こちらで更新継続中。【2014年冬版】個人的おすすめSteamゲーム【セールをねらえ】

【2014年冬版】個人的おすすめSteamゲーム【セールをねらえ】

最近プレイすることなくSteamのゲームばっかり買ってる気がします私です。

いい感じにライブラリが充実してきて積みゲーが減るどころかもう崩しようがない堅牢な鉄壁となって立ちふさがっているので、そんな現実から目をそらすべくこんな記事を投稿。 適当にたまってきたら、不定期に続けます。

今回は確実にオススメできそうなものとなり、メジャータイトルばっかり。

スポンサーリンク

DmC: Devil May Cry

デビル名倉イとか言われていたし言っていたアレですが、遊んでみると普通に面白かったです。 製品版では思ったほど名倉ではないし、アクション・コンボの気持ちよさは随一。

まぁ、コンボの自由度が飛躍的に上がった反面高度化してしまって、私のようなボンクラにはスタイリッシュな操作は厳しかったのですがね。

あと、個人的には後半の特定の属性(AngelモードもしくはDevilモード)じゃないとダメージが通らない敵が頻繁にセットで現れたり、デビルトリガーが物語中盤にならないと開放されない(物語上の関係もありますがね)点などは少し気になったりしました。

で、私がプレイしたPS3版はミッション開始時などのロードが結構長くてアレだったので、その辺りも快適なPC版をオススメするものであります。

あ、バージルには期待しちゃいけません、ガッカリするので(ファンサービス演出と思われるシーンはあるけど)。 他方、ムンドゥスはいい感じでした。

The Elder Scrolls V: Skyrim

まぁ私がオススメするまでもないとは思うんですが、これも是非。 TESシリーズ第5作目にして、楽曲・グラフィックスが大幅に進化した傑作のひとつです。

まさにオープンワールドというやつで、その広大さや作り込み、雰囲気、空気感は他の追随を許しません。 適当にぶらついても楽しいし、そうして何気なく発見したモノにも何か“意味”や“歴史”が感じられるものがあって、とにかく味わい深いですね。

戦闘には賛否両論あって、退屈だとか前作からそんなに進化してないとかはありますが、個人的にはそんなに悪印象はなかったですし、場合によってはどうとでも出来る部分なので割愛。

そしてPC版をオススメする最大の理由は、CS版とくらべての動作安定性以上にMODの存在があります。

MOD文化はやはり海外では活発で、更にグラフィック(環境、人物など)を美麗にするものや、戦闘・UI・成長システムなどを変更するもの、より快適・便利に遊べるようにするもの、ネタとしか言いようがないナンセンスなもの……こうしたものを追加できる点にあります。

私に至ってはMOD漁りと動作確認だけで満足してしまうレベルで、PC版はまだまともに“プレイ”はしてませんが。 MODを入れずとも相当楽しめるので、骨太なファンタジーRPGが好きだったりオープンワールドや自由度の高い“ロールプレイ”の醍醐味を味わいたいのなら、是非に。

GOAT SIMULATOR

知っている人が多いであろう、ヤギゲー。 以後、ホニャララシミュレーターという名称の作品が増えたとか増えないとか。

ゲームの骨子は、ヤギになってモノを破壊し、ヒトをどつきまわし、ぐにゃぐにゃになって笑い転げ・癒されるというような感じです。

まぁぶっちゃけ小一時間もしないうちに飽きる可能性が高いですが、無料DLCとしてMMORPGのシミュレーター化するものも配信されていたりするので、スキマ時間にでもどうぞ。

どこぞの誰かのプレイ動画も掲載しておきますが、相当ハイテンションでうるさいので音量注意。

Wolfenstein: The New Order

撃ちまくり系シングルプレイ専用FPS。 ブラックユーモアとゴア要素をぶちこんだ快作で、そのくせストーリーや演出はCoD近作よりドラマティック。

イカれた世界に住まうイカれた人物(主人公含む)らによる、ナチスドイツの支配に対する反攻劇で、SF要素なんかも混ぜ込んだ娯楽性の高いデザインになっていますね。

今時珍しいシングルプレイオンリーということで、作り込みは素晴らしいです。 今主流の体力自動回復も廃し、昔ながらの回復アイテム取得型に回帰。

道中のぶっぱなし具合(もちろん、単にゴリ押ししたら死ぬ)も含め、DOOMとかあのへんのクラシックなFPSの心地よさが根強く生き残っている貴重な作品と言えましょう。

Fallout 3

なんかBethesdaのゲーム(そしてグロ)要素が多い気がしますが、気にせず続けます。 本作は核戦争後を舞台にしたオープンワールドFPSないしRPG。 先のSkyrimの縁戚と思っていただければ。

あちらが剣と魔法とドラゴンというファンタジーなら、こちらは銃と荒野とミュータントその他もろもろというSFです。

いわゆるポストアポカリプスものというやつで、荒廃した荒野にぽつぽつとある生存者の街を拠点に、放射能で異常進化した生物と戦ったり逃げたりしながら、時にはヒャッハーどもと出会ったりなんだりしちゃう感じのゲームです。

こちらも世界設定や作りこみが素晴らしく、1940年代(冷戦下あたり?)のアメリカ文化を感じさせるデザインやBGM(往年のスイング系など)が彩る独特の持ち味がユニーク。

まぁイカれた世界なので、人肉食も厭わないレイダー(ヒャッハー)はともかく、物語に絡んでくる一般人もどこかしらイカれていたりするので味わい深いです。

世紀末とか、荒野とか、改造車(本作には出てこないけど)とか、ああいった雰囲気が好きだったりするんであればオススメ!

