こちらで更新継続中。【P4U】花村陽介が聴いている音楽ってなんだろう?【P4G】

【P4U】花村陽介が聴いている音楽ってなんだろう?【P4G】

B007WPOPZ2

ジュネスのガッカリ王子の異名をほしいままにする、ペルソナ4シリーズの登場キャラクター・花村陽介。 彼は常日頃からヘッドホンを着用し、戦闘中は音楽を聴きながらノリノリで戦っている様子を見せてくれます。

で、いっぱしの音楽好きとしては「陽介ってどんな音楽聴いてるのかな?」と気になるわけですよ。

これまでは明確な答えもヒントもなかったのでどうしようもなかったんですが、先日発売された「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」にて彼の音楽の趣向が垣間見えることとなったのです……。

今回は、どんな曲・アーティストを好きなのか少し探ってみます。

※本記事は未完結というか未完成です!協力・情報求む!!

スポンサーリンク

本邦初公開?陽介の部屋

では早速、今回のカギとなる陽介の部屋を見てみましょう。

© Index Corporation

コンポジット接続でのスクリーンショットなので画質が悪くてごめんなさい(´・ω・`)
※2013/06/09追記:
若干の高画質版スクリーンショットをご用意しました。→■クリックで画像表示します。

クマの部屋など突っ込みどころもありますが、今回は画像の右方……デスク周りが重要です。 CDが立てかけてあるのが見えます。

画像ではぼやけまくりですが、実際にはもっとクリアに見えます。

※2013/06/09追記:
エッジ発光やシャープ化した画像をご用意しました。→■クリックで画像表示します。
これを見ると、割と複雑な構造をしているのがわかります。

立てかけてあるということは、愛聴しているなどの理由で「お気に入り」である可能性が高いです。 というわけでこの小さなヒントを元に、ここに何が置かれているのか……そして、どんな音楽が好きなのか調べてみることにしました。

え?ここにあるのは実在するCDなのかって?

はい、存在します。というのも、私が持っているCDもいくつか含まれているので、確信が持てます。  ではいってみましょう!

下段にあるもの

では右から探ってみます。

Minutes to Midnight
Minutes to Midnight

まずはコレ!うん、すごく簡単でわかりやすい!!

世界的に大人気なLinkin Parkの3rdアルバム「Minutes to Midnight」ですね。

初期はオルタナティヴロック・メタルにラップなど様々な要素を取り入れた「ニューメタル」でしたが、やがてエレクトロニカ調の作風を取り入れて路線変更。 独創性と高いメロディセンスという彼ららしさはそのままに、進化し続けるモダンロックの代表と言えます。

収録されている曲の中での代表曲:

この「What I’ve Done」は映画「トランスフォーマー」のテーマ曲にも起用されましたね。 割とイメージ通りというか、良くも悪くも驚きはない感じですね。

では次、下段中央!

All the Right Reasons
All the Right Reasons

こちらもビッグバンド、カナダ出身のNickelbackによる5thアルバム「All The Right Reasons」ですね。

彼らもまたオルタナティヴロック・メタルに区分されるわけですが前述のLinkin Parkとは全く趣が違いますよ!

ヘヴィなサウンドもキャッチーでメロディアスな曲も得意とし、特徴的なヴォーカルがそれらを引っ張っています。 本作ではことさら美メロが印象に残る楽曲が多いですね。

収録されている曲の中での代表曲:

う~ん、センチメンタルなニオイもするこの「Photograph」はP4のイメージに合いますね。 印象としてはもう少し大人になってから、昔を思い返すような感じですけどね。

さてここで残念なお知らせです。 なんと、ここで既に私が「確実だ!」と言えるアルバムは出払ってしまいました(;´Д`) 

以降は類似・近似ジャケットを挙げるだけで確実性はがっくり下がってしまいます……。

もし「これって○○の××ってアルバムじゃね?」というような情報をお持ちでしたらコメント欄等で教えていただければと思います。 邦楽とか、非ロック・メタルの方面には疎いもので……(´・ω・`)

では下段最後の一枚は……うーん、わかりません。

黒系のバックに、上部に白でバンド名のテキスト。 中央に薄くサークル(円形模様)が描かれ、中央に大きく「X」。

多分こんな感じなんですが、X Japanとか調べたものの該当せず。

バンド名がホニャララXなのか、アルバム名がXなのか、そもそもそのどちらでもなく、ただのアイコンとしてのXなのか。 ただのアイコンだったら探しようもないですね……。

情報求むです。

※2013/06/09追記:
記事掲載時は「X」と書いていましたが、今回掲載した高解像度の画像を見ると「X」かどうかも怪しいですね。 「X」というより「Ⅱ」のような? まぁどっちも“潰れる”と同じような形ですが。

上段にあるもの

さてさて、一気に自信喪失なわけですが上段へ参りましょう。 上段右にあるのはコレ……かなぁ?

Oncoming Storm
Oncoming Storm

陽介が、こんなメタルコアを聴いているとは考えにくい……。 もし聴いてたら戦闘中のノリはあんなもんじゃないでしょうしw

一応楽曲紹介:

気を取り直して上段左へ。 こちらもかなり難易度が高くて確証はありません……。

Follow the Reaper
Follow the Reaper

色味・系統的にはこの辺だと思うのですが、なんか違う……。 その微妙な差異も、このサイズだと判別に苦しむわけですが(;´Д`)

一応楽曲紹介:

メタルばっか聴いてるからかもしれないですが、なんとなく北欧のメロデスorフィメールフロントのゴシックメタルor(シンフォニック)パワーメタルあたりが怪しそうです。

もちろん、全く別のジャンルのものの可能性もありますが、その場合はお手上げ侍ですね。

2013/06/09追記:
あるいは、この辺?

Made in Heaven
Made in Heaven

うーん??? 拳を振り上げているようにも見えたんですが、肝心の上がっている腕が反対のような気も。

青系のイメージは予想以上に多く、画像に見られる“黒”のバランスがカギなんでしょうけど、こういう色味のジャケットも多いという罠。 どうしましょう。

まとめ

思いつきで書き始めたものの、思った以上に難航したというか難しかったですね。 最初の二枚以外わからなかったわけですし、私の知識も全然大したことがないという事実が露呈しただけ……w

ただ、ジャケットの雰囲気+判明している二枚から考えるに、他のアルバムもロック~(ライトな)メタルなのではないかと思われます。 つまり、オルタナティヴロック・メタルあたりを好んで聴くのはほぼ間違いが無さそうですね。

※2013/06/09追記:
作中で使われている楽曲の傾向から攻めると、クリエイター側の趣味とマッチして見つかる可能性も? とすると、ポップスやブラックミュージック系の作品である可能性も。

五枚中三枚が「不明」のまま終わってしまうという不本意なオチではございますが、もし陽介と知り合えたなら結構話が弾みそうだなぁと思いつつ締めくくらせて頂きます。

そして、再三になりますが、情報お待ちしております! とはいえ、掲載している画像では判別が難しいとは思いますが……。

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする