲間からの質問に答えることで裏切り者は誰かを誘導できるのです。

……うーむ、なんか良心が痛むけど、仕方ないよね、後ろからザクーっと刺されたくないもんね。

こうして確実に裏切り者を除外できるように準備を整えたら、いざジャッジ。 このジャッジをして裏切り者を消さない限り、先へは進めないのです。

信頼度低いと主人公が選ばれたりするんだろうか? また、失敗したらどうなるんだろうか?

ちなみに戦果(信頼度?)の高い上位3名は投票権を2つ持てて、発言権が増します。 なので、主人公には戦果を多くあげてもらうことで、裏切り者排除を確実なものにするのもポイントとなります。

逆に怪しげな人間は戦闘へはあまり参加させずに、あぶり出しの必要最低限の出撃に留めるといいでしょうね。 発言権は与えず、より選ばれやすくするのです。

そして投票の結果……片目おっぱいを消すということになりました。

(´・ω・`)

なんか……なんかなぁ。 後味悪し。

そして、彼女は消えた。

ひとことふたことを残し、彼女は抹消されました。 これ、好みのキャラが裏切り者だったり、濡れ衣で消されたら結構アレだね。 あっさりしすぎていてエグみは薄めだけど。

こうして、ひとり裏切り者を排除することで、先へ進めるようになります。

なお、消された人物はフェイタルマテリアというものを残します。 これにはそのキャラが習得したギフトが残っているほか、マテリアを装備することで他キャラに継承(一部派生)できるというもの。

誰が裏切り者になるかで、戦術や難易度も大きく変わってくるんじゃないですかね?

仲間を犠牲にしつつ、上へ、上へ。

なお、塔の階層は5階層っぽいです。 マップ表示的にも、キャラ数的にもです。

11キャラのうちひとりは主人公で、各階層ごとに裏切り者を排除するとすると、最終的には戦闘メンバー分の6人が残ることになりますので。

そういう意味では一周はさくっとできて、周回プレイ前提なのかなぁと。 ボリュームは少なめ?

そんなこんなで体験版終了。

課題多し。 フルプライスではキツい

人狼的要素はまぁまぁ面白いかな~と思いつつも、それ以外の部分がお粗末でフルプライス出すのは抵抗がある印象です。

上記内容で触れた不満点の他にも、例えば、シナリオが薄味になりそうという懸念があります。

なにせ毎回ランダムで裏切り者が指定されるので、かなりのバリエーションをフラグ管理で用意し、各階層イベントごとに多くの種類のテキストやら音声やらを用意しなくてはなりません。

そう考えると5階層しかないことと、各階層のイベント濃度が薄味にならざるをえないのではないでしょうか。 まして、大規模ゲームを制作できるほどの体力のなさそうなフリューですから。

あと、キャラゲーとして見た場合、お気に入りキャラが早々に退場する可能性があったり、(プレイヤーの采配ミスで)濡れ衣退場する可能性があるのも賛否ありそうです。

尤も、そのあたりもドラマティックに描いてくれれば文句無いですし、そうではなく、現状でもそれが本作のコンセプトだと思っているので、個人的にはマイナスではないんですがね。 片目おっぱいと火使いJKのヒメノ推しです、はい。

 あとは、火使いJKとの会話で品のない表現が見られたのもどうなのかな?と。 世界設定とか雰囲気的にミスとは思わないのだけれど、同社過去作の「つくものがたり」然り、なんか下品な表現が多い気がします。

しかもCERO B(12歳以上対象)とのことですが、このままでいいんですか?と。 いや、別に表現規制推進しているわけじゃないんですがね、レーティングが適正化は怪しいところなんで。

そういったところでクソゲーではないかもしれないけれど、微妙ゲー以下な雰囲気が早くも立ち込めており、発売日以降の動向が気になるところであります。

最近の私の行動を見るに、衝動的に買ってしまう可能性がないでもないのが恐ろしいですが、聡明な皆様におかれましては、体験版をプレイをしてから決めるのが最善かと思います。 クソゲーハンターでもない限り、フルプライスの価値があると予想できませんので。

書いた人はこんな人

壬生狼

壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする