こちらで更新継続中。6月18日に配信された、製品版へのデータ引き継ぎ対応「討鬼伝」体験版を遊んでみましたよん

6月18日に配信された、製品版へのデータ引き継ぎ対応「討鬼伝」体験版を遊んでみましたよん

ぐぬぬ、もっと早くに書くはずだったのに長時間の腹痛のせいで日付が変わってしまったよ!

とまぁ、そんな私のどうでもいい情報は置いといて、今日配信となった「討鬼伝」最後の体験版。

初回のしょんぼりな内容により「発売までによくなるのかな?延期したほうがいいんじゃ……。」と思っていたものですが、段階的によくなってきており、今回のほぼ製品版に即した体験版を遊んでみると買ってもいいなっというレベルになっていて驚きました!

以下、雑感を交えつつご紹介。 あ、今回も画像大量&長文でお送りいたします。

※今更というか例のごとく、画像はクリックで拡大出来ますんで。

スポンサーリンク

体験版仕様、キャラメイクなどについて

まずはじめに、本体験版の仕様についてご説明いたします。

本体験版は製品版へのデータ引き継ぎに対応した体験版であり、ストーリー第二章の途中までプレイ可能な上、マルチプレイにも対応したボリューミーな豪華仕様となっております。

製品版発売後は製品版プレイヤーとのマルチプレイにも対応し、たっぷり遊べそうなシステムになっています。

ほとんど製品版と変わらない仕様ではありますが、一部だけ体験版用に制限がかかっています。 以下、「討鬼伝」製品版へのセーブデータ引継ぎも可能な体験版第2弾の配信がスタート。Vita版とPSP版でのクロスプレイにも対応 – 4Gamer.netより引用。

・セーブデータの数 :
1つのみ (製品版では3つとなります)

・所持できる素材の最大値 :
収納箪笥の最大値が30、1素材あたりの最大所持数が5

・進行 :
2章「疾風の狩人」はクリアできません

・トロフィー :
体験版ではトロフィーを獲得できません(PS Vita 版)
体験版における進行は、製品版と同じです。
体験版の中で経験したすべての要素を製品版に引き継ぎます。
ただし、「各種設定」については引き継ぎはいたしません。

※ PS Vita 版の注意事項
体験版でトロフィーの獲得はできませんが、進行状況やプレイ内容が引き継がれます。
進行状況およびプレイ内容に付随するトロフィーは、「製品版でその行為を行ったとき」に獲得できます。
たとえば「部位破壊を100回達成」というトロフィーの場合、体験版で部位破壊を100回達成しても獲得できませんが、引き継いだ製品版で1度でも部位破壊を行えば獲得できます。

っとなっており、この中では収納箪笥の制限が結構キツいんですが……まぁ、仕方ないですよね。 ただ、これら制限に注意さえすれば、思う存分遊べます!

※これらのほかに、通貨的なものであるハクにも所持上限(3,000)があるような気がします。

さて、キャラメイクについてです。

キャラメイクでの設定項目のうち、カスタマイズ性のあるものは顔・髪型・キャラボイスといったところですが、これらは男女とも各20種類です。 髪型以外は本編開始後は変更できないので、慎重に選んで下さいね。

男っぽくてカッコいいオッサン系モノノフ(というかダイミョウ?)も作成可能。 オッサン&ヒゲ好きの私歓喜!

相変わらず女性モデルの可愛らしいことよ。 声と顔がマッチしにくい印象はあるものの、まぁ、どうってことないさ。

ウタカタの里の施設に関してアレコレ

では次に、拠点となるウタカタの里の仕様について注目した点をいくつかピックアップ。

まずは鍛冶屋……というか武具の仕様。

本作では武器の製造だけでなく武器の鍛錬も行え、手持ちのお気に入り武器を強化することができます。

討鬼伝では鍛錬と呼んでいますが、この鍛錬にもおおまかには2種類の鍛錬方法が存在しており、他作品にもあるように武器に素材を加えて新たな武器にする方法と、特に何も使用せずに性能だけを強化する方法の2通りあります。

前者の場合は素材とハク(本作の通過のようなもの)が必要ですが、後者は(私のプレイ範囲では)無料でしてもらえます。 ただし、性能だけの強化をする場合は、武器の馴染み度が満たされていないとできないという制限があります。

なお、魂溝と呼ばれるものが強化の過程で増えることもありますが、これによってミタマ装着枠が増えるようなので、それを考えると積極的に強化したいですね。

※ミタマは武器に装備しないと効果を発揮しません。

次によろず屋。 武器や防具の他に素材もちょっぴり売られていますが、これらはご贔屓ランクが上昇することで品揃えが良くなる模様。 某日本一なソフトウェア社製ゲームに登場するローゼンクイーンランドみたいなもんですね。

ランクを左右するポイントは買う時だけでなく、何かを売る時にも少しもらえるようなので、積極的に利用するといいかもしれません。

樒が営む祭祀堂。 ミタマのレベルアップだけでなく、レベル初期化もあるわけなんですが、なぜ初期化があるのかは……画像のとおり。 恐らく、スキルは取捨選択性で、スキルの再設定をしたい場合に初期化するのでしょう。

天狐はストーリーを少し進めると自宅に住み着くことになります。 撫でたり、抱っこしたりはできない模様。 残念。

自宅にも少し触れておきます。

自宅ではおおよそセオリー通り、セーブや装備変更、素材管理、動画アーカイブ閲覧などが可能となっております。 ノラ?天狐が登場すれば天狐もここに現れます。 また、ここからすぐにマルチプレイの開始も出来そうです。

この天狐は単なるペットではなく、戦場へ送り出すことで素材を持って帰ってくるのです。 モンニャン隊みたいなもんです(こちらはノーコスト)。 ひとつ任務をクリアしてくれば、回収してきた素材を受け取れます。

ウタカタの里にあるご神木も、ハクを一定量捧げるとクエスト後に素材をくれるんですが、序盤だと非常にどうでもいい素材しかくれませんので、天狐をメインに利用すべきかもですね。 もっとも、収納箪笥上限がアレなのですぐに溢れてしまいますが……。

その他、自宅には手紙も届きます。

GEのメールのようなアレですね。 登場人物の人柄が垣間見えたりしますので、より深く楽しみたい方は必見です。

収納箪笥です。 タブ形式でなにやら分類されていますが、どれほどの意味があるのかは不明。 見ての通り上限が非常に低く、すぐにいっぱいになってしまいます。

なので、体験版をプレイするうちはどんどん素材を使って装備を製造・強化したり、売り払ってハクに変えるといいでしょう。

最後にモモノフ本部に関して。

本部には賽銭箱が設置してあり、ハクを投じることで様々なご利益があります。 ドリンクとか、温泉とか、ああいうような一時ドーピングの類です。

更に本作では賽銭箱に投じたハクの量によって効果や発動率も変化するっぽいですね。 あまりにもケチるとハクが無駄になることも……。 また、累積量によっては効果がグレードアップするようなので、最初のうちからコツコツとお賽銭をしておくと、後になって差が出てくるかも。

またここには資料室も設けられており、人物録(+好感度情報)や鬼の情報なども閲覧可能。

蜘蛛が苦手とか……ギャップ萌え狙いですか!? あざとい。 だがそれがいい(私は桜花さん推しです)。

癒し系?の鬼、ノヅチ。 殴られても意に介さない時もあるし、どんだけのんびり屋なのか!

そうそう、本作でもいわゆるクエストカウンター近くに装備変更ができる場所があります。 自宅直通の出入り口もありますが、行ったり来たりする手間が省けますね。

あ、ついでに本部で撮影したスクリーンショットがあったのでここに掲載しておきます。

本作には通常のモーションの他に、アイコンも存在。

このように、モーションと組み合わせて表示もできます。

メイン部分(ストーリー・戦場)のフラグメント(断片)

ここからは、プレイ中に撮影したスクリーンショットにコメントを添えつつ、断片的にご紹介。 気になる方は是非プレイしてみて下さいね。

眠りに就いている主人公の器を見極めんとする英霊たち。 ヒゲのおっさんはどなたなんでしょう?

頭領である大和と、討伐隊の中心人物である桜花に面通し。 よろしく。

大和の娘である木綿。 その笑顔と態度に惹かれてうかつに近づくと、大和に殺されるから気をつけろ!

ミステリアスな雰囲気を持つ樒。 ミタマ運用には欠かせない存在。 よろしく。

モノノフたちの装備の管理を一手に請け負う鍛冶屋、たたら。 恐らくプレイヤーがもっともお世話になる人。 よろしく。

資料室を管理する秋水。 好感度を知りたい場合などはこの人におまかせ! よろしく。

桜花と共に小手調べ。 セリフはもちろん音声付き! 槍は、□ボタンで突き、△ボタンで柄を使ってのなぎ払い(打撃属性・少範囲)が使用可能でした。

ガキを倒したら源頼光が出てきてワラタwww あんた酒天童子を倒した英雄でしょ? なぜガキごときに遅れを取った!

この物言いからすると、平安時代以降の時代なんでしょうね。 しかし、幕末とも考えられないような……? いったい時代設定はいつなのか。 なお、源頼光のミタマいわく、不意打ちで致命傷を負ったとのこと。 それなら仕方ないね。

水没した平安京らしきものが見える。

怪しげな環境、空模様。 美しくも妖しげです。

息吹、初穂との邂逅。 そこそこ好意的な息吹に対し、初穂はライバル心を燃やして突っかかってくる。

初穂に何度か突っかかられながらも協力して鬼たちに当たり、鵺との対決。 難なく倒すことに成功。

太安万侶とはまた微妙なところを……。 史実では、稗田阿礼の誦習した帝紀・旧辞を筆録、古事記として編纂したとされています。

いえいえそんなことは! この後、特に初穂との仲が急接近して参ります。 それにしても桜花、面倒見のよさそうなお姉さん属性もあるなんてズルいですよ! そして、こうした仲間たちとの関わりあいや、ストーリーも本作の強さでもありましょう。

すっかり仲良くなった初穂とともに、巨大な鬼・ミフチとの戦いへ! 止めようとする大和に初穂はこう主張。 いいこと言うじゃないか……少しグッと来たよ、少しだけね!

激闘の末にミフチを破り、束の間の休息の後。 家を出てみると……、

どことなく他の里の者とは違う少女と、少女と戯れる天狐が。 この後、天狐は家で飼うことに。

那木、富嶽との邂逅。 包容力のあるお姉さんな那木と、見た目通りな富嶽。 特に富嶽は“シンプル”なので好印象www

ザコ討伐の簡単なお仕事とおもいきや、突然カゼキリが襲来。 果たして勝てるのか――!?

……っと、ここで体験版はおしまい! うまい切り上げ方ですね。

おわりに

長らく書いて来ましたが、初期体験版の頃に感じた不安は概ね払拭されております!

プレイ感覚はGEに近いような気もするんですが、じっくりと今回遊ばせていただいたところ、これまでにないモノも多く見受けられ、単に和風のハンティングアクションゲームというだけに留まらない独自性が感じられました。

もちろん、先行している成功タイトルに比べれば作りこみが甘いところなどは(仕方ないとはいえ)存在するのですが、かといって劣化だなんだと切り捨てるのはもったいなすぎるモノを持っていると思います。

討鬼伝がブレイクするかはちょっとわかりませんが、しかし、本作は本作で狩りゲーのひとつとして堂々と存在できるような作品になっていそうです。

っというわけで、私は予約の撤回をせず購入し、遊んでみようと思っています。 KOEI好きだし、狩りゲー好きだし、桜花さんLOVEだし……なにより、こうして自分の手札と流行を苦心の上に融合させ、なんとかユーザーに遊んでもらおうという努力が感じられるのは素直に応援したいのです。

そうして、もし、今回であれば討鬼伝が大ヒットはしなくともコアなユーザーが付いてくれれば、また新たな「愛されタイトル」が出来上がるわけなのですから、できればそうしてシリーズ物にばかり頼らず、新規タイトルを奨励していくような流れを作って行きたいのです。

最後の方は素人考えをグダグダ書いてしまいましたが、本作には結構期待しています。 というかもう、ここまできたら最後まで付き合います! 桜花さん!!

発売は一週間とちょっと。 悩んでいる人は、是非本体験版をプレイし、最後の決断をしていただきたく思います。

そうそう、みんいつとのコラボがあるようで、トロとクロのミタマをゲット出来るようです。 詳しくは『討鬼伝』コラボ企画! | みんなといっしょ | プレイステーション® オフィシャルサイトをご覧ください!

書いた人はこんな人

壬生狼

壬生狼(みぶろ)と申します。 miburo666/ルプス(Lupus)は概ね同一人物。 ゲーム、音楽、映画/アニメ、イラストなどが趣味。 ここでは音楽や映画/アニメを中心に、趣味関連の記事を書いていきます。


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする

『6月18日に配信された、製品版へのデータ引き継ぎ対応「討鬼伝」体験版を遊んでみましたよん』へのコメント

  1. 名前:こーせき 投稿日:2013/06/19(水) 02:32:15 ID:e9800324a

     悠久の時を経て、かの地で交わした契約を果たす為に馳せ参じた!さぁ受けろ、断罪の刃ノーボキャブコメント!

     つーわけで、こんばんは。こーせきです。
    どうせ記事にすると思ってましたよ(誉め言葉)、どうせコメント来ると思ってたでしょう?
     
     して速攻で落としてプレイしましたよ完全(?)体験版!しょっぱなから桜花さん大暴れですね。相変わらずPSPでの御尊顔は殺伐としてますが、ムービーシーンでは「これが本当の桜花さんか…」と溜め息物でした。内容はPSPグラでも問題無く楽しげになってて良かったです。天狐のアニメ顔が写実的な人と並んで違和感ありましたが動きは可愛いし、タダで仕事してくれるので許します。

     いやいや真面目な感想も話しましょうかね。画面はまだ暗く感じましたね~多分vitaのグラだと弊害にはならないレベルで調整してるのでは。PSPだと昼マップでも薄ら暗い。殺伐桜花さんはウィンドウ脇に美麗顔出るし、戦闘中に凝視しないので(…誰かさんは知りませんが…チラッ)気にならない程度です。

     そして今回は何より双刀と槍!でしょうか。槍は思ってたより遅くなく、狙って突いたり、放り投げたり出来てなかなか楽しい。他モノノフが引き付けて、槍の人~弱点溜め突きして~って感じかな。鎖鎌一択のつもりでしたが槍をサブで使うかもです。

     双刀は小気味良く動けてモーションも格好良い。(いつかの甘寧を思い出すのは少し複雑だけど…)ジャンプ△は当てていれば延々とホッピングできるのかな。巨体の鬼に当てて、体を這い上がり、顔面に□コンボとか出来てくると楽しそうですね。

     総じて、概ね面白かったです。雑魚倒す度に皆でゾロゾロと浄化しに行くのは何かシュールで笑えましたし、エリアを占拠(?)する御役目や敵数が多いのも本作ならではだし、鬼戦は前よりも鬼の部位を削って弱点攻撃!を意識して動くと面白さが増した気がします。多分買います。(でも発売当日はキツいかも…予約してないとかでなく、仕事終わりが基本9時頃なのに行き着けのゲーム店が今年から閉店10時になりまして…走れってか!?)

     そうだ、上の画像を見るに普通にカタカナ名にしたんですね。僕もとりあえず「こーせき」にしたんですが、周りの漢字名に浮いてる気がして…製品版は普通に「公績」にしようかと一考してたんですがカタカナとは…ブレませんね!
     それと壬生狼さんなら絶対食い付くと思ってましたよ、桜花さんの蜘蛛嫌い!今回では蜘蛛戦はちみっこいのと行くことになりますが(デカいと思ってたら下駄履いてたんかこの小娘)、桜花さんと戦闘に出て…
     
     桜花さん「蜘蛛っ!?ひぃっ!……ヴッヴん!何を見ている!?私は無論問題無いぞ…早…早く倒してしまおう。たが一番槍は譲ってやろう、ほら遠慮することはないぞ?手柄を立ててしまえ…その…早めに…」

     …みたいなのを期待したのは僕だけじゃない筈だ。…あれ?壬生狼さん、真っ直ぐこっち見て下さいよ(笑)。

     あとミタマ周りはどうなるのか…結構マイナーな人もいるみたいで、海外の人は出るんですかね。上で触れてるヒゲの人は光栄なので信玄、関羽あたりに見えちゃったんですが。ペリーとかも来るのかな…面白い気もするけど世界観がっ。

     体験版くらいでまた長々と失礼しまして。製品版出たらもっと長くなりそうで…付き合って頂けると幸いです。僕もそちらの「桜花さんが~今日桜花さんが~」に付き合いますので(笑)。僕も桜花さん好きになってきてますし、いいんですけどね~。
     では、この辺でっ。

    • 名前:壬生狼 投稿日:2013/06/19(水) 16:49:18 ID:5376c845c

      フッ、待ちわびたぞ! こちらも旧き盟約に従いて返しの刃・ウィットレスレスポンスでお相手しよう!!
      恐らくいらっしゃると思っていただけに、記事投稿がのびのびになったのは焦りましたよwww

      さてさて本題。

      画面の暗さですが、ニコ生で放送された映像を見ると確かにPSP版って暗いですね。 本体側で明るさ設定ってのはPSPにはなかった気がしますし、アレはどうしたものか……。
      幸いPS Vitaの方は暗い・見にくいと感じることはありませんね。 ちょうどいい感じです。 な、仲間の位置を把握するために見てるだけです!凝視なんてしてないですよ!!ww

      槍は同じ感想です! 先行公開されていた武器ムービーとかだと地味というかリーチ以外微妙な気がしていましたが、こーせきさんも述べているように弱点や破壊可能な部位をピンポイント攻撃できるので、部位破壊職人になれそうですね。 跳び上がればそこそこ高所の部位も攻撃出来ますし。

      双刀は別ゲーっぽくて気持ちいいですね~(私はこちらをサブ武器にしようかと)。 ホッピングは、気力がある限りは攻撃を当て続けることでずっと空中にいられるようですよ。 こちらも弓や槍とは違ったアプローチで高所攻撃も可能ですね。 (甘寧の走りはここで生き続ける……。)

      >総じて、概ね面白かったです。
      そうですね! ボス戦も様々な改善のお陰で、スリルと爽快感をいい感じに両立できていましたし、他の狩りゲーともまた違った楽しさがありましたね。 走るかどうかは、本作に対する期待値が試されているのですよ!(煽り)

      名前は、私も最初は漢字にしようかと思ったんですが、周囲が漢字名だからこそ“特別感”があるかなぁとカタカナ名にしてみました! まぁ少し後悔もないではないですが、そこそこ遊んでしまったので、まぁこのままでいいかとww と言いつつやり直すかもしれませんがね~。

      桜花さんに関する妄想の内容は感心しませんねぇ……光景を思い浮かべるのが余裕すぎて身が入らなくなってしまうじゃないですか! どうしてくれるんですか、可愛いですよ、ズルいです!!

      ちみっこいの(初穂)は、なんとなくモチーフというか出自に秘密がありそうですよね。
      私は彼女は○○(自信ないので伏字ww)なんじゃないかと予想しています。 あの衣装・装飾デザインや高下駄もそのあたりの関係かなぁと。

      ミタマは、どうでしょうねぇ。 和を押し出したゲームなので、日本の英霊しか出ないんじゃないかと思います。
      仮に海外の英霊(ないしコーエーキャラ)が出るとしてもDLCなりなんなりでゲスト参戦かな?と。 やっぱり、世界観をメイン部分で壊しちゃうのはマズイでしょうからね。

      ヒゲの人はご指摘の信玄はありそうですね! 他には……誰だろう。 平将門とか、楠木正成とか、源義家とか……うーむ、武家でしょうけど、どの辺なんですかねぇ。
      戦国武将もいいけど、あまりゲームで取り上げられない室町以前の人々がどんどん出てくればいいなと思います!

      桜花さん日記というか、ゆる4コママンガでも描きたいところですが、今の画力では無理そうです(‘A`)
      プレイ日記を書けるタイプかはやってみないとわからんですが、なるべくレビューやファーストインプレッションだけに終わらずに記事を書いて行きたいです!

      ではひとまずこれにて!