こちらで更新継続中。「SOULCALIBUR Lost Swords」 レビュー

「SOULCALIBUR Lost Swords」 レビュー

バンダイナムコゲームスによる、ファンタジー武器格闘ゲーム・ソウルキャリバーシリーズ初のF2Pタイトル。

今回はソシャゲ的な要素に加え、より装備集めにフォーカスした内容となっていて、好きなキャラをこだわりのカスタマイズが出来る(かもしれない)のは魅力。

ただ、対人戦がなくひたすらNPCとの戦いであったり、せっかくのストーリーラインが薄っぺらいなど、人気格ゲーシリーズとしてはどうなの?っという点も多く、没入感は薄め。

 icon-smile-o ここがイイ!

  • 装備品はかなり豊富な模様。 キャラカスタマイズが好きな人には嬉しい(ただし運とリアルマネーは必要)。
  • 操作などはこれまでのものを踏襲しているので、質自体は低くない。

 icon-meh-o 微妙・惜しい

  • ルールは、ややプレイヤーに不利すぎる気がする。

 icon-frown-o ここがダメ!

  • 対人戦モードがないほか、ローカル対戦すらなし。 ひたすらNPCと戦うので恐ろしく単調ですぐ飽きる。
  • カスタマイズ幅があるのはいいものの、スタート直後がどのキャラも下着姿というのはいかがなものか。 早々に課金させようという魂胆が透けて見える。
スポンサーリンク

オンライン必須なのにイケてないシステム

本作にはしょっぱなからやる気を萎えさせてくれるステキ仕様が備わっています。

まずはじめに操作キャラをジークフリート/御剣/ソフィーティアの3人の中から選ぶんですが、誰を選んでも最初は「下着姿」なんです。

私はジークフリートにしましたが、もうね、やる気が起きませんね。

パンツ一丁で大剣を振り回す姿にカッコよさを見出すのは至難です。 っというか、彼らの身になにか起きたのかと心配になるようなスタートであり、しかしそのくせ特に何かあったわけでもないという破綻っぷり。

つまるところは「さっさと課金して装備を集めてね」っというメッセージなのです。 いや、せめてデフォルトの衣装くらい着せてくれよと。 意地汚いですよ、さすがに。

ジークフリート「見込み違いだったか?」

それはこちらのセリフです。 かっこいいセリフを言ったところで、所詮はパンツ一丁&凶器所持の露出狂がなんか言っているだけで、ちっともいい印象は受けません。

さて、早速やる気が無くなったところでクエストへ。

本作はソシャゲを下敷きにしているので、ストーリーモードらしきソレはAPという行動力を消費してステージに挑む形式になります。

しかしまぁ、ストーリー演出なんぞはないわけで、実際のところは代わり映えのしないNPC戦を延々続けるだけ。

しかも連戦&体力回復なしの上、タイムアップ時は体力の残量割合に関係なく問答無用でこちらの敗北というアンフェアな設計。 つまるところは「課金してコンティニューしまくってね」っというメッセージなのです。

こうまで露骨に課金を要求するのはF2Pとしては3流ですね。 はい、もうこのあたりで既に投げたくなってきます。

そしてトドメとばかりに、ストーリーモードもどきに飽きても、他に遊び方が存在しないのが致命的です。

別に私は格ゲーは特に好きでも得意でもないですが、格ゲーは対人戦があってナンボじゃないですか、多分。 だというのに、本作はオンライン必須にも関わらず対人戦が一切ないわけなんです。

オンラインマッチ? ないです。 ローカル対戦? ないです。

結局、来る日も来る日も難易度曲線なんて考えていなさそうなNPC相手に延々と挑み続けて、微妙な装備を集めて、マイキャラに着せてちょっとニヤニヤするしかないのです。 それが全て。

格闘部分は従来通りなんで遊べないこともないですが、いかんせん、それを取り巻く環境がアレ過ぎてすぐに飽きることうけあいです。

ポチポチするだけのソシャゲよりは遊べるかな?とも一瞬思いましたが、中途半端に遊べる程度では逆にすぐ飽きるという結論に至りました。

総括

まぁ、暇つぶしにはいいんじゃないでしょうか。

……としか言いようのない内容ですね。 正直、遊びこもうとする意欲が一瞬たりとも芽生えずに収束へ向かいました。

ただ、本作を暇つぶしに遊ぶくらいなら過去シリーズ作を遊んだ方がマシなんじゃないかという私説も浮上してきており、なにはなくとも遊びの幅が狭すぎてどうにもこうにも。

無料だから触ってみるだけ触るのもアリですが、かなりの確率でHDDの肥やしにしかならないでしょう。

SOULCALIBUR Lost Swords(公式サイト)

SOULCALIBUR Lost Swords | Sony Entertainment Network

書いた人はこんな人

壬生狼

壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする