こちらで更新継続中。「シン・ゴジラ」見てきました。 人生初リピートしちゃうくらいには満足です。

「シン・ゴジラ」見てきました。 人生初リピートしちゃうくらいには満足です。

シン・ゴジラ イメージ

見たくて見たくてウズウズしていて、友人らの「見てきたYO!」報告に刺激されて居ても立ってもいられずに、先日、今日と二回見てきました。

イデオロギーがどうたらとか深遠なテーマは云々……は他の人に任せるとして、特に見識があるわけでもなく、ヌルい映画好き・ゴジラ好きとしての感想を書いていこうかなと。

なので、深い考察とか解説とかなんとかを見に来たんであれば、その目的は達せられることはないです。 ごめんなさい。

スポンサーリンク

何はさておき、ゴジラのことよく知らなくても楽しめる?→好き嫌いはあっても楽しめるんじゃないですかね

まだシン・ゴジラを見ていない人で気になる部分のうちひとつは、「ゴジラに詳しくない、あるいは、過去に一度も見たことがない自分でも楽しめるのか」ということだと思います。

さすがにゴジラというキャラクターそのものを全く見聞きしたことがない……という人はごくまれだと思いますが、ゴジラの映画を見たことがない……あるいは、そんなに数を見たことがないという人は相当数いると思います。

ゴジラといえば1954年に第一作目が公開され、それから休止をはさみつつも長い間作品が作られ続けているシリーズであり、ハリウッド版も制作・公開されている……他になかなか類を見ない作品群です。

そんな作品群ですから、あまり馴染みのない人は「いきなり行っても楽しめるのだろうか」「予備知識なしでも大丈夫なのか」と心配になる人も少なくないと思います。

私は完全リアルタイムではないとはいえ、“おおむね”シリーズを見てきた程度のゴジラ好きです。 ファンとか自称できるほどは詳しくはないので、ゴジラ好き……としておきます(弱気)。

しかし本作シン・ゴジラは、過去作を知らなくても問題ないという話も聞いていたので、いったん、これまでのゴジラの知識や概念は置いておいて、できるだけまっさらな気持ちで見てみました。

……結果として、過去作に触れず予備知識がなかろうとも、ひとつの作品として楽しめるであろう、という結論に至りました。

確かに、過去作に触れているとより楽しめる部分はあるとはいえ、ひとつの作品として十全に楽しむんであれば、それは不要です。 映画内で進行に沿って徐々に明かされていく情報を蓄積し、ゴジラを目撃し、そして結末を見届ければ、それでちゃんと楽しめると思います。

もちろん、好き嫌いはあるでしょうし、本作も“誰でも”楽しめる……と集客の常套文句のようには決して言えません。 賛否あるというか、(ゴジラ映画としても)好き嫌いが割れるところでもありますし。

ただ、そういう個人の好みを抜きにして、本作を楽しむのに過去作に触れた経験が絶対条件かといえば、そうではない、という答えになります。

なお注意点として、監督のクセというかなんというか……視覚的・聴覚的に情報量が多いです。 なので、全て取得しようとすると疲れますし、楽しむどころではないでしょう。

ただですね、ある程度ザルでボロボロとこぼしたりしても、流れで骨子は理解できるようになっています。 専門用語を早口でまくし立てたり、テキストが短時間の間に大量に出てきても気にせずに“雰囲気だけ”掴んでればいいと思います。

あえて聞き流したり取りこぼす……そしてここぞではしっかりと見据える。 そんな具合にコントロールは必要ですが、徹頭徹尾本気で全て受け止めようとしなくてもいいと思いますよ(もちろん、頑張って最後まで集中して楽しむのも大いにアリでしょう)。

とにかく圧縮されたシーンたち。 無駄なものなど一切ないし、一方で取りこぼしても問題がない。

では、ここから思ったこと・感じたことを適当に書いていこうかなと。

ネタバレは極力避けて行きますが、ニュアンスで伝わってしまうこともあるかもしれません。 それを好まないのなら、ここらでページを閉じてください。

ということで、改めて。

まず冒頭シーン……ここはPOVの手法がうまく取り入れられていました。 予想よりゴジラの出現が早いというか、それをもって映画が始まるようなもんなんですが、この入り方はいいですね。

日頃接しているかもしれないSNSや動画サービスなんかを小道具にすることで、そこに映し出される事象やモノを身近に感じられるはずです。

だからこそ……この一連のシーンでの、棒読みの人には少し萎えました。 あまりの驚きに感情が消えたとかいう無理解釈もできなくもないですが、明らかなる棒読みで、ここは臨場感を高める意味でも自然な演技をしてほしかったのが本音です。

とまぁ、ちょっと出だしで「うーむ」となってしまったものの、そんなのはすぐにどこか行ってしまい、続いて慌ただしい政治家さんパートに。

ここらへんから矢継ぎ早なセリフ、登場人物の肩書と名前の表示が相次いで行われ、「おいおい、まだ把握しきれてないヨ!」っていう間もなく、どんどん話が進行していきます。

途中で、「ああ、もしかしたらそれほど重要じゃないのかもしれない。 無理をして追うのはやめよう」と、少なくともテキストの類は読めたら読むくらいのスタンスに切り替えました。 そして、どうやらこの選択は間違いではなかったようで……以後、一度しか出てこないような人物も肩書や名前が表示されておりましたし、いちいち読み取っていたら物語に置いて行かれたでしょう。

で、正直、最後までいまいち顔と名前が一致してない人も大勢いたんですが、それでも問題なかったなと。あの時、名前はわからんけど、あのひとがああいった・ああして、こうなった……くらいの理解でも、大筋としてのストーリー理解に支障がないんです。

というのも、本作の描き方としてはいわゆる群像劇。 (ないではないですが)個々人のドラマよりも、個人の集合である、ゴジラに相対する人類(巨災対)を描いているので、主要人物ですら詳細にプロファイリングできなかったとしてもそれほど悪影響がないのだと思います。

ともあれそんな具合に、非常事態にあーだこーだと所見の交換や承認のプロセスを踏んだり、ゴジラ出現後は対策を講じるにもやたらと七面倒臭い迂遠なやりとりをかわし続けます。

とにかくまぁ会議好きと思いかねないほど、何かと会議会議会議……必要なことではあるのですが、そうして規範や規定で固めているからこそ、こうした不測の緊急事態には後手に回りかねないわけで。 以後も、会議シーンが頻出します。

「俺は怪獣映画・ゴジラを見に来たんだ!」という人には、やっぱりこの会議シーンは辛いところでしょう(実際、一回目に見に行った時に隣に座っていたオジサンは、会議シーンでつまらなそうに息を吐いていました)。

専門用語などをベラベラと次から次へと言い放ち、よくわからんうちにどんどんシーンが推移していく……。 ただ、これもまた、大雑把な内容と雰囲気を楽しめればそれでいいんじゃないかと思っております。

そうこうしているうちに、ついにゴジラが全容を表す!……のですが、ここでサプライズ。

トレーラーを見ていても……むしろ見ているほど、サプライズ。

詳しくは衝撃を損ねるので書けませんが、トレーラー(予告)では明かされないモノ・シーンがどんどん出てきます。 特にゴジラのアレは……なんというか……「?!」ってなもんで、まさにサプライズ。 いや、いい意味でトラウマ。

その後はトレーラーにもあったシーンがちらほら出てくるものの、しかし、要所では(当然ながら)サプライズな演出・展開もあって、トレーラーで知り得たものは本当に氷山の一角であり、それに意識が縛られているほどに本編で驚かされるんじゃないかと感じました。

その後も言葉にすれば「ええーっ?!」とか「お、おおお……」ってなモノがたくさんありまして、まぁ、ネタバレ回避するとなるとそうした抽象的な書き方しかできないのがなんともはやなのですが。

ただ、トレーラーでも確認できるシン・ゴジラにおけるゴジラは、あのように圧倒的な存在感と大きさを誇り、それがまた予期せぬ動きを見せたり……あるいは、圧倒的恐怖と絶望感を植え付けることをやってのけるわけです。

私は1954年の初代ゴジラはリアルタイムで見ておりません。 が、私の母はリアルタイムに子供の頃に見ており、「今見るとちゃっちいけど、当時はすごく怖かったんだよ」と何度か話してくれておりました。

その話を聞いて、そして実際に初代ゴジラを見て「ああ、確かに当時を考えれば、リアルタイムに見た人はこのゴジラに恐怖したのだろう」と理解はできたのです。 しかしそれはあくまで見聞きしたことから推測して理解したに過ぎず、実際に当事者として体験したものではありませんでした。

それを、半世紀を経て、今、自分が体験している。 ……絶望するしかない、圧倒的な力を見せつけたシン・ゴジラにおけるゴジラに、恐らく母が初代ゴジラに感じたのであろう恐怖とは、これなのか。

……とまぁ、そんな感慨とも付かない思いをしつつ、スクリーンから目を離せない自分がおりまして。

結末こそ、王道な映画のお約束だとかこれまでの例と照らし合わせると、異例といえるほど“地味”に映るかもしれませんが、ある意味ではそれこそがリアルに感じた部分でもあり、拍子抜けするほどの“地味”さが、心地良くもありました。

そしてエンディング……かと思いきや、ここでもサプライズが。

モロに何かありげなカット。 寄っていく。 もっと寄っていく。 もっと……ン?!なんですかアレは。 あ、ちょっと待ってもう一度見せて!(暗転)

ここは色々と考察なりなんなりがされているんですが、最後の最後までインパクトがあるし、楽しませてくれる作りになっておりまして、いい意味でのモヤモヤを抱えつつエンディングロールを最後まで見ることになるのでした。

二点ほど、少し残念だった点。

以上のようにほとんど大満足な内容でしたが、先にも挙げた冒頭の棒読みさん以外にも二点ほど残念だった点が。

まずは石原さとみ演じるキャラ。

英語の発音に関しては……かなり頑張っていたと思います。 日数的にそれほどキャラ作りに専念できないであろうし、過去にそれなりに経験がある英語のスピーキングだったとしてもどうあがいても生粋の日本人なわけで。

そう考えると、確かにネイティヴという設定は無理があるものの、そこらの日本人よりは流暢に話せているし、短期間でプロ根性見せて頑張ったんだなぁと発音には好意的に受け止めております。

むしろ、そのキャラクター性や演技の方向性が個人的には残念というかドウカナーといったところでして。

本作の他の演者の多くは、邦画にしては珍しく抑えた演技をしていたように思います。

私はやたらと声を張ったり、やたらと声をからして泣き叫んだり、妙な間を置いたり……というような邦画にありがちなクサい演技が大の苦手で。 そうした演者が演技派と呼ばれる傾向にあったりする状況にも疑問符しかない……という塩梅なのですが。

そんな私が(他にもクサい演者がちらほらいたものの)拒絶反応を見せずにすんなり楽しめた・見ていられたのは、抑え目の演技だったからだと思っております。

しかし、そうした抑え目のトーンのキャラクターのなか、石原さとみ演じるキャラはステレオタイプでコッテコテのクサい演技に寄ったキャラクター性と言動をしていたんです。 当然、めちゃくちゃ浮きます。

せっかくシリアスなシーンで、抑え目のトーンでの会話があってリアリティを積み上げていても、彼女が話すと途端に芝居がかりすぎて一気に嘘くさくなってしまう。 ああ、お芝居を見ているんだ、と冷めてしまって現実に引き戻されちゃうんですよね。

どういう思惑があってああいうキャラにしたのかわかりませんが、シン・ゴジラの不満点の中でも彼女のキャラクター性は大部分を占めます。 そう、発音なんかよりはずっと、大きな問題に感じました。

もうひとつ不満点を挙げるならば、ある登場人物(市川実日子)が危機的状況にある物語後半に漏らした一言。 内容自体はごもっともなのだし、実際にそういうシーンなので仕方ないとは思うんですが……。

それ、わざわざ口にしなくていいよね!?

……っていう残念至極な思いで聞き届けました。 そのくらい、わざわざ言われんでも誰しも思い当たりますよ、と。 喋らせ過ぎで、ちょっと陳腐な演出に感じてしまい、ここもまた残念でした。

逆に言えば、しいて言える不満はそれくらいなもの、ってことなんですがね。

楽曲や効果音がいいね。

物語や展開だけでなく、音響面についても書いておきたいと思います。

まず、随所に流れる故・伊福部昭の楽曲。 これがまたいいんです。 そりゃ当然といえば当然なのですが、ただ、これまでゴジラのテーマたるアレを聞いて気分が高揚することはあっても恐怖することはなかったんですよね。

それが、本作であのおなじみのテーマが流れた時……聞き慣れたはずのテーマが、とても恐ろしいものに聞こえたんです。 いつもよりテンポが遅めに感じ、その響きが不気味ですらあって……。

その一方で、鷺巣詩郎による新曲もイイですね。 特にトレーラーに抜擢されたBGMがシーンにもマッチしていて素晴らしい。 サントラ買って重点的に聞いております。

その他、戦車による砲撃……というか着弾時の効果音や、ゴジラの尾が地を叩く音などが、これまで聞き馴染みのある効果音だったのも個人的には嬉しかったですね。 音だけ聞くと、見た目の割には軽い印象を受けるものの、ニヤッとできる演出でした。

邦画としてもゴジラとしても大満足でした。

怪獣映画であることだけでなく、その内容や方向性もだいぶ人を選ぶのは間違いないでしょうが、完成度に関しては本当に素晴らしいものだったなと。

思えば、本作は人生では初の「ひとり映画館」でした。 これまでは友人だったり家族だったり……その時々で傍らにいた人は違ったけれど、誰かが必ずいたんです。

が、今回はひとりで行きました。 そして、人生初の「ひとり映画館」が、シン・ゴジラで本当に良かったと思っています。 ……まぁ、鑑賞後にとにかく語りたい欲がムラムラ悶々と残ってしまった点(当然語るべき相手がいない状況)は、ちょっと辛かったですけどね。

その上、サントラを聞いているだけでは飽きたらず、もう一度見直したい・確認したい……という欲求が日に日に強くなってきて、とうとう今日(本記事公開時)、これまた人生初のリピート……つまり、劇場に再び足を運ぶことになったんです。

人生初のひとり映画館、人生初のリピート……ある程度年を食うと「人生初」のことをするのはおっくうになるもんですが、その気持ちを押しのけて実行に移した甲斐があったなぁと。 映画としても楽しめましたが、そうした「人生初」をふたつ成し遂げた記念碑的作品に、本作がなってくれたことは、喜ばしいことです。

……と、色々とグダグダ書いて来ましたが、ここ最近の邦画としてもゴジラ映画としても屈指の出来だと思います。 好き嫌いが出そうな内容である……というのは既に書きましたが、その上で、なにか気になる点が本作にあるんであれば、とりあえず深いことは考えずに見てみるといいと思いますよ。

ああ、BDが今から待ち遠しい……。

【シン・ゴジラ ネタバレ感想】せっかくなのでネタバレしつつ好きに書いてみる。ってのも書いてみたので、鑑賞後の方はよければこちらもドゾ。

書いた人はこんな人

壬生狼

壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする