こちらで更新継続中。「メダル オブ オナー ウォーファイター(Medal of Honor: Warfighter)」 レビュー

「メダル オブ オナー ウォーファイター(Medal of Honor: Warfighter)」 レビュー

MOH(2010)から続く、新生MOHシリーズ第二弾。今回はシングル・マルチともにDanger Closeが制作し、ゲームエンジンにはBF3でも使われたFrostbite 2を採用。BF3に比肩するグラフィックで、個人戦ないしファイアチームとの共闘に重きをおいたマルチプレイが魅力の作品になりました。

一方、シングルプレイの出来は平凡ややイマイチ寄りで、期待が大きかったせいもあってか残念に思うところも。マルチも没入感は今一歩で、今回も惜しい凡作止まり。

 icon-smile-o ここがイイ!

  • シングルプレイにおいて、ムービーシーンの出来は圧巻。かなり美麗でリアル。
  • 楽曲の出来は全体的に前作よりも向上。映画音楽っぽくなった。
  • 本作の特徴”ファイアチーム”が、うまくフレンドとプレイできれば面白いシステムとなっている。

 icon-meh-o 微妙・惜しい

  • シングルプレイのミッションはやや数が少ないが、動かせる映画として見ると短さを感じない。
  • 射撃音はBF3のようにバリバリ撃っている感覚はないが、現実的。好みではないけれど、CoD近作の射撃音よりは遥かに高品質。
  • マルチプレイは”ファイアチーム”を組めなかった場合、かなり不利に。あまり活況があるタイトルではないので、マッチングもしにくいなどプレイ人口面で損をしている。
  • リーン(上体傾け・覗き動作)があるのはいいが、操作設定によってはボタン配置が干渉しあってまともに操作できない。

 icon-frown-o ここがダメ!

  • シングルプレイのマップデザインや敵の強さの設定バランスなどがイマイチ。初心者にはイージーでも厳しい可能性がある。
  • AIも調整不足か。味方は無能で、敵の狙いはプレイヤー一筋。
  • 登場人物の魅力が伝わりにくい。特に、操作キャラの一人のスタンプは影が薄い。
  • 一部でプチフリーズや、フレームレートの落ち込み(処理落ち?)が発生する。
スポンサーリンク

詳細

前作はやや物足りないシングルモードと、グラフィックがいい無料FPSかと思わんばかりのダメダメなマルチプレイが批判の対象となりましたが、果たして今回は?!

ということで期待と不安が7:3くらいで購入しましたが、絶賛もこき下ろしもしにくい、微妙で平凡な作品に仕上がっていました。

前作よりはマルチプレイが改善された一方、シングルプレイは同等か劣化したんじゃないかと思わんばかり。良くなったり悪くなったりとデコボコしつつも、総合的には及第点といった感じです。

内容はともかく、シネマティックさは合格ライン。

前作のシングルは方方では低評価でしたが、私としてはなかなか出来が良かったと記憶しています。しかし、別系統ながらBF3では不出来なシングルになってしまいました。

そんな矢先、リアルさとドラマ性を追求したという本作の登場です。リベンジなるか?ということでプレイしてみたら……なんとも起伏のない内容になってしまいました。

プレイヤーはプリーチャーとスタンプという2人の人物の視点を借りて、本作の一連の事件を追っていく事になります。しかし、スタンプの印象が全く残らない。

もちろん、スタンプが完全に要らない子というわけじゃないんです。かといってそれほどシナリオに絡んでくるわけでもなく。まぁメインはどう考えてもプリーチャーなので仕方がないのでしょうけれど、もう少しスタンプにも花を持たせて欲しかったかなと。

こう書くとつまらないように見えますが、少なくともムービーシーンから伺える人物像や背景、境遇などは各人に深みを出しています。それにゲーム本編が平坦なのは実際の事件を元にしているというのもあるかもしれません。

ゲーム本編よりムービーシーンのほうが味わい深いという、ゲームとしてそれはどうなの?という感じですが、自分で操作できる戦争映画だと思えばいいと思います。ムービーゲーというわけでもないですし。

エンディングロールで流れるLinkin Parkの「Castle of Glass」もニクい演出(PVをあらかじめ観ておくと物語に思い入れが増すかもしれません)。

シングルプレイ:やっぱり粗が目立つ

ミッションの完成度と、AIの完成度がまだまだ調整不足のまま発売されてしまった印象です。

ミッションの方はマップデザインがあまりよくなく、敵の沸くポイント指定が雑で、ストレスを感じる場面があります。特に敵の沸くポイントに関しては、急に背後に敵が出てきて瞬殺されることもあるので×。

AIはまず味方が無能すぎるという点。敵が近くにいても素通りするし、閉所への突入時に射撃をしてくれなかったりと、火力としては全くアテになりません。

一方の敵AIはプレイヤーの撃破のみを考えるので、目の前にNPCがいてもこちらを向いて射撃してきます。その射撃の腕前は一級品で、難易度ノーマルでも的確にヒットさせてくるのであっという間に死にます。

おそらくリーン動作を踏まえた難易度設計なのでしょうけれども、それにしたって精度が良すぎやしないかと。ノーマルでなんとかクリアしましたが、より上のハードやらTier1、ハードコアではどうなるものやら。

マルチプレイ:前作より大幅改善し、及第点に。ただし少々大味

マルチプレイではデスマッチ、セクター制圧(コンクエスト)、コンバットミッション(BF3のラッシュに似)、危険地帯、ホームランの5種類。

ホームランを除いては、いずれも他のFPSでもおなじみのものばかりですが、ここに本作独自の”ファイアチーム”というシステムが加わることで、共闘感がアップしています。

この”ファイアチーム”はお互いの位置を常時把握できたり、相棒がやられた場合に加害者を表示してくれたりと、戦略上重要なシステムになっています。

その分、野良でマッチに参加して孤立してしまった場合、かなり苦戦することになるかと思います。なにせ、敵に位置がバレているのに、こちらは全くわからないのですから。

その他、戦闘に一味加える支援アクションも、使い勝手が微妙なものから強力無比なものまでピンキリなので、CoD近作ほどでないにせよ一方的な試合になる高い可能性をはらんでいます。支援アクションを使いこなしてこそチームを勝利へ導けるとも言えるバランスですが。

決してつまらなくはないものの、それほどアツい戦いにならない(燃えない)とか、勝っても大して喜びを感じない&負けても悔しくないというのがなぁ。没入度はそれほど高くないかも。

総括

うーん、このぶんだと次回に期待!と言っても期待できない気がしますねぇ。よくはなってきてはいるんですけれども。

ライバル視しているCoDにはシングルプレイ(のシナリオや演出)では、まず勝てないということがわかってしまいましたし、システム面も作りこみが甘い部分がありますし。ムービーの美麗さとドラマ性はいいだけに、他が凡庸だったりダメだったりで足を引っ張り、結果的に凡作に落ち着いてしまっています。

グラフィック精度や破壊表現はエンジンのお陰で大きくリードしていますが、それだけじゃあねぇ。マッチングできない(人が少なくてフルプレイじゃない)という現象も既に起きていますし、今回も短命に終わってしまいそうです。

決して駄作ではないしつまらなくもない(“ファイアチーム”は好印象)のですが、本作ならではの体験が不足していますね。旬の今を逃したら、プレイ機会はなくなってしまうでしょう。

書いた人はこんな人

壬生狼

壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする

『「メダル オブ オナー ウォーファイター(Medal of Honor: Warfighter)」 レビュー』へのコメント

  1. 名前:まるお 投稿日:2012/11/19(月) 11:30:37 ID:fa190fdf8

    おお、このレビュー地味に待ってました!w

    今作も微妙でしたか・・・
    あまり口にしていなかったけど、実は評価次第で買おうかと思っていました。
    微妙といえどシングルは短めかつプレイングシネマ的内容ということで性に合ってそうだし(ストーリーの尺が無駄に長いと飽きるタイプ)、マルチはファイアチーム(詳細はやってみないとわからんけど)というのもやってみたら楽しそうですねえ(`・ω・´)

    もともとPS2時代の初代MOHは好きだったし、久々にやってみたいというのもあるんですけどw
    期待もそこまでしていなかったので、凡作なら許容範囲内か・・・?

    あ、やばい・・・この流れは買ってしまう流れ・・・
    ということで、積みゲー多数で憤死必至のまるおをご覧ください。

    • 名前:壬生狼 投稿日:2012/11/19(月) 12:48:56 ID:cef595dc5

      おお、お待たせいたしました!

      シングルはムービーシーンはツボを押さえていたわけなんだけど、戦争映画でよく見られるシーンも多くて、戦争映画を多く観ていればジーンとくるし、そうでなければ新鮮かもしれないですな。
      マルチはBF3エンジンでCoDをプレイするようなもので、ファイアチームは相棒が常時シルエット表示(壁も透過)に加えて加害者のシルエット表示など、位置取りや危険回避に役立ちます。構想は面白い。

      積みゲー過多とのことなので、後回しにしてもいいとは思いますが……CoD:BO2が出てしまったらマルチが完全に死ぬんじゃないかという懸念もあります。いずれにせよ、早まるとアカンですぞ!