……と言いたいところですが、いくつか問題点が。

まず、不具合多めです。 公式以外にも有志のパッチなどをあてることで改善はされますが、それでもちょっと安定性は低め。 Win7以降のOSに最適化されていない点も場合によっては問題かも(動かないというわけではない)。

続いて、少なくともSteamのものは日本語化されていないという点。

PS3などのものはフルローカライズされていますが、こちらは全くされていませんので、日本語化MODを入れるなどして遊ばないと、英語力に自信があるのでもなければせっかくのブラックなネタで笑うこともできません。

そうしたデメリットはあるものの、それでもなお、オススメしたいところですね。 自由度の高さや、MODの存在は相変わらず魅力です。

なお、Fallout: New Vegasという続編もありますが、あちらはよりバグが多く、しかもゲームとしても面白くないのでやらなくていいです。

Chivalry: Medieval Warfare

架空の中世を舞台にしたFPS(ファーストパーソンスラッシャー)。 対人メインで、お互いにウォークライ(鬨の声)をアホみたいに上げながら突撃して、首や腕を切り飛ばし合うというゲーム。

グラフィックとかはガチなんですが、その圧倒的なバカっぽさがバカゲーという印象を強めてしまっている本作。 まぁオススメなのかは正直微妙ですが、好きです。

ただ、バカゲーだからといって簡単というわけでもなく、結構戦いはシビアです。 タイミングや間合い、ガードの運用などなど、かなりプレイヤースキルがモノを言うデザインになっているあたり、FPS(ファーストパーションシューター)と根っこは一緒。

とはいえ、適当に突っ込んで剣を振り回してるだけでも楽しく、たとえ首をポンポン刎ねられたとしてもそんなに悔しくないのが気楽でいいところかもしれません。

なお、フレンドリーファイアがONなので、私のようにあまりにも何も考えずにポールウェポンを振り回していると仲間を巻き添え・殺害してしまい、怒られる場合もあるのでその辺だけは注意ね!

Spelunky

今回最後の紹介作品はSpelunky。 名前のとおりスペランカー系のゲーム……かと思いきや、様々な2Dアクションゲームを混ぜ込んだ作品です。

見た目がスペランカーっぽいだけで、本作の主人公はジャンプできるし、ある程度の段差では死なないし(それでも死ぬ時はあっさり死ぬ)、様々なアイテムを使えるしでアクション性は高め。

本作の特徴はローグライク(いわゆる不思議のダンジョン)なマップ自動生成にあります。 毎回遊ぶごとに、目指すべきゴールの位置が変わり、そこへの道も変わるのです。

即死トラップや準即死トラップがあり、死ぬと一番最初からやり直し……という中々の鬼畜っぷりですが、攻略ルートが比較的自由なのも魅力。

Terrariaのように壁を爆破することによって罠を迂回したり地中の宝石(≒お金)をゲットしたりできますし、そうして得たお金で便利なアイテムを購入したり(そして強奪も……?)もできたりします。 そうしてよさ気なアイテムを活用して突破してもいいのです。

また、プレイヤーはムチを使うこともできるので、某レイダースのジョーンズ氏のようでいて悪魔城ドラキュラのようでもあるアグレッシヴさも持ち合わせている(が決して強くはない)ので、なんだかんだアクションゲームとして楽しめると思います。

惜しむらくは、Steam版・PS3/PS4版(DL専用)ともに英語版のみという点。 ただまぁ、ストーリーなんてあってないようなものですし、操作自体も比較的簡単(ゲームが簡単とは言っていない)なので、問題にはならないでしょう。

ガッツリはまりこめる!というタイトルではないですが、ちょっとした息抜きに遊ぶにはいい感じですね。

ほとんどメジャーなものばかりという結果に

冒頭にも書きましたが、ほとんどがメジャーなものばかりで知る人ぞ知る!的なものはほぼなかったように思いますが、まぁ初回だからということで。

いつになるかはわかりませんが、次回以降はもう少し知名度が落ちる(けれども面白い)タイトルなんかを紹介できればなと。

どうしても、バカゲー・グロ(爽快)ゲーに寄りがちになってしまいそうですが、海外の二次元美少女ゲーなんかもプレイできたらと思います。

ではまた。

書いた人はこんな人

壬生狼
壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする