こちらで更新継続中。「サモンナイト コレクション」レビュー

「サモンナイト コレクション」レビュー

サモンナイト コレクション

GREEで配信中のサモンナイトを題材にしたソーシャルゲーム。

基本はお馴染みのカードバトルですが、ダブったカードを獲得した時に自動で合体して強化してくれたり、探索中に鉱脈を掘り当ててイベントが派生したりと、なかなか独自性はある方かと思います。

また、カードイラストも描き下ろしと思われるものもあり、仮に描きおろしでなくとも新旧キャラ・召喚獣を一同に会させたという意味では、ファンサービスとしては上手くやった方ではないかなと感じました。

ストーリーらしきものもあるものの、ほとんど蛇足に近いのでそこは微妙なところではあります。

 icon-smile-o ここがイイ!

  • カードの自動合体が非常に楽で助かる。おかげでカードはかさばりにくいし、何も考えずにプレイしても割とサクサク進む。
  • 主人公クラスのキャラカードがノーマルのレアリティでも出てくるので、ファンサービスは旺盛な方?

 icon-meh-o 微妙・惜しい

  • 自動合体システムは人によってはひいきできないので、邪魔に感じる場合も?任意でキャラ合体(別キャラ同士の合成)もあるので、全くひいきできないわけではない。

 icon-frown-o ここがダメ!

  • 全体的に無難すぎる作りが、あまりプレイ欲を刺激しない。

詳細

何を差し置いてもカードの自動合体(合成)が秀逸ですね。

この手のゲームは探索を繰り返しているとカード枚数がすぐ上限に達し、膨大な数のカードを強化するなり売却するなりしてスペース確保しなければならず、かといってこまめに管理するのも面倒くさいというジレンマがあります。

しかしその点本作のこのシステムでプレイヤーは雑務から解放されます。

どんどん探索してダブりカードが出ても、既に所有しているカードに獲得時点で次々と自動で合体・強化されていくので、枚数上限をほとんど気にする必要がないのです。

そうしていつの間にか強化されていたカードを素材にエース級カードを強化してみたりと、プレイヤー負担がかなり抑えられ、ユーザーフレンドリーなシステムだと感じました。

今のところこれに類するシステムを”意外と”他で見たことがなくて、本作の最大の独自性にして優れた点と言えます。

総括

自動合体・強化システムを除いては手堅く、無難な仕上がりでファン以外はあまりプレイ欲をそそられない 可能性はあります。

しかし描かれるイラストは魅力的ですし、独自性も低くはないです。適度にゆるい印象も受けますので、入門としてもいいのではないでしょうか。

尤も、サモンナイトファンが一番楽しめる内容でしょうけれども。

サモンナイト コレクション – GREE

書いた人はこんな人

壬生狼

壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク