こちらで更新継続中。「わグルま!」 レビュー

「わグルま!」 レビュー

わグルま!

ゲームポットが運営しているソーシャル・ブラウザゲーム。

プレイヤーは貧弱で情けない魔王に代わって女の子型モンスターの部下を使役し、収集してきたアイテムを利用してより部下が過ごしやすい部屋を作っていく。

バトルもあるものの基本的に部屋づくりを楽しむというゆるいコンセプトがウリ。何かと殺伐としたデザインが多いソーシャルゲームにあって、なかなか貴重な作品に仕上がっています。

キャラクターの可愛らしさと、そこそこ高水準な音声周り、何よりも独特のゆるさが魅力的です。

 icon-smile-o ここがイイ!

  • 喜んでみたり、空腹で倒れてみたり、ご飯を食べてみたり。デフォルメが効いたモンスターたちの一挙一動はとても愛らしい。
  • モンスターの世話と諸々の管理だけすれば毎日10分ほどのプレイでも楽しめる。もちろんやりこもうと思えば長時間楽しめる。
  • 声優の起用のほか、BGMなどもそこそこ高品質にして好感触。
  • 他プレイヤーとは競争関係ではなく協力関係にあるため、他のソーシャルゲームで競うことに疲れているなら本作は癒しの手を差し伸べてくれる。

 icon-meh-o 微妙・惜しい

  • 一回あたりのプレイ時間は短いものの、部下モンスターの世話があるために原則毎日ログインが必須。私のような移り気・怠惰なプレイヤーや、忙しいプレイヤーは継続プレイは難しいかも。

 icon-frown-o ここがダメ!

  • 特に無し。

詳細

本作はソーシャルゲームというものに興味を持ち始めた私にとって、ソーシャルゲームというものに対する偏見を大幅に和らげた作品です。それくらい、完成度が高いと言えます。

グラフィック周りの統一性や完成度はもちろん、システム、音響に至るまで、抜かりなく制作陣がこの「わグルま!」という作品を作り込んでいるのが伝わってきます。

粗製濫造で作品愛の希薄な印象がつきまとうソーシャルゲームですが、本作に関しては作品愛や熱意が伝わってきます。

なんといってもモンスターがキュート!

本作の最大の魅力はモンスターの可愛らしさでしょう。

モンスターといっても外見は女の子の形をしており、そこにせいぜいツノだのシッポだのがついている程度。魔界戦記ディスガイア的なデザインと言えばいいでしょうか。

彼女らにはそれぞれヴォイスが割り当てられており、何かアクションを起こすたびに声の反応があるのもいいですね。

外観や声だけでなく、一挙一動もキュート。

わグルま! シーン1

私は飽き性にしてズボラなので長い放置期間があります。その放置期間を経て覗いてみるとこのようにモンスターはみんなお腹をすかせて倒れています。かわいそうですが、この演出は笑えるしカワイイです。

わグルま! シーン2

かわいそうなのでエサ(おにぎり)をあげると、とても嬉しそうにモグモグとかじりついています。小動物が一生懸命にエサをほおばる姿に愛しさを感じるのに似ていますね。

もう、この愛らしさには一撃でコロリとやられました!

いわゆる二次元キャラに一目惚れするのとは異なり、スクリーンショットでも触れているように小動物・愛玩動物の動きを眺めて「かわいいなぁ~」と愛おしく感じるのに近いです。

育成ゲームではないのですが、そのあたりが好きならば本作のモンスターのかわいらしさには惹かれるものがあるはずです。

一回あたりのプレイ時間は10分から!

本作のシステムはモンスターを探索に行かせて素材を収集し、持ち帰った素材で家具などを作って部屋をグレードアップしていくのが基本。

探索も目的地さえ選べば勝手に出かけて一定時間経過後に帰ってくるので、その間は特に張り付いての操作は不要です。

モンスターが不在にしている間に家具を作ったり、アイテムの売買をして食料を確保したりしてもいいですし、帰ってくるまで放置してもいいわけです。

またログイン時には先のスクリーンショットのように空腹で倒れているモンスターが居る場合があるのでエサをあげたり、遊んであげて仲良くなる(不仲になると家出していなくなる)必要もあります。

ただこれも世話自体はそれほど時間を必要としないので、大した負担にはならないかと思います。
※それでも私のようなものぐさはログインすらしないのですが。

一方でしっかりとモンスターを育成したり、家具を充実させるとスキルの習得や探索等の効率化などもあるのでやりこみ要素もあります。

そういう意味では幅広い層が楽しめるシステムと言えましょう。

こまめなログインが必要なデザインが、私には合いませんでした

以上から作品自体の完成度は高いのですが、面倒くさがり屋の私には「毎日ログインしてお世話する」というのがなかなかできません(;´Д`)

わグルま!だけにかかりきりでプレイするなら毎日のお世話など気になりませんが、あいにく他のゲームや、ゲーム以外でもやりたいことはあるわけで。そうして日があくとログインもしなくなり、気がついた時に覗いてみると、モンスターたちが総家出という状況に……。
※実際に当レビュー作成時に覗いたらいなくなっていました。

そんなわけで、飽き性や面倒くさがり屋だという人は本作のシステムにはあまりマッチしない可能性が高いですね。本作の欠点というわけではなくあくまでもミスマッチ条件ですが。

総括

くどいようですが、本当によくできたゲームです。

私は毎日ログインなどはできないので早々に引退ということになりますが、こういうのが続く人はなかなか長く楽しめる作品となっています。

ソーシャル要素が強く、友達と協力してナンボな印象もありますが、友達の部屋にお邪魔してモンスターと触れ合ったりと、自分の部屋だけで終始しない楽しみ方もあります。

もし定期的に覗ける状況にあるのなら、本作に癒しを求めてはいかがでしょうか。

わグルま! | 公式サイト

書いた人はこんな人

壬生狼

壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク