こちらで更新継続中。「真・三國無双7」 レビュー

「真・三國無双7」 レビュー

無双6Empiresから間を置かずに発表、発売された7作目。 前作をベースに、アクション面を“深化”させたものとなっております。

アクションが改善された他方、ストーリーモードの出来や商品としての品質は低下してしまった印象で、トータルで見ると前作とどっこいどっこいか劣る部分もあるかと思います。 やりこみ要素も微妙な感じ。

ただ、爽快感はかなりのものなので、息抜きにちょこちょこ遊ぶのであればイイモノに仕上がっていると言えましょう。

 icon-smile-o ここがイイ!

  • 全武将に個別の武器が割り振られ、モーションの使い回しが解消。 アクションの個性で行けば過去最高。
  • 新アクションは、一見複雑そうに見えてとてもシンプル。 爽快感上昇にも貢献しています。
  • ステルス軽減(完全にゼロではありません)。
  • ギラつきで目が疲れやすかった前作に比べ、目に優しくなった印象の3Dモデル。
  • 今回も良曲多し。 ifシナリオではシリーズファンなら「おっ」となるサプライズも。
  • 既にあれだけのキャラがいるのに、追加された新キャラも個性的でした。
  • 劉備及び蜀漢の描き方がいい感じに偽善者・胡散臭い感じで、個人的に好感触。

 icon-meh-o 微妙・惜しい

  • モードは多いものの、やりこみ要素・ボリューム・プレイの継続性に繋がっていない。
  • ストーリーの描き方の出来栄えは前作に比べて大きく劣る。 飛び飛びなので、三國志の流れをよく知らない新規ユーザーには厳しい。
  • 布袋寅泰のED曲は曲単体では悪くないものの、あまり本作にはマッチしない。
  • 一部武将(趙雲など)の声優の演技が確実に悪化している……。

 icon-frown-o ここがダメ!

  • 細かいバグが多い。 中には進行不可能・復帰不可能になるものも。
  • 読み込みまわりが今回もイマイチで、テンポが悪く感じる。
  • 味方が再び使えない子に。
  • マップデザインや進行が“面倒くさい”と感じることが多くなった。
  • 兵器の仕様がダメダメ。
スポンサーリンク

アクションの出来はすばらしい!

前情報ではあまり代わり映えしないのではないか、という気持ちも少しあったのですが、そんなことはありませんでした。

6ではEX攻撃(キャラ固有アクション)で差別化しているだけで、刀剣モーションが一緒だったりと使い回しが多いのが微妙な点でありました。 これが、一気に解決へと向かったのです!

なんと、新規キャラのみならず全ての武将それぞれに固有の武器が与えられたのです。

例えば劉備と陸遜は両手に剣を持っている形ではあります。 しかし、劉備の武器はこれまでのように“双剣”、陸遜の武器は“飛燕剣”という新武器として区別され、モーションが全く異なるものになっているのです。

これに加えて、EX攻撃や各種無双乱舞があるわけですから、武将ごとのアクション性能・モーションの個性というものは過去最高といっても過言ではありません。

ただし、武器の種類が増えたことによって、武器の整理や管理が煩雑になってしまったという弊害もあります。 おまけに武器の整理や管理のシステムがイマイチ使いにくいので面倒くさいというのも残念な所ではあります……が、ここは素直に喜んでおくべきでしょう。

新アクションはこれだけじゃありません。 まず、武器に「天・地・人」からなる相性が設定され、3すくみとなりました。

相性の良い相手には猛攻乱打を繰り出す「ストームラッシュ」、相性の悪い相手には逆転を狙える「ヴァリアブルカウンター」が追加。

前者は周囲の敵を巻き込みつつメッタメタボッコボコにするもので、非常に気持ちいいです! 後者は狙って出せるものではありませんが、状況を好転させるという構想はしっかりと実現されています。 これらにより、攻め方に幅が広がっていますね。

他に追加された「覚醒乱舞」は無双4にあった覚醒印をリニューアルしたもので、覚醒中に乱舞攻撃を発動させると強力無比な無双乱舞に変化するというもの。

乱舞中に敵を倒すと更に変化して「真覚醒乱舞」となり、見た目以上に多くの敵を巻き込めるようになります。大暴れしたいときに使えますし、大量の敵をふっ飛ばせるので爽快ですね。

兵器の操作感などは微妙

このように操作関係は大幅に改善された一方で、兵器にまつわる操作感はイマイチですね。 投石器の照準はトロ臭いし、当たり判定もめちゃくちゃだし。

もっと言えば、ステージごとに兵器の破壊可能・不可能もバラバラで統一感がなく、理不尽感を感じます。 ステージの作りが過去作の自由進行型からミッション型に変更になった影響もあるのでしょうが、ミッション型になったことも含めてこれは×。

あ、兵器はダメですが、馬にはスムーズに乗れる仕組み(L2長押し)が搭載された点は、地味に評価されてしかるべき点だと思います。

キャラ描写もいい感じです

今回も各勢力に何人かキャラが追加されましたが、その新規キャラもいいもんです。

関銀屏

関銀屏。見た目の印象よりロリっぽい声なのが気になったものの、正統派な可愛さが魅力。

韓当

韓当。地味~なおっちゃんという印象が好印象。なにかにつけて目立ちたがったり、声がピアース・ブロスナン版ボンドの中の人だったりとネタ要素満載。

この2キャラが新規キャラでは好きですね。

関銀屏はルックスよし、怪力設定よし、声もまぁよしです。

韓当は人のよさそうなおっちゃんルックスが最大の魅力でありますが、ゲーム中での挙動や扱い、無駄にいい声などなど地味・空気キャラの割に目を引く要素がたっぷりです。

既存キャラも描写に深みが増したキャラもいて、中でも司馬懿はますますネタっぽい一面も増加。 張春華の登場により、恐妻家な一面ものぞかせてくれます。
※それだけに、司馬懿の声優・滝下毅さんが転落事故で帰らぬ人になってしまったのは、非常に寂しいところであります。 ここで、ご冥福をお祈りさせていただきます。

また、なにかと善人・聖人君子・仁の人とばかり描写されてきた劉備の描き方にも変化が現れた気がします。 劉備は、狡猾で偽善者な一面が強い人という印象でしたから、これまでの清廉潔白一辺倒な描き方は好きじゃありませんでした。

しかし、本作ではその狡猾さや胡散臭さがそこはかとなく臭う描かれ方がされており、私としては「そうそう、これが劉備。孔明ともども、いけ好かない奴め!」とか思いながら楽しめておりました。

その他、董卓は相変わらずアレな感じで、声優さんもはっちゃけた演技をされているのでキャラの描き方は良い感じでしたよ。

他方、ストーリーはイマイチ

キャラは良くても、ストーリーやシーンの描き方は前作に比べて劣化したなと感じます。

前作では魏による「漢たちの生き様」、呉の「血脈、絆」、蜀の「志と妄執」、晋の「次代の開拓」がよく描かれていて、グッと来る場面も結構ありました。

が、今作は悪くはないものの良くもない、可もなく不可もない仕上がりとなっているのが残念なところ。 本作も「さらに深くドラマティックに!」と喧伝している割には、特にどうということのない演出の数々でしたし。

ただ、久々のifシナリオはそれなりに楽しめました。 コーエー的な大胆でメチャクチャな展開はやや控えめなものの、十分に面白い展開を見せてくれました。 こちらの方は好感触です。

本作もサントラが欲しくなりますね

無双シリーズはBGMもいい感じなのが魅力なわけですが、今作も例に漏れず良曲が多いです。

新規曲はもちろんいいですが、過去作のアレンジ曲もあって嬉しかったです! 割と過去曲のアレンジってこれまでにもあったんですが、久方ぶりのアレンジ曲ということで2からプレイしている私としては感慨深いものもあります。

↑のリンク先記事にある楽曲もアレンジ・そのまま使用されているものもあり、だいたいはifシナリオで使われています。 そして、ifシナリオのエンディングでは無双2のエンディング曲が! 懐かしすぎて、ゲームとは関係ない所でグッと来ましたよ。

新規曲も前作を思わせる曲があったり、前作から引き続きフレーズが使われているもの(例えば、各勢力のテーマ)があったりして楽しめます。

真・三國無双6.5αな感じの内容・品質

最後に、ちょっとこれはなぁ~と思った部分をいくつか。 まず、フリーモードについて。

前作でフリーモードを希望する声があったので今回導入したということですが、やっつけ感が強いです。

フリーモードなのに戦前の長ったらしいイベントは導入されるし、ストーリーモードではプレイできなかった敵軍側のステージも5~10分もあればクリアできる短さだったり。 後者はイベントの数・質ともに手抜きレベルなので、おまけとして受け取った方がいいでしょう。

やりこみモードという位置づけの将星モードは、最初こそなかなか楽しかったものの、ある程度進めると途端に作業感が強くなってきます。 銅雀台を建造し終える頃には苦痛な作業しか残っておらず、ほとんどモチベーションも残っていない状態で継続するしかありません。

将星モードには他にも様々な不満点がありますが、バランスの悪さも顕著と言えます。 7~8連勝くらいしたあたりで急に敵が無駄に堅くなりはじめ、10連勝する頃には敵の強さはカンスト。 以降、何連勝しようともそのままの強さです。

いくらなんでも敵が強くなるスピードが早すぎる&カンストしてからは変化に乏しく、回復手段が非常に限られるので高難易度で挑もうとか全く思えない仕様。 単にマゾいだけで、達成感もあるのかどうか……。

全体的に練り込みや調整が甘すぎる印象で、もったいないことをしています。

バグや仕様まわりでの不満も多々

前作を超えた!と明言できない理由は、新モードの不満だけではありません。 そしてそれらは、これまでに挙げたメリットを加味しても、前作超えを明言できるものではないです。

まず、基本部分である戦場ステージの構想がイマイチになりました。

過去作では進軍の自由度があり、どう攻めるか?士気をどう確保するか?というのを自分で考える余地がありました。

今作でも、士気ゲージの復活や士気の重要度が上がったことでタクティカルアクションといえなくもない気はします。 一方で自由な進軍ができないというのが、マップが広い割に窮屈に感じる結果を招いてしまっています。 本作は、随時更新されるミッションをこなして戦闘をこなしていくタイプですので。

ミッションをこなさないと不利になるどころか、戦況が全く進行しない部分もあったりと言う点が窮屈ですね。 しかも、区別がしにくい・面倒になるくらいにあちらこちらに同時にミッションが発生するものですから、「めんどくせえええええええええ!!」っとなるのです。

前作も似たような感じでミッションの重要度が高かったはずですが、本作だけこういう印象を受けたのは「ミッション偏重」が過ぎた結果ではないかと思います。 ミッション内容自体もわかりにくい・説明不足なのもあってイラッと来る場面もちょこちょこあったのもマイナスです。

このミッションに関わるもので、更に厄介なのが味方武将。 歴代の中でもかなり弱い部類に入ります。

難易度「易しい」や「天国」でも、敵軍団と戦闘開始直後に“苦戦”し、間を置かずに“敗走”するくらいにはザコです。 前述の士気の重要度が増した弊害とも言えますし、現に士気を上げれば敗走しにくくなりますが、あまりにもすぐに負けてしまうので味方の頼りなさは嘆息ものです。

ステージ設計に関してはもうふたつ、構造が回りくどいのと流れがワンパターンすぎるのもマイナス。

構造は一方通行の多さ、回り道の多さ、閉ざされた門の多さ(ミッション型なのが影響)などもあって、移動が面倒・窮屈に感じるのに拍車をかけています。

流れのワンパターン化というのは、“たいてい味方本陣への奇襲がある”というのが原因。 どうせまた奇襲来るんだろ?と思ったら、まず来ます。 そうして、面倒なマップを行ったり来たりとするはめになるのです。

以前の無双のステージ進行はバラエティ豊富だったとは言いませんし、本陣奇襲は戦の常套手段かもしれませんが……ゲームとして遊んでみると、スリルよりも煩わしさの方が強く勝りました。

その他、敵が倒せない(ある時は攻撃が当たらず、またある時は常時ステルス)、地形にハマるなどという大小様々な不具合が多いです。 早速アップデートが配信されてしますが、どの程度改善されたかは未知数。 品質面では結構ひどい部類でしょう。

ロードまわりも長さやタイミングに難有りです。 敵を倒した後にイベントがある時は、結構な間待たされる(キャラ移動だけできる)のですが、こういう細かな部分でテンポを削いでいます。 幸い、遊んでいると慣れてはくるのですがね。

総括

性急すぎたリリースのせいか、調整不足やバグなどの品質面の悪い点も目立ちます。 しかし、トータルで見れば悪くない部類で、そこそこ手堅い出来の作品ですらあると思います。 秘蔵武器の収集など、やりがいのある要素もないではないので、なんだかんだで結構長い間遊べるものと思いますしね。

アクションの完成度・充実度はシリーズ随一ですし、爽快感もかなり高いです。 少なくとも、初無双だとか無双歴が短い人にはとても楽しめる作品となるのではないでしょうか。

逆にPS2時代から遊んでいる人にとっては、戦場での自由度の低下(窮屈・煩雑)といった点が気にかかる場合もありますし、コレジャナイ感を募らせる可能性も捨て切れません。

とはいえ、現行機での無双の形はだいたいこれで煮詰まったのではないかと思います。 猛将伝やEmpiresのリリース後に次世代機デビューを果たすのかどうかまだわかりませんが、かつて過去作が持っていた良さを今一度取り戻しつつ、アクション等はこの路線で行って欲しいところですね。

真・三國無双7

書いた人はこんな人

壬生狼

壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする

『「真・三國無双7」 レビュー』へのコメント

  1. 名前:こーせき 投稿日:2013/03/21(木) 00:22:06 ID:26ee7637d

     こんばんは。たまたまこちらを見つけての書き込みです。こういう所に書くのは不慣れなのですが(ネットつないで2ヶ月目なので)、えぇと正確には色々考えてみた。の記事へ意見になりますが、こっちでもいいのかな?
     
     初めにショクに関しての意見が全く同意見でした。故にコメントしました。関羽が自分勝手だろって思って、コウメイの狙いがあったとしても劉備の無責任な感じにイライラしてました。他サイト様でも同じ意見をぶつけましたら「史実だとロシュクが交渉したらしい」「同盟破棄を公式発表せずに攻めたのは呉が早計」といわれましたがストーリーでその説明無い訳でずっとどないやねん!でした。さらに関羽を無理やり格好良さげに死なせるのも違和感が残ります。関羽にも落ち度はあるけど、この人を悪く描くとショク好きがなぁ…っていう制作側の迷いが伺えます。別に戦争してんだし、どこの国が完全正義って訳でなし、駄目な所や失策も描くべきだと思いました。ショクは悪くないよっていう無理なフォロー演出が目立ちます。

     僕は名乗っている通り呉好きですので、ハン城あたりはイライラしてましたね。ブログ主さんの気に入っているらしいギンペイの「何で裏切ったんですか?」には、いやいやてめぇの親父がさぁ!って殺意すら沸きましたが…。とにかくショク贔屓ともとれるストーリーはもうやめてほしいです。演義も日本もショク正義!が定着してそうなので(呉と違ってファンも多いのでしょう)仕方なさそうですけどね。

     長文すみません。とにかく意見の近しい方がいてちょっと嬉しかったです。

    • 名前:壬生狼 投稿日:2013/03/21(木) 01:16:45 ID:3007d4935

      こーせきさん、はじめましてこんばんは。 どうぞ、こんなブログでよろしければ練習台にしていってくださいませ。

      「記事に対するコメントはその記事に」というのが基本だと思いますが、少なくとも私のブログの場合はテキトーな運営ですので問題ありませんよ! このレビュー上でも蜀に対する意見を挟んじゃっていますので、コメントもこのように公開させていただきました。

      こーせきさんの憤りもごもっともです。 確かに呉の判断は、先走りすぎたのかもしれませんが、一方で、盟約をないがしろにした蜀に国としての礼節を示している余裕もなかったのではないかと思うのです。 時期も時期でしたから、やむを得ずあのタイミングで進攻せざるをえなかったというのが本当のところではないのかと。

      関羽は義の武人という説明がよくなされますが、その義が向かうところは全て劉備なんですよね(あるいは「自分が代わりに手を汚そう」的なものでしょう)。 それゆえ呉との盟約よりも蜀の利を取るのは彼にとっては当然のことであり、それが呉にしてみれば「なにが義の武人だ!劉備も仁義とは名ばかりだな!」と映るわけですね。 立場が違えば、見え方も違うわけで。 それを単純に、義に殉じた悲運のヒーローということでかっこ良く描くのは、私も違和感を感じます。 そして全ては民のため、配下がやったことですから、な蜀汚い。

      そこのところを、コーエーの無双はどの勢力でも蜀漢は善玉というか、そういう描き方になっているのが面白くないですよね(むしろそれが偽善者的なうさんくさいイメージに映るわけですが)。 ベースとなっている三国志演義で劉備ら蜀漢が主役で、曹魏が悪玉という描かれ方をしているので、その影響が今なお強いということでもあるのでしょう。

      ただ、昔の無双はもっと蜀漢びいきがひどく、割とこういう「ズルさ」「汚さ」が描かれる・感じられるようになったのは最近の作品になってからなんですよ。 そうして、安易な正義の味方!みたいなヒーローじみたものから、仁義の名を借りて乱世を渡った勢力という認識に変わっていけば面白くなるのではないのかなぁと思います(今は過渡期であると信じたいです)。

      なお、関銀屏に関してはキャラの容姿や設定なんかが好きなだけで、人物としてはいかにもコーエーの描く蜀漢のキャラっぽい感じがちょっと……。 こーせきさんが例に挙げられた発言も含めて、なんかこう、宗教的・洗脳的なにおいが強いのが無双の蜀なんですよね。 だからいけ好かないというか、気持ち悪いというか、そういう印象を受けるのだと思います(やたら正義を振りかざすあの人とか、色んな意味で危険です)。

      私としても呉にはもっとスポットライトがあてられるべきだと思っていまして、今のところ残念ながら呉は三番手っていう印象が強いんです。 そこで、蜀贔屓分のパワーを呉に回してくれれば、三国(+晋)の評価は均等になるんじゃないかと思っております。 もう、ガンガンと朱然や朱治、程普、かなり飛んで陸抗(陸遜のルックスが若すぎるので難しいかな)とか出しちゃえばいいと思っていますよ。 名実ともに三国鼎立な扱いにして欲しいですよねぇ。

      こちらこそ、長文かつ支離滅裂な返信になってしまって申し訳ないです……ついつい興奮して、書きすぎてしまいました。 次回作以降では、より適切な扱いになってほしいものですね。 となると更に、蜀漢のいやらしさにイライラしちゃいそうですけれども。

  2. 名前:こーせき 投稿日:2013/03/24(日) 01:02:09 ID:11af80df5

     こんばんは。先日お世話になった、こーせきです。ほんの数日でまた来てしまいました。うざがらないで頂けると幸いです。
     長文のお返事、嬉し楽しかったです。むしろこのテの話で興奮する方と話したかったのです。今回も7の話をする訳ですが実は最近6エンパばかりやってたりします。やはりエディや汎用武将を使えるのは楽しいと思うのですよ。今は呂範と朱治で天下を狙ってます。

     しかし三国のバランスを取るのが恋姫無双でいいんですか?(笑)僕はアニメしか見てませんがこれでも呉は出番少ないですね。(ちなみに真桜と祭と白蓮が好きです。凌統も出ればいいのに…)珍しく呉が主役のアニメ「一騎当千」も途中で成都学園にもっていかれるし…おのれぇ!劉備ぃっ!!

     …と、脱線しました。今回は7のストーリーに対する不満というか要望というかなのですが、ブログ主様の仰る通り薄い気がします。新武将も絡みが少なく出てこなくても変わんないなって人がいます。中でも期待していたのが李典なのですが(真桜は関係ないですよ?)楽しみにしていた張遼とのいざこざがアッサリしていて残念でした。陣中会話辺りで急に「俺の叔父貴がさ~」って言い出した感じでしたが三国志知識無い人には「え、そうなの?」でしょうし。流石に李乾さん(?)が斬られる様をムービーにしろとまでは言いませんが、叔父貴がやられてへこむ李典さんとか張遼の加入にイライラする李典さんとかを入れてくれれば合肥で私怨より任務を取った李典さんの凄さがより伝わった気がします。個人的な贔屓目が入っているのは自覚してますが「天地を喰らうⅡ」じゃ弱いボスだった(古い)李典さんが輝いたっていいでしょ?いつ輝くの?今でしょ!って思います。阿呆みたいですがマジです。…と僕も興奮すると長くなってしまう様ですね。失礼しました。

     最後に、僕も程普は出すべきって思ってました。韓当に先を越されましたが。陸抗も要望は多いみたいですが出すとなると陸遜が老ける→女子ファンががっかり、となりそうなので無理ですかね。三国志好きな女子はむしろオッサンの方が好きそうだと思いますが。僕個人ではやはりウキン、朱治辺りを待ってます。ってやっぱり長くなってきちゃう。ここらで失礼しますね。本当にお返事有難うございました。

    • 名前:壬生狼 投稿日:2013/03/25(月) 15:04:45 ID:5eba97fc0

      こーせきさん、またまたどうもです!

      エディットしたり、マイナー武将を愛でるにはEmpiresがうってつけですもんね。 今回だと武将の置き換えもできますし、より、贔屓の非無双武将を愛用できるのは大きな利点でしたね!

      >恋姫無双
      三国ネタの作品は、割と相互に影響を与えているフシがあるので、恋姫とかで呉の再評価・人気向上が行われたら少なからず他のメーカーの取扱にも影響が出るんじゃないかという、非常に回りくどい考えがありましてww 一騎当千はノータッチなので詳しくは知らないのですが、やはり劉備めにかすめ取られるわけですか……おのれ劉備ィィィィ!!

      なお、恋姫は初代PC版しかやってないんですが、曹操と荀彧の関係とか、袁紹のアレな感じとか、貂蝉とかが好きだった記憶があります。 李典らも恋姫の方に先を越されているとは……。

      李典はとうとうというか、やっとというか、満を持しての登場だったのに楽進ともども個人的にはコレジャナイ感もあって残念でしたなぁ。 というかカンの冴える男ってなんですかと。 贔屓目とか関係なく古参にして欠かせないピースである李典を、なぜ今まで出さなかったのかと思いますよ! エピソードに関しても、回想含めたカットシーンくらいはあってもよかったかもしれませんね。 そういうのがないから、余計軽く見えるのかもです。

      これは、7猛将伝での列伝優遇フラグか……!?(と思いたい)

      陸抗はもう、ショタにしちゃえば女性層のファン拡大も見込めるのでいいんじゃないかと、ふと思いました。 ロリキャラがいるのでショタキャラがいてもいいのではないかと。 戦国無双の竹中半兵衛の前例がありますし、仮に無双OROCHI3が出たら、キャラかぶりのあたりで絡みも持たせられると思いますし。

      オッサン枠はもっと充実してもいい気がしますね。 なにかと新キャラはイケメンばかりなので、渋いオッサンが欲しい所ではありますね。 それこそ于禁や朱治はその路線でどうにかならないのかなぁと。 特に于禁は晩年のエピソードなんかはドラマティックを謳う近作であればうってつけですし!

      必ずしもプレイアブルにする必要もないし、公孫瓚や袁術、劉表などあの辺りはオリジナルグラフィックでもいいんじゃないかとも思いますし、次回以降にほんのり期待したいですね。

      こちらこそ熱いコメントありがとうございました! 機会があれば、またお越しくださいませ~